「ほっ」と。キャンペーン

わかるの早過ぎない?

f0015391_023466.jpg
「ニワトリが先か、卵が先か」。
とうとう結論が出たそうな。
「卵が先」だそうです。




「あっ!そうか、わかった!!」

教える側の人間にとっては、とても心地良い言葉ですよね。
子供たちからこの言葉を聞くために、日々頑張っておられる先生方も多いと思います。

でも、この言葉を真に受けて、教える側が、
「よし!これで大丈夫だ!」と思ってしまうのはとても危険です。
「わかるのが早すぎる」生徒ほど危険だと思います。

私の今までの経験では、学力の高い子ほど、簡単に「わかった!」とは言ってくれません。
教わったことを、自分の頭で整理する作業をするので、
「わかった!」となるまで、多少時間がかかります。

納得できないところは、とことん質問してきますし、
たまに「教師泣かせ?」の鋭いところをついてくることもあります。
でも、その分、いったん「わかった!」となると、
忘れることなく、確実に自分のものにしてくれます。

一方、すぐに「わかった!」と言ってくる生徒。
教える側からすれば、とても反応がいいので、つい教え過ぎてしまいがちです。
過去の私も、よくやりがちでした。

でも、教えた(つもりの)割には、1週間も経つとすっかり忘れてくれています。
宿題を出しても、「やっぱりわかりませんでした」といって空欄ばかり。

教えた側にすれば、
「あんなに教えてあげたのに・・・」とちょっと腹立たしい気分になることもあります。
人によっては、それが憎しみに変わることまであるようです。
恐ろしいことですよね。

子供が「わかった!」というとき、教える側は「意味がわかってもらえた」と思いがちです。
でも、子供の「わかった!」には、大きく分けてふたつの意味があると思います。
「意味がわかった!」と「解き方がわかった!」です。
この見極めがとても大事だと思います。

学力の高い子の「わかった!」は「意味がわかった! 納得した!」という意味ですが、
子供によっては「解き方がわかった」ことを「わかった!」と勘違いしてしまう子供がいます。

これは「わかった!」のではなく、「わかったつもり」になっているに過ぎません。
ですから、時間が経てばすぐに忘れるし、
少し問題にひねりを加えただけで、「わかりません!」になるのは当然のことだと思います。

まあ、早い話が「考えていない」ということですよね。

覚えて知識を増やしていくことは大切なこと。
でも、それだけでは「宝の持ち腐れ」に終わります。
自分の頭で考えながら、その知識をつなげていく。
そうやって、苦しんで得たものでない限り、知識は絶対に定着しないと思います。

「わかるのが早すぎる」生徒は、要注意です。

といっても、なかには本当にすぐにわかっちゃう人もいるようですが、
まあ、そういう方は例外と言うことで・・・。
あくまで私のような「凡人レベル」での話でございます。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-05-28 23:59 | 勉強のこと | Comments(4)
Commented by 今日 at 2006-05-29 09:29 x
その通りですね。
TBしておきます。
Commented by sawayoshi45 at 2006-05-29 14:15
>今日さん
TBありがとうございました。
こちらからもさせて頂きました。
Commented by soul_doctor2001 at 2006-05-29 19:22
「分かる」のと「子供たちの実力になる」のは違うんですよね。
説明して分かっても出来るようになるのは全く同じ問題だけ、確かに問題が本の少し変わっただけで「さっぱり分からない」という子もいます。これが難しいのですよね。
自分の力で色んなタイプの問題を解けるような子を育てていきたいのですが、以前の同僚の中には「解き方を全部覚えさせればいい」と堂々といっていた人もいました。
何かの縁で私たちの塾を選んで、私の指導を受けてくれるのだし。
そんな子供たちに関わっていくのにただ
「点数だけ取れればいい」
という教え方はしたくないです。
だからこそ本当に子供たちの身になるような指導をしたいですね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-05-29 23:20
>soul_doctorさん
「解き方を全部覚えさせればいい」ですかぁ。
気の遠くなる話ですね。
そう言えば、過去にもった生徒の中にも、問題と解答を暗記していた子がいました。
まったく同じ問題ならできるのに、ちょっと言い方を変えただけで、
「わかりません。教えてください!」といった調子。
その悪いクセを直すのに、ひどく苦労したのを憶えています。
聞くところによると、小学校低学年からある有名塾に通っていて、
そこでは、そういった勉強が当たり前になっているとか。
いまだにそういった指導をしている先生がいることに、腹立たしさを覚える今日この頃でございます。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強