明らめる

普通の子なら5回も書けば覚えられるはずの漢字や英単語を、

100回書いても覚えられない。

あるいは一瞬だけ覚えてもすぐに忘れてしまう。


信じられない方もいるかと思いますが、

実際にそんな生徒は存在します。


ある専門家の方によると、

日本の小中学生の約6%もいるそうです。

計算上は、クラスに1人か2人はいることになりますね。


そして私の教え子にも、

過去にそんな生徒がいました。


やる気は人一倍。

「勉強できるようになりたい!」という気持ちも強い子でした。


でも、小テストをやるとほとんど出来ません。


最初はふざけているのかと思いましたが、

本人は至って真面目です。

紙に何度も書いて練習した形跡もあります。


それなのに、小テストをするとほとんど出来ません。


こんなことを何か月も続けているうちに、

私は「明らめる」ことにしました。

「諦める」ではありません。


他の子と同じことをさせるのではなく、

その子の出来ること、出来ないことを「明らか」にして、

出来ないことにはいったん目をつぶり、

出来ることだけに絞って指導することにしました。


暗記は極端に苦手な子でしたが、

幸い、論理的に考える力は多少あるようです。


英単語は覚えられませんが、英文法の理屈は理解できます。

漢字は覚えられませんが、筋の通った文章は書けます。

数学や物理の公式は覚えられませんが、理屈は理解できます。


その子にとって苦手な「覚える勉強」は捨てて、

理屈を理解する「考える勉強」だけに切り替えました。


もともと私自身も暗記はあまり得意ではなく、

どちらかというと理屈を追いかけるタイプなので、

「明らめて」からは、あまりイライラすることもなく、

授業も割とスムーズに進むようになりました。


暗記を捨てた分、テストで高得点は取れませんが、

少なくとも勉強嫌いになることはありませんでした。

その彼は今、ある大学の工学部で学んでいます。


テストで点数を取るためには、「覚える勉強」が必須です。

でも、この「覚える勉強」がどうしても苦手な子はいます。


そんな子に「何度も書いて覚えなさい」と言うのは、

ほぼ拷問に近い行為ですね。

そうやって勉強嫌いの子は増えていきます。


そういった場合は、

思い切って「明らめる」ことで、

道が開けることもあるかもしれません。


しつこいようですが、「諦める」ではなく「明らめる」です。


にほんブログ村



家庭教師ランキング


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
by sawayoshi45 | 2017-10-01 00:20 | 勉強のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強