「ほっ」と。キャンペーン

喜ぶのはまだ早い!落ち込むのもまだ早い!

f0015391_3514039.jpg
いよいよ日本シリーズ!
ドラゴンズの日本一、
1度でいいから見てみたい!
楽しみでございます。



「おかげさまで、成績が上がりました!」
「先生のおかげで、苦手だった数学が出来るようになりました!」

教える側の人間として、生徒や親御さんからこういったことを言われるのは、
正直嬉しいものですよね。

若い頃の私は、その言葉を真に受けて、
「もしかして、自分はいい先生かも・・・」と自己確認(勘違いor思い上がり?)し、
自己満足に浸っていることもよくありました。
(いや、今でもそういったことがないわけではありませんが・・・)

でも、点数や成績は水物です。
今回上がったからといって、次回も上がるとは限りません
それに、いくら努力を続けているからといっても、永遠に上がり続けることもあり得ません。

ほとんどの生徒は上がったり落ちたりを繰り返しながら、
総合的に落ち着くところに落ち着く、といった感じではないかと思います。

ですから、たった1度か2度のテストで「上がった!」と喜ぶのはちょっと気が早い話ですし、
教える側が、それを真に受けて調子に乗るのもどうかと思います。

特に指導者という立場であるならば、
生徒や親御さんと一緒になって喜んだり落ち込んだりするのではなく、
もっと長期的な目でモノを見る力が必要ではないかと思います。

「頑張れ、頑張れ!」と言うばかりでなく、
「たまには休め!」と言えるぐらいの心の余裕も、
指導者には必要なんじゃないか、そんな気もします。
(でも実際は、なかなか言えないんですけどね・・・)

テストで大切なのは、点数よりも中身。

同じ○でも、
本当にわかって出来た○、
何となく出来てしまった○、
テキトーに書いた答えが合ってしまった○・・・。

同じ×でも、
テキトーにやった結果の×、
考え方がちょっと違っていた×、
考え方は合っていたけど、最後の詰めで間違った×・・・、
さまざまですよね。

この違いは、ただ点数を見ているだけではわかりません。

そういった中身の違いに目を向けず、
テストがある度に、「上がった!」「落ちた!」と一喜一憂されていては、
子供もが落ち着いて勉強できなくなるのも無理のないことだと思います。

前回70点だったのに、今回は60点。
これじゃあ、塾に通わせている意味がない。
高い月謝を払っているだけ損じゃないか。

そう思う親御さんのお気持ちもよくわかります。
でも、たまたま今回のテストが前回より難しかったのかもしれません。
たまたま、そのテストを受けた時の体調が悪かったのかもしれません。

もちろん、成績を上げる、点数を取らせることが私たちの仕事ですから、
私がこういったことを言うのは単なる言い訳なのかもしれません。

でも、点数だけでは見えてこない、
もっと深いところで、
そして長期的な目で、
子どもを見ることも、大切なような気がします。

「本当に大切なものは目には見えない」といった言葉もありますからね。

でも、これってやっぱり言い訳でしょうか?
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-10-21 04:03 | 勉強のこと | Comments(2)
Commented by オバまま at 2006-10-22 00:32 x
お久しぶりです。
そちらはすっかり寒くなってるんでしょうか?
風邪などひかれませんように・・・

点数は本当に水物ですよね。 一喜一憂してたらダメ! そうですよね。
そして中身が大切というのもよくわかります。
ただ親の立場としては、やはりある程度の結果が欲しい、
定期テストでは特に点数が欲しいのが事実です。
ある程度丸暗記でも、先生がかけてくれたヤマが当たったでもいいんです。
それが親の本音ではないでしょうか?
もちろん長い目で見て本当の実力をつけていかなければならないことは
よく理解していますよ。
でも長い目で・・・と言って気がついたら高3だった。。。ではどうにもならないわけで。

本音を言えば「定期テストでは点数を取り、実力もしっかりつける」
といったところでしょうか?
そんな理想的な子はいないんですけどね。  笑


うまく書けないのに長くなってしまいました。すいませんm(_ _)m

Commented by sawayoshi45 at 2006-10-22 01:14
>オバままさん
こんばんは。
ハイ、札幌はメチャクチャ寒いです!
明日は雪が降るところもあるとかないとか・・・
体調のほうはまったく問題ないんですけどね。

>ただ親の立場としては、やはりある程度の結果が欲しい、
定期テストでは特に点数が欲しいのが事実です。

ホント、その通りだと思います。
私もこんなことを書いてはいますが、
子供に自信をもってもらうためには、まずは結果を出して・・・
といった方法を取ることがやはり多いですね。

ただ、生徒も私も、実力がついたうえでの点数なのか、たまたまの点数なのか、
その見極めが大切なんじゃないかと思っております。

まあ、オバままさんのおっしゃる通り、
実力がついたうえで、点数も自然に上がっていくことに、越したことはないですけどね。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強