田舎生活、都会生活

f0015391_0163039.jpg
髪がのびてきた。
私の髪の毛はかたくて量が多い。
妻には「ヘルメット脱げば・・・」とバカにされる。
そろそろ脱ごうか、ヘルメット・・・



中学までの15年間、海と山しかないような「ど田舎」で育ちました。
今は札幌のほぼ「ど真ん中」(ススキノまで徒歩5分!)に住んでいます。
ですから、一応「田舎生活」と「都会生活」の両方を知っているつもりです。

「都会生活」に比べると、「田舎生活」はやはり不便と言わざるを得ません。
しかも私が育った地域は豪雪地帯でもありましたので、冬は特に大変です。
もともとバスは一時間に一本程度しか来ませんし、
さらに雪の日などは何十分も遅れてやって来ます。
時化のときなどは、猛吹雪の中、潮をかぶりながら学校に歩いて通ったこともあります。

ただ、もちろん「悪い面」ばかりではありません。
遊ぶ場所には事欠きませんでしたし、
何よりも「田舎生活」をすることで、「待つこと」を覚えることが出来ました。
実は、これが私にとっては一番の収穫だったような気がします。

「田舎生活」は自然との共存が前提ですので、「待つこと」が当たり前の生活です。
雨や雪が降れば、止むまで「待つ」。
車を持たない人は、次のバスが来るまで1時間でも「待つ」。
まあ、そんな感じです。

さらに私の子供の頃の遊びの中心は、魚釣りでした。
これも「待つこと」を前提とした遊びですよね。

そして、その「待つ時間」を利用して、
いろいろ物事を考えたり、本を読んだり、ボーッとしたりすることができたわけで、
今思えば、この「待つ時間」が私にとっては最も貴重な時間だったんじゃないか、
そんな気までしてきます。

養老孟司さんの本で読んだことがありますが、
「都会生活」と「田舎生活」の違いは、
「こうすればこうなる」か「こうしてもこうならない」かの違いだそうです。

「都会生活」はスイッチひとつで何でも出来る生活、
そこには「待つ」必要がほとんどありません。

一方、「田舎生活」は自然条件によって、なかなか人間の思い通りにいかない生活、
つまり「待つこと」が余儀なくされる生活だということです。
なるほど、言われてみれば、そんな気もしますよね。

そして河合隼雄さんの本にもよく出てきますが、
教育において最も大切なことは、やはり「待つこと」だと思います。
たしかに場合によっては「引っ張ること」が必要なときもありますが、
基本はあくまで「待つこと」だと思います。

子供たちが自分でやるきっかけをつかむまでは、とにかく「待つ」。
もちろん、きっかけをつかんでもらうための働きかけは、いろいろしますが、
だからといって、強引に引っ張っていこうとする教育には、あまり賛成できません。
そこには必ず歪みが生じてくるような気がしてなりません。

今の教育に感じること。
それは、この「待つこと」がどんどん失われてきているのではないかということです。
何だかよくわかりませんが、あまりに急ぎ過ぎていないでしょうか?

そして最近では「パソコン指導」なるものも普及してきました。
お互い実際に顔を合わせることなく、カメラを介しての指導。
たしかに、塾もない地方の子供たちにしてみれば、
自宅にいながら教えてもらえるわけですから、便利なことに違いありません。

でも、「人と人との生のぶつかり合い」のまったくない教育、
「スイッチ(?)」ひとつで子供を操ろうとする教育には、少し疑問を抱いています。
子供と同じ空間を共有してこそ、教育の意味があるような気もするんですが・・・。

勉強はしたいけど、近くに塾はない。
しょうがないから、自分でやるしかない。
よし! 問題集を買いに行こう!

こんな子供たちが増えて欲しいなって思いますが、
今どきこんな考えかたって古いのかな?
ただ、世の中そんな子ばかりになったら、私は間違いなく廃業ですけどね。

でもやっぱり、「便利」か「不便」かって言われたら、「便利」がいいかなあ。

というわけで、今日も何だか矛盾だらけのサワダです。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-04-21 23:58 | 教育のこと | Comments(2)
Commented by tea*rose at 2006-04-22 11:44 x
現代に多い心の病の根っこに「自分が成長するのを待てない」というのもあるのではないかしら。希望を手放すのが早い、というか。
・・・それは、周りの人にも待ってもらってない経験がおおいせいがあるでしょうね。・・・「便利」な世の中では「待つ」ことはとても難しいけど。「便利」な世の中で「待てる」ことは、ビルの谷間に見えない森を見つけることだと思います♪私も便利がいいので、便利な野生児になるー。
Commented by sawayoshi45 at 2006-04-22 21:12
>tea*rose さん
そうですよね。
ちゃんと順序をおっていけば必ずたどり着ける道なのに、
先を急ぐばかりにわけがわからなくなって、精神的に追い詰められている、
こういった人たちが多くなってきたような気がします。

>便利」な世の中で「待てる」ことは、ビルの谷間に見えない森を見つけることだと思います♪

いいですねえ。その表現。
ビルの谷間で目には見えないけど、たしかにどこかに存在はしている。
それを求めて、これからも私は徘徊することにいたします。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強