I think

f0015391_23193791.jpg
アイフルの取り立て、ひどかったそうですね。
CMのイメージとは大違いです。
でも、簡単に借りるほうにも責任はあります。
みなさんも、誇大広告には気をつけましょ!



もうだいぶ前の話になりますが、
シーラという子」や「タイガーと呼ばれた子」の著者である
トリイ・ヘイデンさんへのインタビューをテレビで見たことがあります。

お恥ずかしながら、インタビューの内容はほとんど忘れてしまいましたが、
ひとつだけ、とても印象に残っていることがあって、
私もそれ以来、彼女を見習って今でも心がけていることがあります。

彼女はインタビューに応えるとき、
必ずといっていいほど「I think」から言葉を始めていました。

「I think」、日本語にすれば「私は思う」ですね。
つまり、決して「こうである」とか「こうあるべきだ」と言い切るのではなく、
あくまで「私はこう思う」といった言い方です。
私の文章が「思います」や「思っています」で終わることが多いのも、
実はこの影響を受けています。

私たちは、みなそれぞれに「自分が正しい」と思い込みがちです。
そのため、自分と違った意見を言う人をつい敵視してしまうこともあります。
まあ、そういったときは、たいてい相手も同じように思っていることが多いわけですから、
結局のところ、「正しいこと」というのは人それぞれということにもなりそうです。

そして極端な話、
そのお互いの「正しいこと」の押し付け合いの行き着く先が戦争ではないか、
そんな気がします。

「自信」とは「自分を信じる」と書きますが、
「自分が正しいと信じる」ことではないと私は思っています。
「自分が正しいと信じる」ことは「自信」ではなく「傲慢」になるのではないかと思います。

間違っている自分もいれば矛盾を抱えている自分もいる。
弱い自分もいるし汚くて卑しい面を持っている自分もいる。
そんな自分をすべてひっくるめて認める心、それが本当の「自信」ではないか、
そう思っています。

「学校はこうあるべきだ」
「教師はこうあるべきだ」
「勉強はこうあるべきだ」
「人生はこうあるべきだ」
「人間はこうあるべきだ」・・・・・、

こういったこと、私もつい口にしてしまうことがあるのですが、
これも一歩間違えば危険な発想なのかも知れません。

「こうあるべきだ」という考えは、「他を認めない」ことにつながりますからね。
結局、自分と違った意見はすべて排除し、
同じ意見を持つ者同士が集まって集団をつくる。
これ、ちょっと怪しいどこかの宗教団体と同じになっちゃいます。

私は子供たちに意見するときも、決して強制はしないようにしています。
「こうやったほうがいいと思うよ」とアドバイスすることはあっても、
「絶対にこうしなさい!」といった言い方はしないようにしています。

これが良いか悪いかは正直わかりませんが、
宿題をやらない子がいても私は滅多に怒ることはありません。
宿題をやらない子がいたら次の手を考える。
つまり、その子でも出来そうな宿題を考えて与えるか、
または、その子の「心の問題」を解決する方向に動きます。

無理やりやらせたところで、
長い目でみたら決していい結果にはつながらないことは経験上、わかっているつもりです。
勉強が嫌いなお子さんの多くは、
「勉強方法の問題」というよりは、「心の問題」のほうに原因があるような気がします。
この「心の問題」を解決しない限り、いくら表面上の成績を多少上げたところで、
結果を出したとは言えないのではないでしょうか。

あっ、でも、これもあくまで「I think」であって、
他の先生方を批判しているつもりはありませんので、お間違いなく!
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-04-15 23:33 | 教育のこと | Comments(2)
Commented by koyuma at 2006-04-19 00:00 x
はじめまして、こんばんは。koyumaというものです。

サワダさんのブログには、ちょっと前から足をのばさせてもらっています。
私は小学校の教員を目指して、今勉強しているところなのですが
個別指導塾のバイトをしていて、とても興味深く、ためになる話を
いつもふんふん。と読ませていただいてました。

で、この記事でトリイ・ヘイデンさんの話題が出ていたので、思わずコメントしてしまいました。
私は中学生のときに、初めてトリイさんの本を読み、すごい衝撃を受けたのをきっかけに
出版されている本はほとんど読みました。
そんなトリイさんが「I think」と話を始めるのは、とってもうなずけますね。
もう一度、読み直そうかな・・・と思いました。

はっっ!!なんか記事のコメントとはかけ離れてしまいました・・・
長くなってしまってすみません。
また、お邪魔させていただきたいと思います。
Commented by sawayoshi45 at 2006-04-19 00:36
>koyumaさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
初めてのお客さんが来てくれると、本当に嬉しいです。

中学生でトリイさんの本ですかあ。すごいです!
お恥ずかしい話ですが、私なんか中学生の頃はろくに本を読んだ記憶がありません。今は「読書が趣味」なんて、エラそうに言っていますが、まともに読むようになったのは、実は大学に入ってから、いや、社会に出てからかも知れません。

ま、それはともかく、私の拙い文章が誰かのお役に立っているかと思うと、とても心強いです。これからも、張り切って更新していきますから、また気軽に遊びにきてくださいね。
koyumaさんのブログにも、今度お邪魔させていただきますね。

それでは、今後ともよろしくお願い致します。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強