自慢日記

f0015391_0374194.jpg
今日はホワイトデーだったらしい。
バレンタインデーにかこつけて、
自分で買ってきたチョコを自分で食べ、
ホワイトデーにかこつけて、
自分にご褒美を買ってくる妻。
こんなんで、いいんでしょうか?




数学「51点」。

我が子がこの点数を取ったら、あなたならどう思いますか?

もちろん、学校によって問題のレベルもまちまち。
一概に点数だけで判断できるものではありませんが、
一般には決して褒められる点数ではないかも知れませんね。

ただ、1年間ずっと0点とひと桁を重ねてきた生徒の結果だとしたら、
いかがでしょう?

特定の生徒に関することは、
なるべく書かないようにしているんですが、
今日はあまりにも嬉しい出来事があったので、
「自慢日記」、どうかお許しくださいませ。

彼と出会ったのは今年の1月。

このままでは進級すら危ないということで、
昨年の暮れ、ご依頼を頂きました。

本人も「何とかしたい」という気持ちはずっとあったそうですが、
教科書を見たところで、「宇宙語」の羅列にしか見えない。(笑)
そんな状態からのスタートでした。

次の定期テストは2ヶ月後。
与えられた時間は、週1回3時間のみ。

正直あまり自信がなかったんですが、
彼は、彼なりに必死でついてきてくれました。

その結果が「51点」です。

手前みそではございますが、
とても価値のある「51点」だったと思います。

彼が、これをきっかけにさらに上を目指したいと思うか、
それとも、ここで満足してしまうかはわかりません。

さらに上を目指したいと思うのであれば、それなりの指導をするし、
このままでいいと思うなら、やはりそれなりの指導をするまでです。

「今度は70点を目指せ!」と言うのは簡単ですが、
それはこちらのエゴに過ぎませんからね。
そのへんは、彼の判断に任せたいと思っています。

ひとりで出来る生徒は、ひとりでやるのが一番です。
塾で伸びる生徒は、塾を利用すればいいと思います。
やる気があって基礎学力がある生徒は、どんどん上を目指せばいい。

でも、その陰で、何をどうしていいかもわからず、
苦しんでいる生徒がいるのも事実です。

もちろん、
「どんな生徒にも対応できる」なんておこがましいこと、
口が裂けても言えません。

でも、そういった生徒が少しでも自信を持って、
学校に通えるお手伝いが出来ればいいかな。
この業界における自分の役割はそこにあるのかな。

な~んて、
ちょっと調子に乗ったことを考えてしまった1日でした。

何日か前に「謙虚でいたい」なんて記事を書いておきながら、
今日はこの有り様。
まったくどうしようもありませんね。(苦笑)

でも、それだけ嬉しい出来事だったということで、
今日だけは、どうかご勘弁くださいませ。

というわけで、勉強でお困りの方、
詳しくはコチラで。(←結局は宣伝!)


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-03-15 00:26 | 家庭教師のこと | Comments(2)
Commented by オバまま at 2007-03-15 17:38 x
良かったですね!
先生の力のなせる技ですね。
お気持ちとてもよく解ります。バンザイしたいくらいうれしい事ってありますものね。

先生がこちらにいてくださったら・・・いつも読ませていただいてそう思っています。
コチラ をクリックしてもとてもそこまでは通えません。 笑
飛行機で1時間以上ですから・・・

子供が英語が出来なくて・・・暗記も苦手だし、理解もイマイチかもしれません。
私も英語が出来ず苦労したので子供にだけはと個別塾に行かせたのですが、そこでは結構出来ているようなのに、学校のテストになるといつも平均の15~20点下しか取れません。
塾で何度テストしても書けていたスペルを間違っていたり、ありえないミスをしているようです。
本番に強い子なので、英語に関してのみ自信をなくしてるのかなぁ・・・と思うのですが。
どうしてやれば良いのか、頭を痛めています。

なんだか相談になってしまいました。ごめんなさい。
Commented by sawayoshi45 at 2007-03-16 00:14
>オバままさん

いえいえ、私の力なんかではなく、生徒の努力の賜物です。(←偽善者っぽい?)

英語が苦手なお子さんのほとんどは、読むのが苦手なはずです。
教科書をスラスラ読めるようになるまで、
しつこいくらい読んで「音読力」を身につけましょう!
まずは教科書を読み込んで、英文の感覚をつかむ。
それだけで、点数は少しアップすると思います。
いちいち日本語に訳さなくても、
読みながら、文章の内容(状況)を頭に描けるようになれば、さらに点数アップ!
仕上げは文法。
でも、音読で英文の感覚がしっかり身についてさえいれば、
文法はわりとすんなり入ってくるはずです。
あとは問題集で練習すれば鬼に金棒!
あっという間に、お子さんも「英語大好き人間」の仲間入りです!

と、言うのは簡単ですが、実際はそう簡単にはいきませんよね。
まずは、毎日10分でいいので、
「声を出して読む」習慣をつけるようにしてみたら、いかがでしょうか?

ところでオバままさん!
どこかに、「どこでもドア」を売っているお店、ご存知ありません? (笑)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強