バイリンガル

f0015391_23471481.jpg

原田選手、宮平選手、
引退ジャンプ、お疲れさまでした。
原田選手の長野オリンピックでの姿、
何度みても感動します。
それにしてもこの写真、季節はずれかな?




自慢ではありませんが、私は「バイリンガル」です。
といっても「英語」と「日本語」といったカッコいい(?)ものではありません。
「津軽弁」と「北海道弁」の「バイリンガル」です。
これじゃあ、自慢にはなりませんよね。

私は高校まで青森で育ちました。
もちろん言葉は「津軽弁」です。
子供のころは正直、この言葉や訛りに劣等感を抱いておりましたが、
大人になってからは、方言で育ったことに少し誇りを持っています。

今は札幌に住んでいますが、こちらにいるときは、考えるときも「北海道弁」です。
でも、たまに実家に帰ると、なぜか考えるときも「津軽弁」になります。
無意識のうちにそうなっています。
不思議なものですよね。

妻(北海道生まれ)を実家に連れて帰ると、大変なことになります。
(最近は、だいぶ慣れてきたようで、むしろおもしろがって聞いていますが・・・。)
だいたい私が「通訳役」になりますが、
特に私の母と兄の会話となると、
「津軽弁」の中でもかなりの「上級編(?)」になりますので、
この私でさえ聞き取れないこともよくあります。

というわけで、今日は私の好きな「津軽弁」を少しだけ紹介したいと思います。
といっても、ひと言で「津軽弁」といっても、地域によって微妙に異なるようですので、
あくまで私が使っていた「津軽弁」ということで、ご了承ください。

まずは「カチャクチャねえ!」という言葉。
これは「もうどうしていいかわからない!」といったときに使います。
「わけがわからない」とか「混乱している」に近い意味ですが、
なかなかピッタリの標準語が見当たりません。

難しい問題に出合う。
いろいろ手をつくしたけど、もうどうしていいかわからない。
そんなときは「カチャクチャねえ!」です。

それから驚いたときに発する感嘆詞は、「ワイハ!」です。
「ハワイ」のことではありません。
これもなかなか感情がよく表現された言葉だと思いませんか?

「うわ! びっくりした」と言うより、
「ワイハ! ドッテこいだ!」のほうが、私の中ではしっくりきます。

でも、この「ワイハ!」。
語尾をのばすことで、違った意味にもなります。
懐かしい人に出会ったときなどは、
「ワイハ~、懐かしな~、どしてらば~」といったように使います。
「どしてらば~」は「どうしていましたか?」「元気でしたか?」と言った意味です。

他にも、自分のことを「わ」、相手のことは「な」と言います。
漢字を当てはめると「倭」と「如」です。
歴史の勉強にもなりそうですね。
それから「友達」のことは「けやぐ」と言います。これは「契約」が訛った言葉だそうです。

英単語を覚えるときも、
ただ「dog=犬」といった「方程式」のように暗記するのではなく、
このように「ルーツ」や「語源」をたどったり、
日本語にはなくて英語にある表現などを考えてみたりしてみると、
少しは楽しく勉強できそうですよね。

もっと紹介したい「津軽弁」はたくさんありますが、
長くなりそうなので今日はこのへんで。
また機会があったら書こうと思います。

というわけで、今日は「サワダの津軽弁講座 初級編」でした。
ちなみに別れるときの挨拶は「津軽弁」では「へばな~」とか「へばね~」と言います。
「へ」が「せ」になることもあります。
それではみなさん、へばね~。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-03-26 00:07 | 自分のこと | Comments(4)
Commented by tea*rose at 2006-03-26 06:52 x
方言のほうが、自分の思いの全てを表してくれることってありますね。
私は長野なのでついつい「ずら」を使いたくなりますねー。
Commented by soul_doctor2005 at 2006-03-26 16:17
東北地方の方言は詳しくないですが、私の知っている範囲ではとても個性的な言葉の使い方をするような印象があります。私たち広島の人間からすると「のんびりしていて、柔らかい」表現のように感じます。広島弁は「恐い」ってよくいわれますからね。
ちなみに「へばね〜。」は広島では「ほいじゃ〜ね。」になります。
「さよなら」というより、気持ちがこもっているような気がします。
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-26 20:50
>tea*roseさん
>方言のほうが、自分の思いの全てを表してくれることってありますね。

そうですよね。
標準語に直すと、「何かが違う」という感じがしてしまう言葉、多いですね。

>私は長野なのでついつい「ずら」を使いたくなりますねー。

長野は「ずら」ですか。ドカベンの殿馬を思い出してしまいました。
青森は「ず」で終わることが多いですね。
「どう思う?」と言うときは、「どんだんず?」です。
Commented by sawayoshi45 at 2006-03-26 21:00
>soul_doctorさん
個性的というか何と言うか、わからない人にすれば、もう「別世界」の言葉でしょうね。ある意味、英語より難しいかも知れません。
たしかに広島弁というと、何となく「恐い」イメージってありますね。
これも「知らない人間」の勝手な「先入観」だと思いますけど・・・。
「ほいじゃ~ね」は、こちらでも使うこと、ありますよ。たしかに「さよなら」よりは、何だか「ほんわかした」イメージが伝わってきますよね。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強