「ほっ」と。キャンペーン

魔のカーブ

「モタ先生」の愛称で知られる、精神科医で医学博士の斉藤茂太先生。
彼の本によると、人生には「魔のカーブ」と呼びたくなるような時期が、
誰にでも三度くるらしいということ。

まずは22、3歳の頃で、大学を卒業し就職した人たちが、
社会の現実とぶつかっていろいろ悩む時期。
さらに50代後半から60代にかけての、第一線から引退する時期だそうです。

そして、人生最大の「魔のカーブ」が、30代後半から40代にかけてやってくるそうな。

自分はまだまだ若いと思っていたが、すでにもう中年の領域。
このままでいいのか。
もし転身をはかるとすれば、いまがラストチャンスなのではないのか。
この時期を逃せば、もう永遠にチャンスは訪れないだろう。
それでいいのか。
自分には、もっとほかに、やるべきことがあるのではないか。
さて、どうするか。
と、自分の人生に確信が持てなくなり、心が不安定になる時期だそうです。

さて、なぜこんなことを書いたか。
今の私が、まさにこの「魔のカーブ」にさしかかっているのではないか、
そんな気がするからです。

今まで伏せてきましたが、
実は「水面下」では、春から塾の経営に携わる予定で準備していました。
以前、お世話になった塾長さんが今年で引退、
私にその塾を譲ってくれるという話でした。
経済力のあまりない私からすれば「棚からぼた餅」。
ついこの前まで、すっかりその気になって張り切っていた私です。

そっ、そっ、それがですよ。
昨日、その塾長から電話がきて、「やっぱりダメ!」と言うではありませんか。
なんと今になって、他の人に「買収(?)」されてしまったそうな。
当然、私にはそれに対抗できるだけの経済力はないわけで・・・。
これは、けっこうなショックでした。

まあ、でもよく考えてみれば、街のど真ん中にある塾で、
はっきり言って、すごく経費がかかることが前から気になってはいたので、
逆に「救われた」のかもしれませんが・・・。
今はそう考えるようにしております。

というわけで、「路頭に迷っている」といえば、ちょっと大げさな表現ですが、
これからの自分の方向性について、いろんな意味で、今悩んでおります。

このまま個人で活動するか。
小さくてもいいから、新たに自分の塾を立ち上げるか。
どこかの塾にお世話になるか(年齢的にも最後のチャンス?)。

この悩みは、これからしばらく続きそうです。
いろいろこれからやることも出てくると思うので、
ブログの更新頻度も、今までよりはかなり落ちるかもしれませんが、
みなさん、どうか見捨てないでくださいね。

あっ、そうそう、この本で「モタ先生」は次のようにアドバイスしてくれてます。

こういうときには、あえて「なりゆきにまかせて生きる」ことをお勧めしたい。
自分の人生を「このままでいいのか」、自分には「もっとほかにやるべきことがあるのではないか」などと、あまり深刻にならないこと。
もともとが、惑うことの多い「魔のカーブ」に差しかかっているのである。
そこに新たな「惑い」を追加するから危険になるのである。


そうね。
私が「魔のカーブ」にいるということは、
私と同じぐらいの年代の人も、「魔のカーブ」にいる人が多いということ。
私だけじゃないと思えば、少しは気がラクになるかな。

うん!
ちょっと元気が出てきたぞ!
「なるようになれ!」の精神でいきますか。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-03-03 01:31 | 自分のこと | Comments(4)
Commented by 今日 at 2006-03-03 11:41 x
ちょっと、山にさしかかったのですね。

でも、大丈夫。
サワダさんの教育観でやっていけば、

それは、今、大変、貴重なもの。
皆さんが求めているもの。
Commented by soul_doctor2001 at 2006-03-03 13:00
本当に「今のままでいいのか?」って私も毎日考えています。
今の仕事は充実していて不満は無いのですが。
何か他に素晴らしいことがあるんじゃないかという思いはいつもあります。でも、「無い物ねだり」なだけかもしれないのですね。

とにかく、その時その時で一生懸命考えるしか無いですよね。
結果として間違いだったとしても、「自分が全力で決めた結論だから、仕方ない。」と思えるのではないでしょうか?
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-03 23:19
>今日さん
いつもコメント、ありがとうございます。
今日さんのような教育の大先輩の方に、そう言っていただけると、大変心強いです。
もう少し、自分なりにゆっくり考えてみようと思います。
焦ってもしょうがないですからね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-03 23:35
>soul_doctorさん
こんばんは。いつもありがとうございます。
そうですね。「その時その時で一生懸命考える」、おっしゃる通りですね。
教育の世界は、「理想」と「現実」のギャップで常に悩まされる世界なのかも知れませんね。
また、一生その「葛藤」を覚悟することも、ある意味「教育者」の条件なのかなと、そんな気もします。
まあ、今回のことも「自分が成長するためのひとつの壁」、そう思って何とか乗り越えたいと思っています。
何とかなるでしょ、きっと・・・。
それでは、また遊びに来てくださいね


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強