質より量?量より質?

f0015391_23354022.jpg
W杯のメンバーが発表になりました。
正直言って、サッカーはあまり詳しくないのですが、
お祭騒ぎは決して嫌いではありません。
オリンピックに続き、また寝不足の日々?



B型が関係しているかどうかはよくわかりませんが、
私は人に束縛されたり、管理されたりするのが大嫌いな性格です。
今もこうやって組織に属さずに、ひとりで活動しているのも、そのためかもしれません。

そんな私の性格を知ってか知らぬか、
私は、両親に「勉強しなさい!」といった類の言葉を言われた記憶がありません。
むしろ「勉強なんかしなくてもいい!」と言われて育ったような気がします。

でも「しなくてもいい!」と言われると、逆に「やりたくなる」のが私の性格。
小学校の高学年になった頃から、自転車で本屋さんに行き、
ドリルや問題集を自分で買ってきては、ひとりで勉強するようになりました。

親を説得してお金をもらい、自分の意志で買ってきている以上、
途中でやめるわけにもいきません。
人に指図されたことには、とことん反発する私ですが、
自分で決めたことは、意地でもやり通そうとする頑固な性格。
「津軽のじょっぱり」ってやつでございます。

田舎で育ったため、近所に塾のようなものはありませんでした。
もちろん、教えてくれるような人も誰もいませんでした。
そんな私に「質(効率)のいい勉強方法」などわかるはずもありません。

最初はただがむしゃらに、問題をこなしていただけのような気がします。
でも、がむしゃらにやっていくうちに、だんだん自分なりの方法、効率のいい方法、
つまり「質」を追求するようになります。
それが自然の流れだと思います。

「勉強は質より量か、量より質か」と問われれば、私は迷わず「質より量」と答えます。
といっても、ただ闇雲に何時間もやればいいと言いたいわけではありません。
ある程度の「量」をこなさない限り、「質」の良し悪しなんてわからないと思うからです。

「量」をこなすことで、自然に「質」を追求するようになる。
だから、まずはある程度の「量」をこなすことが最低限必要なことだと思っています。

「勉強のやり方がわからない」と子供はよく言います。
でもこれは、「やりたくない」ことの言い訳として、使う場合が多いと思います。
(皆がそうであるとは言いませんが・・・)

親に「勉強しなさい!」とうるさく言われる。
でも、自分はあまりやりたくない。
「やりたくない」と言えば、親にまた怒られる。
だから、「やり方がわからない」と言って、何とかその場を逃げようとする。
といったところでしょうか。

「じゃあ、塾に行ってやり方を教えてもらいなさい!」と、親は塾に通わせます。
でも本来、子供は「やりたくない」わけですから、
その意識が変わらない限り、いくら塾に通わせても効果は期待できません。
そして効果がないからといって、簡単に塾や先生を換えたところで結果は同じです。

やり方をどうこう言う前に、まずは自分の思ったようにやってみることが大切だと思います。
教科書と問題集と鉛筆さえあれば、勉強はできるはずです。
「勉強のやり方」は、「勉強をやった」人間にしかわかりません。

「量」をこなす覚悟もないのに、
「質(効率)のいい勉強」を親も子供も求めようとする姿勢こそが、
私は今の教育の問題点だと思っています。

素振りやキャッチボールはしたくないけど、野球はうまくなりたい。
そんな人間が、イチロー選手や松井選手に高度な野球理論を教わったところで、
野球がうまくなるでしょうか?

家庭教師という仕事で今まで食べてきた私が、こんなことを言うのは、
いささか矛盾しているように思われるかも知れませんが、
勉強は「人に教えてもらうもの」ではなく、「自分でやるもの」。

このことを多くの子供たちに伝えたいという思いで、
私はこの世界にしがみついています。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-05-15 23:59 | 勉強のこと | Comments(4)
Commented by tea*rose at 2006-05-16 15:00 x
なるほど。・・・今は確かに、「努力もしないで、何でも欲しがる」傾向はあるかもしれませんね。そういうのを見てると、喝!と言いたくなるのがよくわかります。
・・・私は、サワダさんとは正反対のタイプだったかもしれません。
「やれ!」「やだ!」で、思春期をもめて過ごしました。・・・あの頃の自分を思い出すと・・・確かに、「勉強なんかやる気もない」であったのですが・・・。うーん。それだけでも語り尽くせない。自己弁護?
ようやく誰にも強制されずにやったのは、ずるずると滑り込んだ大学で、はたと「このままでは未来がとんでもないことになる!」と思って、別の大学を受けなおしたときでしたから・・・。「やりたい!」と思えた自分が嬉しかったですよー。それまで「やらない!」と逃げて逃げて逃げ場がなくて、最後はリストカットしてましたから。今おもえば、かなりのバカボンですけどね。
だからやっぱり生徒にはそんな風になってほしくなくて、「やれる楽しさ」を見つけてほしいと思ってます。
動機は違うけど、結論は似てるかな?
Commented by モニママ at 2006-05-16 21:41 x
「楽して儲ける」タイプの子どもと親たちは、叱ってやらないと~。
量をこなすということは、経験を積むということですよね。
何事もある程度やらないと本質は見えてこないもの、人生の基礎ですね。
そういえば、うちのモニカも「嫌ならもやらなくていい!」と言ってやると、意地になってやっています。B型の性なのかしら?やっぱり…。
Commented by sawayoshi45 at 2006-05-16 23:05
>tea*rose さん
はい。
今までtea*rose さんから頂いたコメントや、tea*rose さんのブログを拝見している限り、おそらく目指すところは同じではないかと思っています。(私が言うのもおこがましい話ですが・・・)。
tea*rose さんに比べると、甘っちょろい経験しか持っていない私ですが、これからもいろいろ学ばせてくださいね。
「へそ曲がりチーム」、大きく発展させていきましょう!(笑)
Commented by sawayoshi45 at 2006-05-16 23:09
>モニママさん
間違いありません! B型のせいです!(笑)
たいてい言われたこととは逆のことをしようとしますから、
その性格をうまく利用するのも、ひとつの手かもしれませんよ(笑)。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強