「頑張ってね!」と「頑張ってるね!」

f0015391_0443234.jpg
「大荒れ!?」かと思っていたら、
札幌はたいしたことはなかったようです。
でも、最低気温はついに一桁。
着々と冬に向かっているようでございます。



子どもに対して、
「頑張ってね!」という言葉を使う教師や親御さんは多いと思いますが、
「頑張ってるね!」とう言葉を普段からかけてあげている人は、
意外と少ないのではないでしょうか。

50点を取れば60点を要求し、60点を取れば70点を要求。
90点取れるようになったら、今度は100点。
私たち大人の、子どもたちに対する要求水準は高くなるばかり。

これでは、せっかく今まで頑張ってきた子どもたちも、
「いったいいつまで頑張ればいいのか?」
と、不安になるのも無理もないことだと思います。

常に「もっともっと・・・」と要求される子どもたちの気持ち、
立場を逆にして考えてみると、よくわかるのではないでしょうか。

せっかく一生懸命作った料理に対して、
「お母さん、今日の料理は60点だね。今度は80点目指して頑張ってね!」
と言われたとしたら・・・。

「頑張れ!」と言われて、頑張る気になれない子供たちの気持ちもよくわかりますよね。

「頑張れ!」と言われるよりも、「美味しかったね!」というひと言のほうが、
よっぽど、「次も頑張って作ろう!」という気になるのではないかと思いますが、
いかがでしょうか?

子どもたちも同じだと思います。

テストがある度に「頑張れ!」と言われ続けている子どもと、
「頑張ってるね!」と、いつも頑張りを認められている子どもとでは、
どちらがやる気のある人間に育つか、答えは明らかですよね。

「やる気になれ!」と言われて、やる気になる子どもはいません。
同様に、「頑張れ!」と言われて、頑張る子どももほとんどいません。

「やる気になって欲しい!」「頑張って欲しい!」と思うのであれば、
「やる気になれ!」「頑張れ!」と言うのではなく、
まずは、子どものちょっとした頑張りを認めてあげることが大切ではないかと思います。

「やる気になれ!」と言われ続けて、やる気になった子を私は見たことはありませんが、
頑張りを認められて、その後成績が急上昇した生徒なら、何人か知っています。

「頑張ってね!」と「頑張ってるね!」
間に「る」を入れるだけで、効果は大違い、といったところでしょうか。

う~ん、でも私自身、過去を振り返ってみると、
「頑張ってね!」という言葉のほうを圧倒的に多く使ってきたような気が・・・。
これからは「頑張ってるね!」という言葉がけを増やしていけるよう、
心がけたいものでございます。
(自戒を込めて・・・・・)
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-10-09 00:51 | 教育のこと | Comments(6)
Commented by ひょう at 2006-10-09 21:53 x
こんばんは!
プレーオフのチケットが取れなくてガックリ。新庄見たかったなあ・・・。

ひろさちやさんによると、頑張るというのは『我を張る』ということなので、
あまり良いことではないというのです。
しかも氏は『頑張ってはいけない!』とさえ言っている。そのココロは?

「ありのままの自分を受け入れる」ということらしいです。

でもこれじゃ受験生に言えなくなっちゃいますよね。
代わりの言葉ってないのでしょうか?

Commented by sawayoshi45 at 2006-10-09 23:16
>ひょうさん
こんばんは。
チケットはあっという間に売り切れたようで・・・御愁傷様でございます。
でも、まだ日本シリーズがありますから、
その際は、ぜひ「頑張って?」取ってくださいね。(笑)

なるほど、「頑張る」は「我を張る」ですか。
言われてみれば、たしかにその通りのような気がします。

ということは、「頑張れ!」というのは、「我を張れ!」と言っていることと同じなんですね。
自分が今まで、何も考えずに、子どもたちに「頑張れ!」と言ってきたことが、
とても恥ずかしゅうございます・・・・・(反省)。

でも、ひょうさんがおっしゃるように、受験生に向かって、
「頑張るな!」とか「そのままでいいんだよ」と言うわけにもいかないし・・・、
なかなかいい言葉って出てこないものですよね。
子どものやる気を奪う言葉なら、いくらでも思いつくんですけど・・・(笑)
Commented by tea*rose at 2006-10-10 17:15 x
あはは!ついさっき来ていた生徒に「ドとレ忘れないでね」と言ったら、顔に「忘れるよ」という表情をバリバリとにじませて帰っていきました。
その直前まで「あたし、絶対忘れないよ!」と言ってた生徒なんですけどね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-10-10 23:26
>tea*rose さん
忘れてはいけないものは、すぐに忘れるのに
忘れてもいいものは、いつまでも覚えている。
私も含めて、ホント、人間っていい加減なヤツですよね。
まあ、だからこそ、味があっておもしろいんですけど・・・
「教える」というのは、ホント、忍耐力が鍛えられる仕事でございます。
Commented by 今日 at 2006-10-11 18:02 x
孫が来ますので、そのように話すことにします。

有難う御座います。

TBいただけますとうれしいです。

すばらしいコトバですね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-10-12 00:07
>今日さん
参考にしていただき、とても嬉しいです!

こちらこそ、今日さんの記事で、いつも学ばせて頂いております!


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強