ふたつのショック!!

f0015391_23454914.jpg

今日の誕生花のひとつ。
チューリップをご堪能あれ!




今日(ホントは昨日)は、ふたつのショックを受けた日でした。

まずは、ひとつ目のショック!

WBC(ワールドベースボールクラシック)で、
日本がキューバに勝利し、初代世界一に輝きました。
いや、これ自体がショックなわけではありません。
私も一応、日本人ですから、これはとても喜ばしいことだと思います。

ただ、試合後のインタビューで王監督が言ったひとことがショックでした。
「野球はスポーツの中でも最高峰ですから・・・」といった発言です。

私もスポーツの中では、野球が一番好きですし、よくプロ野球観戦にも出かけます。
でも、これはあくまで私の個人的な趣味であって、
「他のスポーツよりも野球が優っている」と思っているわけではありません。

それぞれのスポーツには、それぞれの良さがあると思います。
野球をやっている人間が「野球が一番だ!」と思う気持ちはよくわかりますが、
これを口にしてしまうのは、他のスポーツをしている方々に失礼じゃないか、
何となくそんな気がしてしまいました。

「世界の王貞治」の言葉だけに、ちょっとショックでしたね。
といっても、試合後の興奮状態で発した言葉に、
いちいち目くじらをたてる私もどうかと思いますけど・・・。

そして街では号外も配られていました。
パラリンピックで、日本が過去最高のメダル数を獲得したことは、
ほとんどニュースにすらならなかったのに・・・。
これも私にとっては、小さなショックでした。

そして、ふたつ目のショック!

仕事から帰ってテレビをつけると、「学校へ行こうMAX」という番組をやっていました。
私が見たとき、ちょうど「教育の責任は親にあるか教師にあるか」といったテーマで、
親の立場にあるタレントさんと、現場の教師が議論していました。

親の立場にあるタレントさんたちは全員「親にある」と答えていたのに、
教師の方々で「教師にある」と答えた人が2人しかいませんでした。
正直、ショックでしたね。

たしかに世の中には、とんでもない親もいるようです。
現場の教師の方々は本当に大変だと思います。
でも、事実はどうあれ、教師の方々が「親にある」と答えるのは、
何だか責任転嫁しているように感じます。

心の中で思うことはあったとしても、せめて公の場では、
全員「教師にある」と答えるのが、「プロ」というものではないかと思うのですが・・・。

親は「親に責任がある」ことを認め、
教師は「教師に責任がある」ことを認め、
そして子供は「本人に責任がある」ことを認める。
そんな社会になれば、もう少しマシな世の中になるかも知れませんね。

そういえば、妻も言っていましたよ。
「確かにとんでもない親も多いけど、そういう親を育てたのも教育じゃないの?」と。
なるほど、そう言われれば確かにそうです。
たまにはそれっぽい事を言いますな。

それとも、これは現場を知らない人間の「戯言」でしかないのかな?
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-03-22 00:05 | 世間のこと | Comments(4)
Commented by HIGENOPOPO at 2006-03-22 08:44 x
「教育の責任は親にあるか教師にあるか」

この質問は非常に難しく、ずーっと悩んでおりました。
「教育を受けさせる義務」
があるのは親ですし、教育は、「生まれた時」その瞬間から
始まっていると言っても過言ではないですし、
学校に上がるまでの教育がものすごい重要な要素である
事を踏まえますと、「親にある」と言って良いと思います。

しかし、小学生・中学生・高校生では、“日本の場合”、「教師にある」
と答えます。日本の学校にはそれだけのものが要求されているので、
それができていないとなれば、教師の責任です。

子供を取り巻く教育の環境で大きなものは、学校と家庭です。
そう考えますと、サワダさんがおっしゃられるように、
それぞれが責任を自覚して協力してtやっていくことが大切だと思います。

教育に「完璧」はないですが、その場面場面で全力を尽くし、
完璧に近づけ、いたらなかった点は、
それはその後の新しい問題として対処していくことが必要なのかもしれません。
だから教育は、時代によって変化し続けるのですかね?
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-22 23:39
>HIGENOPOPOさん、こんばんは。

>教育に「完璧」はないですが、その場面場面で全力を尽くし、
完璧に近づけ、いたらなかった点は、
それはその後の新しい問題として対処していくことが必要なのかもしれません。

そうですね。人間である以上「完璧」になることは不可能ですが、「完璧」に近づける努力だけは、怠らないようにしたいものです。
Commented by soul_doctor2005 at 2006-03-23 11:58
私自身も子を持つ親ですから、親としては「子供を育てる責任は親にある。」と思います。でも、指導者という立場からみれば当然「責任は指導者にある。」と答えます。私も番組を見ましたが、「教師には全員教師の責任と答えて欲しかった。」という高橋ジョージさんの発言はもっともだと思いました。
「教育の責任は親にある。」という教師に自分の子供を預けたくないですよね。
塾の先輩が、小学生の子供の懇談会に出席したそうなのですが、その時担任の先生が、「家庭の方で○○を教えてください」というようなことばかりいうので、腹が立って仕様がなかったと言っていました。そういう無責任な教師が多いのでしょうか?
学校の先生も大変なのでしょうが…。
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-23 12:15
soul_doctorさん、こんにちは。

>私も番組を見ましたが、「教師には全員教師の責任と答えて欲しかった。」という高橋ジョージさんの発言はもっともだと思いました。

私もそう思いました。
教師の方々も、いろいろ言いたいこともあると思いますが、
「プロ」である以上、しかも「教師代表」として発言しているわけですから、
それをいったん心の中にしまって、「自分たちの責任」と言って欲しかったです。
要は「意識の問題」ですよね。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強