子供がウソをつく理由

f0015391_352545.jpg
勉強の天敵。
受験の天敵。
子供の天敵。
そして、私たちの天敵。
PS3が発売。
誰も買ってないだろうなあ・・・




息子の私が言うのも何ですが、私の母はしっかり者。
仕事も家事もほぼ完璧にこなすような人でした。
ただ、それだけに他人にも厳しい人。
実家で一緒に暮らしている兄嫁が、今はその犠牲になっているようです。(笑)

一方、今は亡き私の父はのんびり屋。
仕事に関しては一生懸命でしたが、それ以外は何もしない人。
休みの日は家でゴロゴロ。
父が母に叱られている姿は、我が家ではよくある光景でした。(笑)

そんな両親のもとで育った私は、母によくウソをつきました。
母の前では「良い子」を演じていました。

それはなぜか。
母が怖かったからです。
しっかり者の母は、私にとって自慢の母でもありましたが、同時に怖い存在でもあります。

母の前では、「だらしない自分」を見せるわけにはいかない。
そんな思いが強かったのだと思います。

母が嫌いだったわけではありません。
いや、むしろ好きだったからこそ、嫌われたくないためにウソをついていた、
そんなところではないかと思います。

逆に、父の前でウソをつくことはありませんでした。

それはなぜか。
ウソをついてまで「良い子」になる必要がなかったからです。

父には、「ありのままの自分」を見せても平気。
そんな安心感があったからだと思います。

ですから、父にはよく反抗もしていました。
「反抗しても大丈夫」という安心感からだと思います。
「反抗は信頼の証し」でもありますからね。


ウソをつくのはいけないこと。
確かにその通りです。
でも、ウソには必ず理由があると思います。

相手を騙すためのウソ、
自分を守るためのウソ、
友達を守るためのウソ、
親を守るためのウソ・・・、

ウソをつくこと自体を責めるよりも、
子供が何のためにウソをついたのか、
そこを見極めることが大切ではないでしょうか。

あっ、でもこうやって書いてくると、
何だか自分の母を悪者にしているみたいで、
自分で書いていながら、あまりいい気分ではないですね。

私は決して母を憎んでいるわけではありませんので、
そのへんは誤解しないでくださいね。

最後に母の名誉を挽回させて、終わることにしますか。

しつけに関してはいろいろ厳しかった母ですが、勉強に関しては無頓着。
勉強に関してだけは、母から口出しされたことは一度もありませんでした。

それはきっと自分に学歴がなかったからだと思いますが、
自分に出来なかったことを子供に押し付ける。
そういったようなことは、一切ありませんでした。

勉強に関しては、「私はバカだから・・・」といつも逃げられていたような気がします。(笑)

これが教育的に正しいかどうかはわかりませんが、
しっかり者の母の唯一(?)の欠点。
私にとっては、それが逆に救いだったような気がします。

子育てに、親が完璧である必要はどこにもない。
そんな気がします。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-11-14 03:10 | 教育のこと | Comments(2)
Commented by オバまま at 2006-11-15 22:24 x
私も親にいっぱい嘘をつきました。
帰宅時間のこと、一緒に遊んでる友の事、行き先の事・・・
数え上げたらキリがありません。
どれもたいした嘘ではなく、本当のことを告げても問題がなかったかも
しれないのですが
「遊ぶ」 ことを知らない両親は喫茶店でお茶を飲む事すら
「ダメだ」と言うような人でした  (存命です。念のため)
それでも高校までは学校帰り5時、大学は6時(後に変更させましたが)
外泊は禁止、旅行は毎晩行き先のホテルに電話がかかる、
と言う状況はいちおう受け入れていましたからまだいい子だったのかも。

今でもうるさいですがこの頃はそのうるささもピントがずれてきて
少し悲しくなる事があります。

今親になって子供に嘘をつかれて叱る事がよくありますが
そんな時は「私がうるさいから嘘をつくのかな?」などと考えて
しまって悲しくなる事もあります。
そして今思う事は許容できる嘘と絶対ついてはいけない嘘を
教えるのも親の仕事ではないかということです。
そして絶対ついてはいけない嘘には毅然とした態度で接していきたいと
思っています。
Commented by sawayoshi45 at 2006-11-15 23:34
>オバままさん

ずいぶんと厳しい親御さんだったんですね。
オバままさんの御両親に比べたら、
私の母の厳しさなんて、まったく問題になりません。
それを「厳しい」と思っていた私が、まだまだ「甘ちゃん」でした、はい!(笑)

>今でもうるさいですがこの頃はそのうるささもピントがずれてきて
>少し悲しくなる事があります。

あぁ、その悲しさ、何となくわかるような気がします。
大人になると、あの「うるささ」も懐かしく感じてしまうものですよね。
「うるさいなあ」と思うと同時に、
「いつまでもうるさい親でいて欲しい」という思いも、子供にはあるんでしょうね。

>そして今思う事は許容できる嘘と絶対ついてはいけない嘘を
>教えるのも親の仕事ではないかということです。
>そして絶対ついてはいけない嘘には毅然とした態度で接していきたいと
>思っています。

そうですね。
「許されるウソ」と「許されないウソ」
その区別は、しっかり教えておく必要はあるかも知れませんね。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2015年 04月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強