ガス抜き

以前はあまりなかったことなのですが、
最近は小→中→高とかなり長い期間に渡って、
ひとりのお子さんと関わらせて頂く機会が増えました。

今教えている中高生の半数以上が、
実は小学校からの長い付き合いの子どもたちです。

そのおかげで、
子どもたちがどのような時期を経て、どのように成長していくのか、
その過程が少しずつ私にもわかってくるようになりました。

小学校の時期はすごく真面目にコツコツ頑張っていた子でも、
中学校のある時期にさしかかると、少しペースダウンすることがあります。

特に中1の終わりから中2にかけての時期は、よく親御さんから、
「うちの子まったく勉強しなくなったんですけど・・・」
「最近親に反抗ばかりするようになったんですけど・・・」
という愚痴(?)を聞かされるようになります(笑)。

「このまま成績がガタ落ちしてしまったらどうしよう・・・」
親御さんが心配する気持ちもよくわかります。

でも私もそうでしたし、きっと多くの親御さんも経験があるように、
この時期にやる気がダウンしたり、親に反抗したりするのは、
ある意味、当たり前のことなんですよね。
子どもたちにとっては「ガス抜き」の時期なのだと思います。

ですから、そういった相談を受けたときは、
とりあえず親御さんの前では「う~ん、困りましたねえ」という顔をしながらも、
心の中では、「よし、順調に育っているな」とちょっと安心するところもあります。

確かに一時的に成績が下がることはあるかもしれません。
でも、そういった「ガス抜き」の時期をうまく乗り越えることで、
子どもたちはまた復活してきてくれます。

それがわかってからは、子どもたちの「ガス抜き」に関しては、
ある程度までは容認できるようになりました。
(あくまで「ある程度まで」ですが・・・)

「ガス抜き」をいっさい許さないという先生や親御さんから見れば、
この考えは、ただの甘やかしに見えるかも知れません。

ただ、中学校まで少しの「ガス抜き」も許してもらえなかった元優等生が、
高校生になってから「大爆発」を起こし、
学習面において再起不能になってしまった例をいくつか見てきました。

厳しさと実績ばかりを売りにしている塾や先生方が、
そういった現実をどのように受け止めているのか、私には正直疑問です。

目先のテストの結果を追いかけるのもいいですが、
適当な時期に適度な「ガス抜き」をさせてあげることも、
私たち大人の役割ではないか、そんな気がします。
[PR]
by sawayoshi45 | 2012-10-03 14:21 | 教育のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強