「ほっ」と。キャンペーン

進路指導

f0015391_0363722.jpg
松坂投手大リーグ移籍。
それにしても60億って・・・
シンジラレナ~イ!!




センター試験まで残り2か月。
高校入試まで残り3か月。
いよいよ受験シーズン到来、といったところですね。

「どこの学校を受験するべきか」
「自分に合った学校ってどこ?」
「この成績で、本当に志望校に合格出来るんだろうか?」
生徒や親御さんの不安や悩みは尽きませんよね。

そんな生徒や親御さんには大変申し訳ないのですが、
私は今まで「進路指導」なるものを行ったことは一度もありません。
(これからもするつもりはありません)

もちろん、
「○○高校に行くためには○点ぐらいが必要だから、これぐらいの努力が必要だよ」
といったアドバイス程度のことをすることはありますが、「指導」はしません。
志望校は本人が決める、それでいいと思っています。

偏差値60の生徒が、
「サッカーを頑張りたいから偏差値50の高校を受けたい」
「おぉ、いいじゃん! その代わり、サッカー死ぬ気で頑張れよ!」

偏差値50の生徒が、
「どうしても行きたいから、ダメもとで偏差値60の高校を受けたい」
「おぉ、いいじゃん! これから相当頑張んなきゃいけないとは思うけど・・・」

これじゃあ、「指導」なんて言える代物ではありませんよね。(笑)

ちょっと乱暴な言い方かも知れませんが、
教え子たちがどこの学校に行こうが、私にはどうでもいいことです。

もちろん、それぞれの志望校に合わせた受験対策なども行っていますが、
問題は、合格か不合格かではありません。

志望校に向けて自分が何をしたか、
自分がどれだけの努力をしたか、
私が生徒を評価するのはそこだけです。

偏差値65の高校であっても、
何もしないでたまたま受かった結果であれば、さほどの価値はありません。

逆に、偏差値45の高校であっても、
本人が一生懸命努力した結果であるならば、十分価値のあるものだと思っています。

ですから、私には「指導実績」はありますが、「合格実績」はありません。
「合格実績」とは、私の「実績」ではなく、生徒の「実績」。
それを横取りしてはいけません。
部下の手柄を横取りするような上司は嫌われますからね。

少しばかり偏差値の高い学校に受かっただけで、自分をエリートだと勘違いする子供たち。
少しばかり偏差値の低い学校に通っているというだけで、自分を卑下する子供たち。
そして、それを助長するような発言を繰り返す大人たち。

そんな世の中が続く限り、いじめ問題などが解決するわけがない。
私はそう思っています。

学歴は学歴でも、大事なのは「学校歴」よりも「学問歴」。

目標に対して自分がどれだけの努力をしたのか、
そして、その中で自分が何を学んできたのか、
そちらのほうが大切であることを子供たちには伝えていきたい、
そう思っています。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-11-16 00:44 | 自分のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強