読書=勉強?

f0015391_23482939.jpg
SHINJO選手。
引退を宣言してからというもの絶好調ですね。
わざと自分にプレッシャーをかけたのかな。
これもSHINJO流ってやつ?



「趣味は読書です」と言うと、
何だか「マジメ」とか「勉強好き」といったお堅いイメージを持たれがちです。
日本では、いまだに「読書=勉強のため」というイメージがあるように感じます。
そして、これが子供たちを「読書嫌い」にさせている原因のひとつではないかと思います。

でも、本来「読書」というのは、「成績を上げるため」のものでもなければ、
ましてや、「読書感想文を書くため」のものではないはずです。
「読書」はあくまで「娯楽のため」のものであると私は思っています。

私も「趣味は読書」とよく言ったりすることはありますが、
何も文学作品や教育書ばかりを読んでいるわけではありません。

推理小説を読んでいることもあれば、気軽なエッセイを読むこともあります。
これは「読書」には入りませんが、雑誌も読む(見る?)し、
コンビニからマンガを買って読む(見る?)こともあります。
生徒の部屋から気になるマンガを借りてくることまであります。

今の子供たちから「読書離れ」が進んでいるという話をよく聞きます。
まあ、たしかにゲームもやらなければならないし、
友達とメールの交換もしなければならない。
塾や習い事にも行かなければならない。
そんな忙しい(?)生活をしていれば、「読書」をする時間なんてなくなりますよね。

でも、これって子供たちだけの問題でしょうか? 
私たちオトナに本当に「読書」を楽しんでいる人、どれだけいるでしょうか?

「国語力をつけるためには本を読ませてください!」と先生に言われ、
「あんた!国語の点数を上げるには本を読むのがいいんだって。
だから本を読みなさい!」と子供に押し付ける。

たかだか一冊や二冊の文学作品を無理やり読まされたところで、
国語の点数が上がるということはまずありませんし、
これで「読書好き」の人間が育つとも私には思えません。

「読書」は「勉強のため」のものではありませんし、
「国語の点数を上げるため」のものでもありません。

「読書」を「目的化」してしまうと、本来の「読書」の楽しみはなくなってしまいます。
子供を「読書好き」にしたいのなら、まずは自分が楽しんで読めばいいだけの話です。

今日4月23日は「こども読書の日」だったそうです。
「勉強のため」でも「成績を上げるため」のものでもなく、
「読書」そのものを好きになる、そんな子供が増えて欲しいと思います。

ただ、「読書」をすることで、結果的にいろんなことを学べる機会は増える。
これは確かなことだと思いますけどね。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-04-23 23:58 | 教育のこと | Comments(8)
Commented by tea*rose at 2006-04-24 17:12 x
最近、なんとなく感じるのですが、こちらの日記とちょっと関連したことを日記にしてしまうことがあるようなないような。気のせい?ちなみにさっき私が書いた日記は読書感想文でした。なんかちょっと嬉しい!
Commented by 今日 at 2006-04-24 18:50 x
「読書」は「勉強のため」のものではありませんし、
「国語の点数を上げるため」のものでもありません。

「読書」を「目的化」してしまうと、本来の「読書」の楽しみはなくなってしまいます。
子供を「読書好き」にしたいのなら、まずは自分が楽しんで読めばいいだけの話です。・・・・・・・・

この視点が、日本の文化を育てる意味からも、いま、緊急に必要ですね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-04-24 23:11
> tea*roseさん
「偶然の一致」ってやつですかね。
思考回路が似てるってことかしら?・・・・・(オカマ調)
Commented by sawayoshi45 at 2006-04-24 23:13
>今日さん
そうですよね。
文化まで「点数のため」に利用される、とても悲しいことだと思います。
Commented by koyuma at 2006-04-24 23:29 x
私も読書は大好きです。でも、やはり「趣味は読書です」というのは、なんかあまりにも平凡な答えで、しかも、そこまで詳しいわけじゃないし。。はっきりと言うのをなんだかためらってしまいます。
なんで、読書が好きなのかなーって考えたときに、本の世界に入り込んでしまう感覚が好きなんですね。話の進行と一緒にドキドキしたり考えたり感動したり悲しくなったり。
そんな「感情」の疑似体験をさせてくれる場でもあるのです。私にとって。
だから、ドラマをや映画を見る感覚で読書を楽しむんですよね。

こんな感覚を、たくさんの人が持ってたらいいのになー。。なんて。
「読書感想文」とか、読書の入り口の時期にそういうプレッシャーがかかってしまうから、読書を敬遠する人が多くなっちゃうのかな・・・とかも思いますね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-04-25 01:19
>koyumaさん
そうですね。
「趣味は読書」と言うのは、言う相手によっては、けっこう勇気がいることだったりしますよね。

>だから、ドラマをや映画を見る感覚で読書を楽しむんですよね。

その感覚はとても大切なことだと思いますよ。

>「読書感想文」とか、読書の入り口の時期にそういうプレッシャーがかかってしまうから、読書を敬遠する人が多くなっちゃうのかな・・・とかも思いますね。

その通りですね。もっと気軽に入り込める環境をつくることが、大切だと私も思います。

コメントありがとうございました。
また遊びに来てくださいね。
Commented by 50TEMPEST at 2006-04-25 13:01
こんにちは。私は小さい時から本好きで、暇さえあれば読んでいました。親が読書する姿を見て、娘も読むようになったようです。
本というワンダーランドがあると感じさせずに読まそう読まそうとしてもダメですね。また、本さえ読めばよいというものでもない、他の強みがあるならその子はオーケーだと思います。
Commented by sawayoshi45 at 2006-04-25 13:45
>50TEMPESTさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

>親が読書する姿を見て、娘も読むようになったようです。

それが一番理想的なスタイルだと思います。

>また、本さえ読めばよいというものでもない、他の強みがあるならその子はオーケーだと思います。

そうですよね。
本で得た知識と、現実での実践感覚(?)とでもいいましょうか。
そういったものがいろいろ組み合わさって、その人の「魅力」にもなり「味」にもなると思います。

また遊びにいらしてください。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 08月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強