たかが成績・・・

f0015391_027183.jpg
今さらながら、「24」にハマッてます。
続きが気になって仕方がありません。
少々寝不足気味のサワダでございます。




私が今まで受け持ってきた生徒たちは、みな地域も学校もバラバラです。
同じ札幌市内でも、街の中心部に住む生徒もいれば、郊外に住む生徒もいます。
隣の市に住んでいる生徒もいます。

そんな子供たちの成績を見てよくわかることは、
「通っている学校によって、成績というのはまったく違う」
ということです。

まあ、当たり前といえば当たり前のことなんですが、
多くの親御さんは自分の子の成績しか知る機会がありません。
そのため、どうしても目に見える成績だけに気持ちがとらわれがち、
そんな気がしないでもありません。

私から見て、同じような実力の持ち主でも、
通う学校によっては、4にもなるし5にもなります。
(私の目が確かかどうかは定かではありませんが・・・)。

転校したとたんに、オール5からオール4に、またはその逆のケースもあります。
なかには、先生への「機嫌取り(?)」がうまいかそうでないかで、
同じ実力でも成績はまったく違ってくる、といった話もよく聞きます。

まあ、これが真実かどうかは別として、
言ってみれば、学校の成績とは、その程度のものでしかないということです。

「絶対評価」ではあっても、「絶対的な評価」ではないということです。

評価する先生も、決してパーフェクトな人たちではありません。
私たちと同じ、未熟な人間です。(学校の先生、すいません・・・)

評価する人によってコロコロ変わる、
そんな学校の成績に自分の人生が左右される、
考えてみれば、バカらしい話ですよね。

もちろん、「成績を上げる」ために努力するのは、素晴らしいことです。
それを応援するのが、私の仕事でもあります。

ただ、その一方で、心のどこかに「たかが成績」といった感覚を持つことも、
私たちには必要だと思います。

「成績を上げる」ことだけに、意識が偏ってしまうと、
もっと大切なものを見逃してしまう可能性があるんじゃないか、
そんな気がします。

神戸で、中2の生徒が父親を刺すという事件がありました。
まだ詳細はよくわかりませんが、
報道によると、学校の成績のことで口論になったとのこと。

たしかに子供にとっても親御さんにとっても、
学校の成績は重要な位置を占めているのはよくわかります。

でも、「たかが成績」に、命を懸けるほどの価値、本当にあるんでしょうか?

学校の成績は、その人の評価の一部に過ぎません。
人生は、学校を出てからのほうが圧倒的に長いということ。
私たち大人は、それを子供たちに伝える義務があるんじゃないか、
そんな気がする今日この頃でございます。

う~ん、それにしても、
「勉強は大切だ!」と言ってみたり、「たかが成績」と言ってみたり・・・、
私の文章、矛盾だらけですね。(苦笑)
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-12-07 00:34 | 教育のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強