やる気のある生徒、やる気のない生徒

f0015391_215698.jpg
札幌はファイターズ一色で盛り上がっております。
でも、日本シリーズは、きっとひとり静かに、
ドラゴンズを応援する非道民のサワダです・・・。
シンジラレナーイ?



「私はやる気のある生徒には、とことん付き合います!」

なるほど、先生の熱意がひしひしと伝わってくる言葉ですね。
でもこの言葉、あまのじゃくの私には、
「やる気のない生徒には、いっさい付き合いません!」と言っているようにも聞こえます。

「やる気のある生徒」に付き合うのは簡単です。

与えた課題はきちんとこなしてくれる。
授業も真剣に聴いてくれる。
当然、成績も上がりやすくなり、お互いのモチベーションも上がる。
結果、有名校に合格。

そして、そんな生徒の合格実績を、
いかにも自分の合格実績であるかのように宣伝すれば効果も抜群。
自然に生徒も集まってくる。

塾にとって、これほど「都合のいい生徒」はいませんよね。

そういった塾からすれば、私がやっていることは「愚の骨頂」かもしれません。
なんせ、
勉強が苦手で「やる気のない(ように見える)生徒」は積極的に受け入れているのに、
勉強が得意で「やる気のある生徒」は、場合によってはお断りすることがあるんですから・・・

勉強が得意で「やる気のある生徒」は、
極端な話、こちらが何もしなくても勝手に伸びていってくれる生徒です。
わざわざ高い月謝を払って私のような者を雇う必要はないと思っています。
勉強は自分でやるに越したことはありません。

でも、勉強が苦手で「やる気のない(ように見える)生徒」の場合は違います。
彼らは、たいてい他の塾を経由してから、私のところにやってきます。
他の塾に見切りをつけて、あるいは、他の塾に「クビ(?)」を宣告されて、
最後の手段として、やってくる生徒もいます。

もしかしたら、藁にもすがる思いで問い合せてきた親御さんがいるかもしれません。
そんな生徒や親御さんの気持ちはしっかり受け止めなければと思います。

と、何だかエラそうに書いていますが、
だからといって、百パーセントの生徒を伸ばしてあげられるほどの自信は、
正直言って、今の私にはまったくありません。

私に出来ることは、
その子が少しでもやる気になってくれるよう、
少しでも勉強に向かってくれるよう、
あの手この手を考えながら、その子に付き合っていくことだけです。

それまでに、1年かかることもあれば、2年かかることもあります。
「そんなに待っていられない」と見切りをつけられることもあります。

ただ、相手から見切りをつけられた場合は仕方ありませんが、
こちらから生徒に見切りをつけることは、しないようにしています。

ですから、私の生徒の有名校への合格率は、決して高くありません。
公立高校に何とか引っかかるかどうかという生徒もたくさんいます。
でも、どんな学校に行こうが、その子が自分なりに頑張った結果であるならば、
十分に価値のあるものだと私は思っています。

私の経験で言わせてもらえば、
一見「やる気のないように見える生徒」は確かにいますが、
本当に「やる気のない生徒」はいないと思っています。

彼らは「やる気がない」のではなく、「やる気になる」きっかけをつかめないでいるだけ。
きっかけさえつかめば、どんどん伸びていく生徒もたくさんいます。

裏切られても、裏切られても、
そのきっかけを与えるための努力をし続けることが、私の仕事だと思っています。

「やる気のある生徒」であろうが、「やる気のない(ように見える)生徒」であろうが、
子供の力を信じて、とことん付き合っていく。
それが、教育に携わる人間の務めではないかと思います。

私は、生徒たちに「今はダメでも、諦めずに頑張らなきゃ!」とよく言います。
そんな私が、現時点でやる気がない(ように見える)からといって、
簡単に生徒を諦める(見捨てる)ようでは、生徒たちに示しがつきませんからね。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-10-14 02:41 | 家庭教師のこと | Comments(6)
Commented by tea*rose at 2006-10-14 10:02 x
かっこいいです!裏切られても、こちらは決して裏切らない。
何度、空振りに終わっても、ずっと信じる。

…それは実はとても難しいことですが、そう思ってくれた人の存在を、生徒自身が最も強く感じていることでしょうね。
Commented by ひょう at 2006-10-14 10:13 x
イチ、ニ、サン、シンジラレナ~イ!!←マイブーム
もう誰にも止められない!かかってこいドラゴンズ!!
(球場へ行くのはあきらめました。あの異様な盛り上がりのなか、数時間も観戦できまっしぇん。大音響の中にいるのは苦手なのです)

さて、今日の記事です。
私の大好きな先生も似たようなこと言ってたなあ~。
http://plaza.rakuten.co.jp/topclassmeruma/diary/200610040001/

私はブログ持ってませんが、たいていこの周辺にいますので、ご用の際はここのBBSで「おーい」と呼びかけてくださいな。


Commented by sawayoshi45 at 2006-10-14 23:48
>tea*rose さん
自分を信じてもらうためには、まずは自分が相手を信じること。
これを忘れてはいけませんよね。

といっても、まだまだ力不足の私。
ホームラン狙いで、ブンブン振るのはいいのですが、
いつも「空振り三振」に終わる毎日でございます・・・。
素振りが足りないんでしょうか?(笑)
Commented by sawayoshi45 at 2006-10-15 00:10
>ひょうさん
あらら、ずいぶん気合入ってますねえ。
ひょうさんの気合にちょっとおされ気味のサワダでございます。(笑)
まあ、勝敗はともかく、お互い、いい試合を期待したいものですね。

素晴らしいブログを紹介していただき、ありがとうございました。
さっそく拝見させていただきました。
ひょうさんが棲息(?)しているのも、確認させていただきました。(笑)
そのうち、私も出没するかも知れませんので、そのときはよろしくお願いしま~す。
合い言葉は、「おーい」ですね!(笑)
Commented by soul_doctor2005 at 2006-10-15 21:54
確かに「全くやる気の無い子」というのはいないかもしれませんね。
指導者の方で何とかやる気を出せるようにしていかないといけませんね。それにはやっぱりほめてやることが重要ですよね。
それが分かっていながら、何だか叱る方ばかりに気持ちが向かってしまいます。
Commented by sawayoshi45 at 2006-10-16 00:55
> soul_doctor さん
そうですね。
褒めると叱るのバランス、
これは私たちにとっての永遠のテーマかも・・・・・


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強