人の役に立つということ

f0015391_23395599.jpg
昨日の札幌は、冬に逆戻り。
こうやって、前進、後退を繰り返しながらも、
確実に春は近づいてくる。
人生もまた然り、といったところでしょうかね。



子供たちに手取り足取り、何でも教えてあげようとする先生と、
子供が自立するまでじっと見守ってあげる先生。
どちらが本当に「子供の役に立つ」先生と言えるでしょうか?

どちらかが「ダメ!」と言いたいわけではありません。
「考えてみたい」という思いから、両極端の例をあげたとご理解ください。
私たちが「その人のため」と思ってやっていること、
本当に「その人のため」になっているのかどうか、ということです。

子供たちに将来の夢を聞くと、
「将来は人の役に立つ仕事がしたい」という子供がいます。
そう言う子供たちには、次のように問い返します。
「じゃあ、人の役に立たない仕事って、どんな仕事?」と。

そうやって考えさせることで、
どんな仕事であっても、何らかの形で「人の役に立っている」ということに気付きます。
そして、
世の中に「人の役に立つ仕事」と「人の役に立たない仕事」があるのではなく、
要は、「その仕事をする人間の心がけ次第」だということにたどり着きます。

まあ、これは、何も仕事ばかりに言えることではありませんね。
私たち大人が子供を見るときも同じことが言えると思います。

世の中に、最初から「いい子」と「悪い子」がいるわけではありません。
「先入観や偏見」「世間の常識」といった「フィルター」をたくさんもっている大人が、
「色メガネ」でもって、子供たちを「いい子」「悪い子」と勝手に判断している、
なんだかそんな気がします。

勉強の苦手な子供たちはよく、
「先生の教え方がヘタだから・・・」「教材が分かりにくいから・・・」と言います。
でも、本当にそうでしょうか?

先生によって、教材によって、多少の違いがあることは確かに認めますが、
本当に先生や教材だけの問題なのでしょうか?
「勉強する側」にまったく問題がないといえるでしょうか?
ここをしっかり子供たちに考えさせることも、私の仕事だと思っています。

話がちょっとずれてきましたね。
修正します。

本当に「人の役に立つ」とはどういうことか、
私たちはよく考えてみる必要があると思います。
単に「人に何かをしてあげること」を「人の役に立っている」と思うのは、
少々浅はかな考えのような気がします。

これは私の勝手な思い込みかもしれませんが、
本当に「人の役に立つ仕事をする」には、
必ず「苦しみ」が伴うのではないかと思います。
なぜなら、「役に立っている」か「役に立っていないか」の見極め自体、
とても難しいことだと思うからです。

そしてその「はざま」で一生悩み続け、葛藤する覚悟がある人間、
つまり、「苦しむこと」を覚悟している人間だけが、
「人の役に立っている」と言える資格があるのではないか、そんな気がします。
まあ、もっともそういう人であれば、
「自分は人の役に立っている!」と、軽々しく言うことはしないでしょうけど・・・。

「我こそは人の役に立っている!」と大きな顔をしている人間と、
「本当に役に立っているんだろうか?」と常に疑問をもち、葛藤と闘っている人間。
少なくとも私だったら、後者に好感を持ちますが、
さて、みなさんはいかがでしょうか?
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-03-09 00:08 | 人生のこと | Comments(7)
Commented by HIGENOPOPO at 2006-03-09 00:57 x
>子供たちに手取り足取り、何でも教えてあげようとする先生と、
>子供が自立するまでじっと見守ってあげる先生。

難しいですね。いつも葛藤に悩まされます。
特に塾でやっているとそうです。
本当は、後者でありたいけれど、前者の方が感謝されます。
子供からの信頼も即座に高いものとなります。

僕は、「人は、他人に迷惑をかけまくると同時にどこかで役に立っている」と思っていますが、どうなんでしょう?
意識しているかしないか、意識するかしないかの違いに過ぎないと思います。
「人の役に立ちたい」という人は、これを知っている・知っていないに関わらず「直接的に(役に立ってることをすぐに意識しやすい)人の役に立ちたい」と考えています。

もし、こうしてたらどうなっていたかなど、人生は一度きりでリセットがきかないですから、比較のしようがありません。
本当にそれで正しかったのか、このままで本当に正しいのか、自分は常に悩んでしまいます。
これは一生続くものでしょう。
そう考えると・・・つらいですね。だからこそ、飽きず、楽しいものでもあるのですが・・・。

雑文で失礼しました。
Commented by HIGENOPOPO at 2006-03-09 00:59 x
文を間違えました。

>「直接的に(役に立ってることをすぐに意識しやすい)人の役に立ちたい」と考えています。

ではなく、

「直接的に(役に立ってることをすぐに意識しやすい)人の役に立ちたい」と考えているのではないでしょうか?
です。
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-09 01:22
HIGENOPOPOさん、こんばんは。コメントありがとう!

>僕は、「人は、他人に迷惑をかけまくると同時にどこかで役に立っている」と思っていますが、どうなんでしょう?

そうでしょうね。私もそう思います。究極のところ、「生きている」だけで、「人の役に立っている」とも言えますからね。

>本当にそれで正しかったのか、このままで本当に正しいのか、自分は常に悩んでしまいます。

私もいまだに悩んでいます。結局のところ、「これだ!」という答えには、一生たどりつけないような気もしますし、「悩むこと」も仕事のひとつだと思いますよ。

>だからこそ、飽きず、楽しいものでもあるのですが・・・。

そうですね。何でも前向きにとらえて、お互いがんばりましょうね。
Commented by ★爆発的に勉強をやる気させる! at 2006-03-09 09:44 x
勿論、後者です。
今日の記事はかなり僕も考えさせられ、気付かせれ増した!
特に「人の役に立たない仕事って、どんな仕事?」って聞くのは、良いですよね!
僕も使っていいですか(笑)
人の役に立つというのは、本当に難しいことです。

ところで、今日はちょっとお願いがあるんですが・・・
僕のブログと相互リンクして頂けませんか?
お互いのアクセスアップと、より良い交流ができればと思います。
僕のブログの右サイドバーにこちらへのリンクを貼りました。
あつかましいお願いですが、もし宜しければ検討をお願いします。
Commented by 今日 at 2006-03-09 11:19 x
<ここをしっかり子供たちに考えさせることも、私の仕事だと思っています。>・・・・・・・・・・・同感です。
参考になるかどうか、TBしておきます。
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-09 11:42
>Mさん、こんにちは。

>特に「人の役に立たない仕事って、どんな仕事?」って聞くのは、良いですよね!
僕も使っていいですか

どうぞどうぞ。それこそ「役に立つ」のであれば、いくらでもお使いください。
そう言っていただくと、私も嬉しいです。

相互リンクの件、もちろんOKですよ。
こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-09 11:44
>今日さん
いつもありがとうございます。
また、お邪魔させていただきます。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強