おともだち

f0015391_0382963.jpg
アメリカで銃乱射。
長崎でも銃撃事件。
何だか恐い事件が続きます。
銃なんて、なくなればいいのに・・・。



「子供が好きか嫌いか?」と問われれば、
「まあ、好きなほうかな?」とは答えますが、
全面的に「子供大好き!」といった雰囲気は出さないようにしています。

勉強以外のことで、生徒から何か質問されたときは、
下手な演技で、ちょっと面倒臭そうに答えるようにしていますし、(笑)
授業以外のことで、こちらから生徒に連絡を取ることもありません。

まあ、生徒の側からすれば、授業以外の日まで、
こんな「おっさん」と話はしたくないでしょうけど・・・(笑)

大学生の頃に、塾講師のアルバイトをしていましたが、
私はそのときに、大きな失敗をしました。

それは、生徒と「おともだち」になってしまったことです。

教えていたのは、中学生。
当時の私は20歳になるかならないか。
年齢的には、さほど差はありません。

そのため、私はどこか「ノリ」で授業をやってしまうところがありました。
生徒からすれば、「ノリのいい先生」、そして「ラクな先生」です。

生徒は「ラクな先生」の言うことなんか、真剣に聞きません。
聞かなくても、恐くないからです。

ただ、言うことは聞きませんが、何かと近寄っては来てくれます。
ちょっと解らないところがあれば、「先生教えて!」
そして休憩時間になると、「先生ちょっと来て!」と。

そんな「おともだち」の関係を、
「自分は生徒に慕われている良い先生」だと勘違いしていました。
学生先生がやってしまいがちな、典型的な失敗例ですね。

「まあ、そのときは所詮学生だったから・・・」、
といった言い訳をしたい気持ちもないわけではありません。

でも、親御さんからすれば、
「プロの先生の授業」だろうが「学生先生の授業」だろうが、
おなじ月謝を払っているわけですからね。

そう考えると、当時の子供たちとその親御さんには、
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでございます。

あっ、といっても、
「学生先生がダメ」と言っているわけではありませんので誤解しないでくださいね。
学生先生の中にも、
今の私なんかよりずっと優秀な先生はたくさんいると思いますから・・・。

そんな過去の失敗もあって、
私は生徒とは、なるべく「おともだち」にならないよう、
心がけるようになりました。

授業の日以外で生徒と会うこともありませんし、
メールのやり取りすら、ほとんどすることはありません。
それでも、生徒との関係は良好だと自分では思っています。
(↑これも勘違いかも知れませんが・・・笑)

「人間関係は腹6分でちょうどいい」と申します。
先生と生徒の関係も同じだと思います。

離れすぎず、近寄りすぎず、
適度な距離を保ちながら付き合うのが大切。
近寄りすぎるのは、あまり良いことではないような気がいたします。

まあ、あのときの教え子たちも、
今となってはもう30過ぎた「おっさん」「おばさん(おねえさん?)」。

今は何をしているかも全くわかりませんが、
きっと、「お父さん」「お母さん」になっている人もいるんでしょうね。

「彼ら(彼女ら)の子供に教える日がいつかくるかも・・・」
そんな夢見る36のオヤジでございやす。(笑)


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-04-18 00:44 | 教育のこと | Comments(6)
Commented by soul_doctor2005 at 2007-04-18 00:57
前回の記事にコメントを書いていたらその間に更新なさっていたようで、間髪入れず書き込みです。
私も塾の教室以外では生徒と会いません。会いたくないです。
職場では自分なりに自制して、塾の指導者を演じている部分がありますので、それ以外で会うのはちょっと嫌だなあと感じてしまいます。 サワダさんのおっしゃる通り「適度な距離を保ちたい」と思っているのです。

新人の頃は「子どもたちに人気がある」ということを「いい指導者だ」と錯覚していたところが有ります。やっぱり嫌われたくなくて人気取りに走っていた部分が多々有ります。そういう意味ではまだアマチュア気分だったのかもしれません。「今はプロなのか?」と聞かれたら困るのですが…。
Commented by sawayoshi45 at 2007-04-18 01:27
>soul_doctor さん

「速攻書き込み」、ありがとうございました。(笑)

若い頃って、どうしても「人気取り」に精を出してしまうものですよね。
本当は生徒になめられているだけなのに、
それで自分を「人気のある先生」だと勘違いする。
私も、それで何度も失敗したことがあります。
いや、今でもそういったところがないわけではありませんが・・・(苦笑)

う~ん、「アマチュア」と「プロ」の区別。
わかるようで、わからないような・・・。
Commented by モニママ at 2007-04-18 09:58 x
親も同じだと思います。
「うちのお母さんお友達みたいだもん!」とうれしそうに話す子どもは、私の子ども時代ぐらいから現れ始め、今はそんな母親が普通に闊歩。
私は大反対!子どもと一緒ではだめなんだと思うんです。
親は子どもを導かねば。(逆も多々あるけど)
親は親、先生は先生、子どもは子ども。
その区別はしっかりしっかりしていくほうがいいと思っています。
大人になった今でも自分を叱ってくれる人は大事にしたいものです。
Commented by tea*rose at 2007-04-18 17:16 x
きつく叱ってしまったとしても、めんどくさそうにしたとしても、「この人はいざというときに僕の味方だ」と思われていられるような、そんな立派で境界線のはっきりした人間になりとうございます・・・。
Commented by sawayoshi45 at 2007-04-18 23:24
>モニママさん

お久しぶりでございます。
最近は「ともだち親子」どころか、「親子逆転現象」まで起きてますね。
「王子様」「お姫様」が巷に溢れて、もう大変でございます。(笑)

私も「大人は大人」、「子供は子供」というように育てられたので、
モニママさんのお気持ち、よくわかります。
おかげで、相手が年上だというだけで、いまだに緊張してしまいますが・・・(笑)
Commented by sawayoshi45 at 2007-04-18 23:25
>tea*rose さん

私もそんな人間になりとうございます。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 08月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強