燃えるタイプ、燃えないタイプ

受験も含めて何かイベントなどがある度に、

燃えるタイプの子と燃えないタイプの子がいます。


今ではすっかり冷めた人間と化してしまいましたが(笑)、

学生の頃の私はどちらかというと燃えるタイプでした。


試験や受験も、徹夜覚悟で、

気合と根性で乗り切ってきた古いタイプの人間です。


ですから若い頃の私は、

燃えないタイプの子に対して、

正直もの足りなさを感じていました。


ただ、私のように燃えるタイプの人間には、

ひとつ大きな欠点があります。

それは目の前の目標を失うと同時に、

燃え尽きてしまうことです。


試験前の気合と根性は誰にも負けない勢いですが、

試験が終わると、しばらく放心状態が続きます。

次に火が付くまで、かなり時間がかかることもあります。


今は教える立場として子供に接していますが、

やはり教え子の中にも、

燃えるタイプと燃えないタイプがいるようです。


偏差値の高い学校を目指すなら、

燃えるタイプの子のほうが有利かもしれません。


受験前という一時期だけを切り取って見れば、

燃えるタイプの子が「やる気のある生徒」

燃えないタイプの子は「やる気のない生徒」

とみなされることが多いです。


でも受験後という一時期を切り取って見れば、

その立場は逆転しているかもしれません。


燃えないタイプの子は、

爆発的な頑張りを見せることはありませんが、

何があろうとなかろうと、

たんたんと続けていける力を持っています。


継続は力なり。

それはそれで大きな武器ではないでしょうか。


多くの塾は、燃えるタイプの子が大好きです。

それは合格実績を叩き出してくれるから。


偏差値の高い学校に合格してくれさえすれば、

合格後に燃え尽きようが落ちこぼれようが、

多くの塾にとってはどうでもいいことです。

(もちろん全ての塾がそうではありません)


そういった無責任な判断基準のもとで、

勝手に「やる気がない」というレッテルを貼られて、

苦しんでいる生徒、たくさんいると思います。


燃えるタイプも燃えないタイプも1つの個性。

どちらが良いか悪いかの問題ではありません。


燃えないタイプの子でも安心して、

勉強に取り組める環境を整えてあげることも、

私たち大人の役割ではないかと思います。


偏差値の高い学校に行ける子だけが、

偉いわけではありませんからね。





家庭教師ランキング


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
by sawayoshi45 | 2017-10-15 22:49 | 教育のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強