とどめは刺さない

f0015391_0131758.jpg
漢字の苦手な子供が増加
ってことですが、大人はどうなんでしょう?
私も最近はパソコンばかり使っているせいか、
徐々に感覚が鈍ってきているような・・・
気をつけなくちゃ!


教える立場にいる私にとって、
最大の弱点(?)は、「子供がいないこと」です。

親御さんを前にして、いくら偉そうに語ったとしても、
「子供を育てたこともないあなたに何がわかるの?」と言われたら、
返す言葉はありません。

まあ、唯一対抗できる言葉があるとすれば、
「私は今までたくさんの子供を教えてきました」
「じゃあ、教えたこともないあなたに何がわかるんですか?」
といったところでしょうか?

でも、私はそういった言葉は使わないようにしています。
それは「売り言葉に買い言葉」ということにもなるでしょうし、
言ってみれば、「とどめを刺す」ことになるからです。

塾に勤めていた頃、ちょっと生意気な生徒がいました。
まだ中学生なのに、世の中のことを何でも解ったような口ぶりです。

調子に乗った彼の言動に腹を立て、
「働いたこともない世間知らずのくせに・・・」
私はついそんな言葉を吐いてしまったことがあります。

その時、彼の口から返ってきたのは、
「世間知らずは当たり前じゃん!まだ中学生なんだから・・・」
という言葉でした。

「なるほど、たしかにその通りだな」と、
思わず納得してしまった私です。(笑)

ただ、その子が負けん気の強い生徒だったから良かったものの、
もし気の弱い生徒だったらどうなっていただろうか、
そう考えると、自分の軽はずみな発言がとても恥ずかしくなりました。

相手にとってどうしようもないことで、相手を責め立てるのは、
ある意味、「とどめを刺す」ことです。

強い立場にいる人間が、弱い立場の人間に「とどめを刺す」。
これは単なる「いじめ」です。

私たち大人は、
子供同士の「いじめ」には敏感になっていますが、
自分らが子供にしている「いじめ」には、
なかなか気づかないものです。

「誰のおかげで食べられると思ってるんだ!」
「誰が今までお前を育ててやったと思ってるんだ!」

子供に向かって、ついこんな言葉を吐きたくなることってありますよね。

でも、それは子供に「とどめを刺す」ことです。

「とどめを刺された」子供は、どうしようもなくなり、
「好きでこの家に生まれてきたわけじゃない!」と言い放って、
家を出て行ってしまうかも知れません。

いや、家出で済むなら、まだいいほうでしょうか?

大人だろうが子供だろうがお互い感情を持った人間同士。
たとえ親子であっても、ぶつかり合うのは当然のことです。

でも、以前にも書きましたが、
子供には「逃げ場」を作っておいてやること。

そして、最悪の結果を招かないためにも、
「とどめは刺さない」ことが大切だなって思います。


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-05-09 00:16 | 教育のこと | Comments(4)
Commented by ママレモン at 2007-05-09 09:52 x
こんにちは。
実は以前から素敵なブログだなあ、と
ちょくちょく覗かせていただいてました。
今回の記事も共感いっぱいの内容です。
教師は生徒より立場が上、という感覚的なものから
ついつい生徒を言葉で追い込んでしまうことってあります。
無意識に「とどめを指してしまう」という行為、こわいですね。
自分も含めてですが、
大人だからこそ、真剣に考えていきたいことだと思いました。
Commented by sawayoshi45 at 2007-05-10 00:06
>ママレモンさん

こんにちは。はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。

悪意のない「いじめ」ほどタチの悪いものはありませんよね。
事が起こってから、「そんなつもりじゃなった」と弁解しても後の祭り。
私も気をつけたいです。

それでは、また遊びにいらして頂けたら嬉しいです。
これからもよろしくお願い致します。
Commented by tea*rose at 2007-05-10 14:44 x
同じく子どもがいない私も、そうであるからこそ、サワダ先生がおっしゃる大切な部分がわかるようになったと思います。

親が子に放つ残酷な「とどめ」は、私たちは仕事柄、なるべくささないようにしますよね。

そのささないことが、相手に育つ余地を与える、というのは実感にあります。

親と子はかくも近くて、いつも憎しみあいのきずつけあいの甘やかしあい、になることも多いんですよね☆
Commented by sawayoshi45 at 2007-05-10 22:45
>tea*rose さん

「可愛さあまって・・・」ってやつですかね。

第三者的立場にいるからこそ、
見えるものがあるし、言えることもある。
そういった利点を生かして、今後の指導にあたりたいものでございます。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2015年 04月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強