成功論、失敗論

f0015391_23194083.jpg
「しょっぱいチョコ」って食べたことあります?
早速買ってみました「カカオ99%」。
「ひと口ぐらいなら」と思いきや・・・、
1ラウンドKOです・・・。



20代の頃は、「成功論」を語った本を良く読みました。
世の中で「成功者」と呼ばれている人たちが
「成功するためには・・・」と語っているのをむさぼり読んだ時期もありました。
その頃は、私もまだ「野望」でギラギラしていた、
つまり「上ばかり見て歩いていた」時期だったのかも知れません。

今は、そういった本を読むことはほとんどありません。
もちろん「野望」を失ったわけではありませんが、
「成功論」よりも、どちらかと言うと「失敗論(?)」のほうに目が行くようになりました。

大きな失敗をして自己破産した人や、ホームレス経験のあるような人が、
自分の「失敗談」を語っているのをよく好んで読んでいます。

「自分がそうなりたくない」という気持ちが強いからなのかもしれませんが、
こちらのほうが「人間の本質」をついているような感じがしますし、
何となく「奥深さ」や「優しさ」を感じます。
「自分の弱さ」を正直に語っている著者に共感をおぼえてみたり・・・。

「成功論」から学べることは、成功するための「方法論」ですが、
「失敗論」から学べることは「真の人間学」、そんな気もします。

「明るい場所(上の立場)から暗い場所(下の立場)は見えないけど、
暗い場所(下の立場)から明るい場所(上の立場)はよく見える」
というのは本当なのかも知れませんね。
子供がオトナの「痛いところ」を鋭く突いてくることがあるのも、そのためだと思います。

「成功論」とは、あくまでその人が成功した方法であって、
万人に通じるものではありません。
もちろん参考になる部分もたくさんありますが、
仕事の内容が違えば、成功の仕方も違うはずです。

それに「成功」そのものの定義も曖昧ですし、一時的なものである可能性もありますよね。
ちょっと前まで「成功者」と崇められていた人が、
一夜にしてすべてを失ったというのは、よく聞く話ですし・・・。

人間は「成功」からよりも「失敗」から学ぶことのほうが多い、とよく言われます。
自分の経験でも、うまくいっているときはその状態がずっと続くと思いがちで、
あまり物事を深く考えることをしなくなります。

「失敗」して、初めて自分の浅はかさに気付くこともあります。
でもまた、うまくいきだすとあまり考えなくなる。
「驕れるものも久しからず」といったところでしょうか。
まあ、だからこそ人生は面白いと言われれば、そんな気もしますが・・・。

ただ、そう考えてくると、
「成功経験者」(あくまで経験者であって成功者とはあえて書きません)から、
「成功した方法」を学ぶことももちろん必要かも知れませんが、
「失敗経験者」(こちらもあくまで経験者であって失敗者とは書きません)から、
「なぜ失敗したのか」を学ぶことも大切なこと、そう思います。

というわけで、今日は「成功」とも「失敗」とも言えないような、
何だか中途半端な位置のまま10年間過ごしてきてしまったサワダの戯言でした。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-04-18 23:33 | 人生のこと | Comments(8)
Commented by soul_doctor2005 at 2006-04-19 00:20
「失敗論」の本や記事はよく読みますし、よく分かるのですが、「成功論」はよく分からないのです。自分が「成功者」ではないからかもしれませんが、何をもって「成功」というのかが気になるのです。書店に並んでいる「成功者」の本って、大抵、大金を稼いだ人の本ですよね。私には大金を稼ぐことが「成功」とは思えないのです。貧乏人のひがみかもしれせん。
Commented by sawayoshi45 at 2006-04-19 00:46
>soul_doctorさん
そうですよね。たくさんお金を稼いだ人を「成功者」と呼ぶのには、私も腑に落ちない部分があります。
「幸せのカタチは人それぞれ」と言われるように、「成功のカタチも人それぞれ」って思いたいですね。
「負け犬の遠吠え」と言われようと、お互い叫び続けましょ!
Commented by セレクト at 2006-04-19 01:21 x
99%のチョコを全部食べるのは無理ですよねwwチョコを食べてる感じじゃないですもの。
日本はなにか一度失敗すると終わりのような風潮がある気がしますが、アメリカでは逆に一度破産した人などで這い上がり成功する人が多いらしいですね。あと、経営失敗経験者が講義をしたりもするとか。日本は経営などでは成功した人、もしくは経験をしてないのに知識だけで教える人ばかりなような気がするので変っていくといいなと思います。誰かが言ってましたけど、自転車などは転んで(失敗して)覚えていくのに、ほかの人生におけることは失敗を避けてやるからなかなか上達しないとか。大怪我しない方法だけはちゃんと学んで失敗しながら実践して学んでいけるようになりたいものですが、今までそうしてきてないから、なかなかそう簡単にはいかないもんだなと痛感します。習慣を変えるのって難しいですね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-04-19 03:15
>セレクトさん
そうそう。無理無理。塩が入っているんじゃないかと思いましたよ。あれはチョコじゃないです!クスリだと思ってホントにちょっとずつ食べるしかないですね。妻は「絶対食べてやる!」と張り切っていますが、私はもう二度とクチにするつもりはございません。こういうときはやっぱり女性の方が頼りになるものですね(笑)。

セレクトさんの言うように、今の日本の教育は「転ばせないための教育」であって、「転んでも起き上がれるための教育」ではなさそうです。ニートや引きこもりが増えているのもそのためかも知れませんね。
大事なのは「失敗しないこと」ではなく、「失敗から学ぶこと」でしょうね。
Commented by tea*rose at 2006-04-19 12:26 x
あはは!またもやおもしろかったです。「成功論」ギラギラしながら読みました。いや、それよりもヒッピーな匂いの本を読んだかもしれません。「未来はひらける」と誰かに太鼓判を押して欲しかったんだとしみじみ感じます。「成功」を求めているように見えた自分でしたが、どちらかというと「失敗」を恐れる自分である部分が大きかったような気がします。でも失敗から学べたら・・・怖がることも減りますね。(なくなりますね、とは書けませんけどっ!)
Commented by sawayoshi45 at 2006-04-19 13:57
>tea*roseさん
そうそう。
「成功」を求める気持ちが異常に強い人は、逆に言えば、「失敗」を恐れる気持ちも異常に強い人なのかも知れませんね。
私は20代前半に、明日のご飯も心配しなければいけないような生活を少しだけ経験しました。そのためか、「あの頃に比べれば・・・」と考えると、今の状態でも「幸せ」に感じてしまいます。
「食べられるだけで幸せ」、そう感じることができれば、人生とてもラクになると思います。ちなみに今の私の座右の銘は、「少欲知足」でございます。
Commented by tea*rose at 2006-04-19 15:13 x
あらびっくり!HPを覗きに伺ったら・・・ほとんど同じ歳でした。私が1年後輩です。もちょっとオトナの方かと思ってましたー。
「食べられる幸せ」を知ってからのほうが、とても豊かに生きられるようになりましたよね??奥の深い、静かな森を散策するように、これからも楽しんで学んでいきたいですね。・・・おやつはたくさん持っていきたいので、そこのところ、少欲が無理です。
Commented by sawayoshi45 at 2006-04-19 23:03
>tea*roseさん
あらま! それって喜んでいいことなのかしら?・・・・・(オカマ調?)
妻に「ジジくさいってことじゃないの?」って笑われたけど・・・(苦笑)

ま、それはともかく、おやつは500円以内(厳守!)ということにしときましょ!


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 08月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強