お母さん、約束は守りましょう!

f0015391_23422528.jpg
ついに来た。
今まで溜まっていた分が、
一気に来た感じ。
ドカ雪でございます。



「今頑張って合格さえすれば、あとはラクしてもいいから・・・」

そう言って、子供を毎日塾に通わせ、中学受験をさせたお母さんがいました。
その子は、親のその言葉を信じて頑張り、母親の望む中学に見事合格しました。

お母さんと子供は大喜びです。
でも、同じ喜びでも、お母さんと子供では喜びの中身が違いました。

お母さんは、「これで我が子も有名中学の生徒の一員になれる」という喜び。
子供は、「ようやく苦しみから解放された、これでラクが出来る!」という喜びです。

子供は、お母さんとの約束どおり(?)、
合格したとたんに勉強をやめ、ゲーム三昧の日々を送りました。
当然、成績は下降の一途です。

見るに見かねたお母さんが言いました。
「あんた、この成績でどうすんの? 少しは勉強してよ!」

その言葉を受けて、子供は言い返しました。
「『合格さえすればあとはラクしてもいい』って、お母さん言ったじゃん!」と。

このお母さん、
「あんなにお金をかけたのに、どうしてこんなことに・・・」と、
しきりに嘆く毎日が続きましたとさ・・・。

さて、この場合、勉強しなくなった子供が悪いんでしょうか?
それとも、その場しのぎの約束をしてしまったお母さんが悪いんでしょうか?

何だか身内の恥をさらすようで、気が引けたんですが、
実はこれ、東京に住む私の叔母の家であった実話でございます。
お母さんというのは私の叔母、子供というのは私の従弟ということになります。

この話を聞いた私の母は、
「それはヘンな約束をしたアンタが悪い!諦めなさい!」と一笑に付しました。

いつも母とぶつかってばかりの私も、
この時ばかりは珍しく母と意見が一致しました。(笑)

もし、どうしても子供に勉強して欲しいと思うなら、
自分の過ちを認めて、子供に謝る必要があります。
それがイヤだったら、諦めるしかありません。
自分で蒔いた種は、自分で刈り取るしかありませんから・・・。

自分の過ちを認めず、
さらに子供に勉強を強要するというのは筋違いというものです。

勝手にお金をつぎ込んでおいて、勝手に失望。
これも子供にしてみれば、いい迷惑ですよね。

この場合、何よりもスタートの段階で間違っていると思います。

人生において、「これこれをしたら、ラクが出来る」ということは、まずあり得ません。
ひとつのハードルを乗り越えると、さらに高いハードルが待ち受けています。
受験は、そのハードルのひとつに過ぎません。

受験さえ乗り越えればラクが出来る人生なんて、あるわけがありません。
大人には、それを子供に教える義務があると思います。

3年間も子供を預かっておいて、
子供たちに、そんな当たり前のことも教えてこなかった塾にも、
私はちょっと腹が立ちました。

さらにちょっと気になったので、私は叔母に尋ねてみました。
「そもそもなんで受験させたの?」と。

そのとき返ってきた言葉は、
「だってこの辺はみんな受験するんだから・・・」でした。
たしかに受験過熱地区ではあったようですが・・・
やはりスタートの段階で、間違っていたとしか思わざるを得ません。

中学受験を否定したい気持ちはまったくありません。
でも、その目的を見誤ってはいけないし、守れない約束はするべきではありません。

「どうせ子供だから・・・」と、その場しのぎの約束で安易に子供を操ろうとするのは、
あとで、とんでもない悲劇をもたらす可能性も高いと思います。

人間は、自分にとって都合の悪いことはすぐに忘れますが、
自分にとって都合のいいことは、いつまでも覚えているものですからね・・・(笑)

ちなみにこの叔母、普段は決して「教育ママ」ではありません。

私が大学受験に向けて勉強をしているときは、
「そんなに勉強してどうすんの? 勉強だけが人生じゃないよ!」と諭してくれたし、
私が第一志望の大学に落ちたときは、
「大学なんて、どこに行っても同じだよ!」と励ましてもくれました。

今となっては、その叔母も、
「あのときの私はどうかしてたんだよね」と、笑い話になっていますが、
そんな人でも、やはり我が子のこと、そして周りの環境によっては、
冷静な判断力を失ってしまうこともあるということなんでしょうね、きっと。

環境って恐ろしいものですね。

まあ私の場合は、北海道でのんびり教えているほうが性に合っている、
そんな気がいたします。(笑)


(追記)
この叔母、私にとっては、とってもいい叔母さんであり、
もちろん今も仲良くさせてもらっております。
だからこそ、自分の過ちを包み隠さず話してくれたんだと思うし、
私もこうやって書くことが出来ました。

ですから今回の記事は、
決して叔母に対する悪意でもって書いたわけではありませんし、
中学受験を否定したいわけでもございません。
みなさん、誤解しないでくださいね!
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-01-10 00:00 | 教育のこと | Comments(2)
Commented by tea*rose at 2007-01-10 11:07 x
なんだか、「競争を煽る洗脳」というものの本質を見た気がいたしました!!政府も社会もどこかでそんな風に子供たちに嘘の約束をしているようにも見えました。
「いい大学に入りさえすれば、あとはばら色」なんてことはない!!

そんな過酷な社会であることを、しっかり教えながら育てていける大人になりとうございます。
Commented by sawayoshi45 at 2007-01-10 22:37
>tea*rose さん

「洗脳」というと、何だか恐ろしい感じがしますが、
考えてみれば、私たちだって、きっといろんなものに「洗脳」されてきたでしょうし、
教育という名の下で、子供たちを「洗脳」していると言えなくもありませんよね。

それだけ責任の大きい仕事をさせて頂いているということ、
しっかり自覚して、私も生きていきとうございます。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2015年 04月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強