「ほっ」と。キャンペーン

自信と傲慢

f0015391_23514114.jpg
今日は初夏の陽気、というか暑い1日でした。
最高気温が25℃!夏日です!
灯油代がかからなくなったのが、
私にとって何よりの喜びです!



「自信」を持つことは大切だと思いますが、
「傲慢」にはならないよう気をつけなければならないと思います。

でもこのあたりの加減って、正直とても難しいところですよね。
自分ではそんなつもりはなくても、
他人からは「傲慢」に映っていることはよくあることだと思います。
もちろん私も例外ではありません。

私のような仕事は、子供を相手にするのがメインであることに変わりありませんが、
同時に親御さんとのお付き合いも大切な仕事のひとつです。
いくら「指導力」に自信を持っていたとしても、ひとりの人間として、
親御さんに気に入られない限り、私のような仕事は成り立ちません。

まあ、だからといって媚を売るようなことをするわけではありませんが、
子供のことを理解すると同時に、
親御さんの話にもしっかり耳を傾ける必要があると思っています。

今まで私がお付き合いさせて頂いてきた親御さんは、自分より年上の方たちでした。
でもこれからは、
おそらく同年代、または年下の親御さんとのお付き合いも多くなるかと思います。

そこで気をつけなければいけないのは、
親御さんに対して「傲慢」になってしまうことではないかと思います。

今までは自然に「ブレーキ」がかけられていたことが、「年下だ」という感覚が働くことで、
自分でも気付かないうちに「傲慢」になることがあるかも知れない。
これからの私の課題だと思います。

「自分は何人の命を救ってきた」といちいち自慢するお医者さんはいません。
「今日は何人のお客を無事に運んだ」と自慢するタクシーの運転手さんもいません。

それはなぜか。
お医者さんが命を救うのも、運転手さんがお客さんを安全に運ぶのも、
「当たり前のこと」だからです。

でも教育業界は、どうでしょう?
「自分は何人の成績を上げてきた」と自慢する人、あまりにも多すぎやしませんか?
しかも、そう言う人に限って、
「指導者が成績を上げるのは当たり前のこと。成績も上げられない指導者は去るべきだ」
と言い放つ。

私はそう言う人に問いたい。
「本当に当たり前のことだと思っているなら、じゃあ、どうしていちいち自慢するのか」と。
「当たり前のこと」をして、
それをいちいち自慢するのは「傲慢」と言わざるを得ないのではないでしょうか。

「自信」は持ってもいいが、決して「傲慢」になってはいけない。
教育に携わる人間なら、特に気をつけなければいけないことではないかと思います。

でも、こんな記事を書くこと自体、やっぱり私も「傲慢」な人間なのかもしれませんね。
ちょっと反省・・・・・。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-05-16 23:59 | 家庭教師のこと | Comments(4)
Commented by tea*rose at 2006-05-17 11:41 x
サワダさんは傲慢じゃないですよー!傲慢な人は、自分がえらいと言う事実を人に押し付けて、自分の株を上げようとしてるやつなので(いやん。若い頃にやったことあるかもしんない!)自信なし屋さんなんですから。それに気付いてない人って確かにイヤですね。
すごい迷惑だし。(いやん。私のこと?)でも、生徒は絶対にだまされないから好き!そういうヤツにはサワダさんや私のように「やなヤツだなーこんちくしょーめー」と思って反発するから大丈夫ったらさ。親御さんは、うーん、最初はちょっとだまされちゃう人もいるんだけど、そのうち、絶対にわかりますよね。たとえば、万が万が万が一生徒の親御さん達がちょー年下になったころに、ちったぁ傲慢になったとしたって、ちゃーんとわかってくれるような・・・そんな関係になっていきたいですね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-05-17 13:07
>tea*rose さん
ありがとうございます。
そう言って頂くと、とってもとってもとっても嬉しいし、安心します。
でも、「もしかしたら自分もそうかも知れない・・・」と、常に自分を振り返ってみることは、これからも忘れないようにしたいものですね。

>親御さんは、うーん、最初はちょっとだまされちゃう人もいるんだけど、そのうち、絶対にわかりますよね。

そうそう。最初は理解されないこともありますが、長くお付き合いさせて頂くことで、わかってもらえることってありますね。
そんなときは、「少しはお役に立てたかなあ」って自己満足の世界に陶酔するサワダでございます。
Commented by ktanizawa at 2006-05-17 17:54
記事を読みながら、私も自分を振り返りました。目の前の方を、その方が子どもでも大人でも、年下でも年上でも、立場がどんなでも、大切にするという姿勢でいきたいです。ありがとうございます。
Commented by sawayoshi45 at 2006-05-17 22:53
> ktanizawaさん
こんばんは。
どんな立場の人にも同じように接する。
難しいことかも知れませんが、私もそんな人間になれるよう努力したいと思います。
コメントありがとうございました。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強