立場の違い

f0015391_042920.jpg
9試合を終えて、7勝2敗で首位。
さすが我がドラゴンズ!
上々の出だしでございます。
今年こそ日本一ですな!!



必死で勉強し、ある程度の学歴と地位を得た人は、
勉強が出来ないのは、単に努力不足が原因だと言います。

そして、子供たちの言葉に耳を傾けることもなく、
「やれば出来る、出来ないのはやってないだけ」と決め付けます。

それは暗に、
「自分はそれだけ努力してきた人間だ!」
と世間に主張しているかのように私には感じます。

また、過去にそれなりの苦労を経験してきた人は、
「今の子供たちは根性がない」と言います。

自分が経験してきたほどの苦労を知らない。
だから今の子供たちは「根性なし」だと決め付けます。

今の子供たちには、
今の子供たちなりの苦労があることを考えようともしません。

これも暗に、
「自分には根性がある!」
と主張しているだけのことのように聞こえます。

私も含めて人間は、
自分の経験を基準にして物事を判断しがちです。

自分より努力していそうな人は「頑張っている人」。
自分より努力していなさそうな人は「頑張っていない人」と。

でも、頑張りの基準は人それぞれです。

「○点取れたから頑張った、取れなかったから頑張っていない」
「○時間勉強したから頑張った、してないから頑張っていない」
「○○大学に合格したから頑張った、不合格だったから頑張っていない」

そんな基準があるわけではありませんよね。

プロ野球、草野球、高校野球、少年野球では、
それぞれ頑張りの基準はまったく違うはずです。

少年野球を楽しもうとしている子供に、
プロ野球の厳しさを教えようとしても無理というものです。
もともと目的が違うんですから・・・。

舞台は「主役」「脇役」「観客」がいて初めて成り立つものです。

脇役がいなければ、主役は引き立ちませんし、
観客がいなければ、舞台自体が成り立ちません。

みんなが主役になろうとしても無理ですし、
みんなを主役にしようとしても無理でしょう。
(最近の学芸会には主役が何人もいるそうですが・・・苦笑)

主役には主役なりの人生。
脇役には脇役なりの人生。
観客には観客なりの人生があります。

主役も脇役も観客も、
お互いがお互いの「立場の違い」を理解し、
お互いを尊重しあうことが大切なんじゃないかと思います。

そして、それを子供に伝えていくことも、
私たち大人の役目なんじゃないかと思います。

「我が子(教え子)を世間の主役に育てたい」

「親の立場」「教える立場」としてのその気持ちは私にもよくわかります。
でも、当の子供が本当にそれを望んでいるかどうかは別問題。

「親の立場」「教える立場」を主張するのもいいですが、
「子供の立場」を理解する努力も怠らないよう、
気をつけたいところですね。

う~ん、それにしても最近はネットが普及したせいか、
子供も大人も、ブログで自己顕示と我が子自慢の雨あられ。

やたらと「主役」になりたがる方が、
見受けられるような気がするんですが・・・
これも気のせいでしょうか?

まあ、そう言う私も、
傍から見れば、そのひとりなんでしょうけど・・・(苦笑)


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-04-10 00:21 | 教育のこと | Comments(2)
Commented by tea*rose at 2007-04-10 08:47 x
いやー、主役がたくさんいる時代ですかー!!困ったもんですなー。
私の教室の運営基盤に、もちろん私に対する自己愛の表現があるのも事実ですけどね。

いろいろ経験してみて、社会の中の自分の位置づけを知ることは、痛かったりもしましたけどね、でも、そこでほんとに冷静になることって、真のやる気をはぐくむ基礎にもなるんですよね。

意外によく見えることなんですけどね、子ども達って意外に早くにいろいろわかっていて、親よりも謙虚なところがあったりするんですよね。

親のほうが「うちの子世界一」!!なの、素敵だけど、ちょっとずれてるんだぜいってことを気づかせてしまうときに、難しいなぁっと思うことよくあります。←あれ?漠然としすぎてるけど、わかるかしら??

親が子どもに過剰に希望を持ちすぎたり、一つ気に入らない点があると100%絶望したり・・・あれ、これって社会のいろんな場面の問題点ですよね??
Commented by sawayoshi45 at 2007-04-10 23:24
>tea*rose さん

「勝手に期待、勝手に失望」といったところでしょうか。
「0か100か」という人生は、ちょっと危険すぎますよね。(笑)

主役はひとりで十分!
生徒会長が30人もいる学校がうまくいくわけがありませんよね!(笑)

大事なのは、主役だろうが脇役だろうが観客だろうが、
自分の立場を客観的に把握し、人生を全うすること。

現代人は、もっと「中庸の精神」を学ぶ必要があるかも知れませんね。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強