子供の好奇心を奪わないで

先日、3~4歳ぐらいの女の子とそのお母さんが、

私の少し前を歩いていました。


道端に咲く花が気になったのか、

その花につく虫に目が行ったのかはわかりませんが、

その女の子は突然立ち止まり、花を眺めていました。


私からすると、とても微笑ましい光景に見えましたが、

その子に対して、お母さんはすかさず、

「何やってるの! 早く来なさい!」と叱って、

無理やり子供を連れて行きました。


その様子を見ていて、

何だかとても残念な気持ちになりました。


何か急ぐ理由があったなら仕方ないですが、

せっかく芽生えたその子の好奇心が、

大人の都合であっさりと潰されてしまった。

そんな気がしました。


「何やってるの!」ではなく、

「どうしたの?」と聞いてあげることで、

その子の好奇心はもっと膨らんだかもしれません。


さらにそこから植物や動物に興味を持ち始め、

理科が大好きな子供に育ったかもしれません。


でもその可能性を「何やってるの!」のひと言で、

そのお母さんは潰してしまいました。


私の勝手なネガティブ妄想ですが、

きっとこのお母さんは何年か後に、

「うちの子、理科が苦手なんですけど」とか

「うちの子、まったくやる気がなくて」と言って、

子供を塾に通わせる日が来るのかなと、

そんな想像までしてしまいました。


東大をはじめ難関大学に入った生徒の多くが、

小中学校時代に何かに夢中になった経験を持っているそうです。


読書や歴史、科学といったものでしたら、

そのまま勉強にも直結しているのはわかりますが、

スポーツ、音楽、楽器、将棋、漫画、お笑いなど、

一見、勉強とはあまり関係ないように見えるものであっても、

そこからいろんな情報を得て頭を鍛えることで、

結果的に勉強にも役立っているということだと思います。


ただ机に向かって問題集を解いてさえいれば、

勉強が出来るようになるわけではありません。

そこには子供の好奇心が大きく関わっていると思います。


大人の都合で、子供の好奇心を潰すことだけは避けたいものですね。


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
by sawayoshi45 | 2017-09-24 23:41 | 教育のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強