「概念」というフィルター

f0015391_0324025.jpg
寒すぎです!
予報によると、今日の最高気温はマイナス1℃。
「真冬日」でございます。
いったい春は、いつやってくるんでしょうか?



だいぶ前に見た番組なので、詳しい内容は忘れましたが、
南の小さな島に、「幸せ」を意味する言葉を持たない民族がいるそうです。
ということは、当然「不幸」という言葉もないということになりますよね。

言葉がないということは、「幸せ」という「概念」がないということ。
つまり、「幸せだ」とも「不幸だ」とも考えることなく、
現実を受け入れる生活をしているということになります。
考えてみれば、これほど「幸せ」なことはないですよね。

私たちは、「幸せとは、こういうものだ」という勝手な「概念」を抱いています。
そして、その「基準」に満たなければ、
「自分は不幸だ」と思ってしまう傾向が強いのではないかと思います。

また、「幸せ」と「不幸せ」の基準の多くが、
他人との比較において成り立っているような気がします。
以前、「タテの比較とヨコの比較」という記事を書きましたが、
それで言えば「ヨコの比較」にあたりますね。

「隣の芝生は青く見える」という諺もあるように、
「隣の○○さんに比べて、自分は不幸だ」と思って、不満を感じている人、
多いのではないかと思います。
そういうときは、だいたいお互いがそう思っていることが多いそうです。
まさに「概念」というフィルターに心が支配されていると言えるのではないでしょうか。

手前みそになりますが、私はよく人に「頑張っているね」と言われることがあります。
でも、こう言われると、正直、返答に困ります。
というのは、私自身、
「頑張っている」という意識を持ってやっていることが、ほとんどないからです。

私はただ「好きなこと」をやっているに過ぎないのに、
それが人からは「頑張っている」ように見えてしまうということです。
それに、「頑張るとは、こういうことだ」という「基準」もよくわかりません。
まあ、言ってくれる方にすれば、ただの「社交辞令」なのかも知れませんけど・・・。

芸人さんの方々の、過去の下積み時代のエピソードが紹介されると、
よく「苦労したんだね~」という人がいます。
でも、芸人さんの方々の中には、
「苦労した」という意識を持っていない方が多いと聞きます。

彼らは、好きなことをやっているだけで、
それを「苦労」とは思っていないということですね。
これも、私たちが「苦労とはこういうものだ」という「概念」を、
勝手に相手に押し付けているに過ぎません。

「幸せとはこういうものだ」
「世の中とはこういうものだ」
「勉強とはこういうものだ」
「教育とはこういうものだ」
「子供とはこういうものだ」

このような「概念」の多くは、実は私たちの単なる「思い込み」であること、
多いのではないでしょうか?

「概念」を否定しているわけではありません。
勉強において、特に算数や数学において「概念」をしっかり教えることは、
とても大事なことだと思っています。
(これも「思い込み」なのかな?)

でも、その「概念」が、
時に私たちの判断の邪魔になることも、心得なければならないと思います。
養老孟司風に言えば、「バカの壁を取り払え!」ということでしょうかね。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-03-14 00:45 | 人生のこと | Comments(4)
Commented by 今日 at 2006-03-14 08:25 x
言葉がないということは、「幸せ」という「概念」がないということ。
つまり、「幸せだ」とも「不幸だ」とも考えることなく、
現実を受け入れる生活をしているということになります。・・・・・・

これが、概念の出発点でしょうか。
Commented by soul_doctor2005 at 2006-03-14 22:30
「概念」というと何だか私にはよく分からないのですが、今回の記事の内容を考えると「常識」と言っても良いんじゃないかと感じました。今正しいと考えられているものが必ずしも正しいわけじゃないですよね。自分が常識の枠にとらわれているのではないかと自分自身で自問自答します。難しいですね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-15 00:31
>今日さん、いつもどうもです。

>これが、概念の出発点でしょうか。

そうですね。深く考えると、正直私もちょっと自信がなくなってしまいますが、まあ、そうなのかも知れませんね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-15 00:39
>soul_doctorさん、コメントどうもです。
そうですね。正直って、私も書きながら「概念」なのか「常識」なのか、その区別がよくわからない状態のまま書いてしまったような気がします。(反省・・・)

「世間の常識」も、それはそれで大事なことですが、
そればかりにとらわれるのも、やはり問題ですよね。
そのあたりのバランスの取り方が、大切だとは思うのですが、
これもやっぱり、たしかに難しいですよね。
私も「自問自答」の毎日です。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強