バント職人

f0015391_2222419.jpg
担任がいじめの発端
これって殺人じゃあ・・・
大人気ないオトナが増えてきたような気がするのは、
私だけでしょうか? 



中日(元巨人)の川相昌弘選手が引退するそうです。
川相選手といえば、言わずと知れた「バント職人」。

自分を犠牲にして、走者を前に進める。
決して派手さはありませんが、
「ここ一番!」というときには、チームにとってはなくてはならない存在ですね。

そんな川相選手の勇姿をスポーツニュースで見ながら、
ふと、教育いう仕事も、「バント職人」に通じるところがあるんじゃないか、
そんなことを考えてみました。

塁に出ている走者が生徒。
その生徒たちが少しでも前に進めるために、こつこつ「バント」をし続ける。
自分が何度アウトになっても、とにかく走者を進めるための努力をし続ける。
それが私たちの仕事なんじゃないかという気がします。

教育という舞台の主役は、あくまで子どもたち。
子どもたちをホームに還すため、つまり、子どもたちの目的を達成させるために、
私たち大人の役割は、こつこつ「バント」をし続けることなのかもしれません。

まあ、たまには「ホームラン」で一気に還すということも、
ありえないわけではないでしょうが、その確率は極めて低いのではないかと思います。
それに、「ホームラン」ばかりでは、子どもより目立ってしまいますから、
これでは、どちらが主役かわからなくなってしまいますよね。

私は、教育に「ホームラン」は必要ないと思っています。
ヘタに過去に「ホームラン」を打ってしまったばかりに、
フォームを崩していらっしゃる方も、意外と多いのではないでしょうか。
いくら松井選手でも、毎打席「ホームラン」というわけにはいきませんよね。

でも、「ホームラン」は打てなくとも、
毎打席「バント」なら、努力次第でなんとかなりそうな気がします。

「バント」の技術を磨いて、確実に子どもを前に進めること。
私のように、めったに「ホームラン」を打つことが出来ない人間は、
川相選手までとはいきませんが、「バント職人」を目指すことが得策かもしれません。

ただ、皮肉なことに、実際の野球は「バント」だけでは、
ホームに還って来れないルールになっているんですよねぇ。
ホームに還すためには、少なくとも1本はヒットを打たなければいけません。
これが難しいところなんですが・・・。

あっ! でも、ヒットを打たなくても還ってくる方法がありました! 
生徒自身に「盗塁」させることでございます。

極力「バント」で送るようにはするけれど、最後は自分で走って還って来なさい!
少なくとも、相手投手のフォアボールでの「押し出し」を期待してはいけません!

とまあ、こんなところでしょうか。
う~ん、ちょっとたとえが強引だったかな・・・?
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-10-16 02:30 | 教育のこと | Comments(4)
Commented by くま塾長 at 2006-10-16 10:56 x
生徒自身が、ホームラン打てるようになれば最強ですが、それだけを望むのは無理ですね
こちらがバントをし続け、バントで進塁を会得させれば、最後はスクイズを決めることが出来ます
スクイズは、ランナーとバッターの共同作業ですから。

(昨日の日記、コメントしようとしたら長くなったので、メールさせていただきます)
Commented by tea*rose at 2006-10-16 17:49 x
「生徒に先生すごいって言われたい」って思ってたうちは青かったなぁと懐かしく思い出しながら読みました。

行って来い!あっしのことは忘れておくんなさい!

といいつつも、背中でちょっびっと泣いてみたい。腹巻の似合う寅次郎でござんす。
Commented by sawayoshi45 at 2006-10-16 23:10
>くま塾長さん
打線は水物。
ホームランバッターばかりを集めたチームが必ず勝つとは限らないというのは、
実際のプロ野球を見れば、よくわかりますよね。
ときにはスクイズで、ときには犠牲フライで、
ランナーを還すことも考えなければなりません。
ただ、スクイズにしても、犠牲フライにしても、
ランナー自身が全力で走ることが必須条件ですね。
Commented by sawayoshi45 at 2006-10-16 23:26
>tea*rose さん
あ~、わかるわかる!
あっしにも、そんな青かった時期があったでやんす。
いや、今でもまったくないとは言えませんが・・・(汗)

ただ、今では、自分で「ホームランをかっ飛ばす」よりは、
「生徒をいかに走らせるか」というのが重要だと思っています。
ホームランばかりじゃあ、生徒は走る必要ないですからね。

といいつつも、たまには誰もが驚く特大ホームランも打ってみたい。
腹巻がまわらない(?)サワ次郎でござんす。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 08月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強