根くらべ

f0015391_0162135.jpg
昨日は母の日でした。
「たまには変わったものを・・・」と思いつつ、
結局いつも花に落ち着いてしまいます。
みなさんはどうしてるんだろう?



与えた課題はいつもきちんとやってくれる。
授業でもしっかりこちらの話を聴いてくれる。
「覚えなさい!」と言ったところは、完璧に覚えてくれる。

そんな生徒さんばかりだったら、
教える側にとって、これほどありがたいことはありませんよね。

きっとこちらが何もしなくても、
成績は勝手に上がっていくでしょうし、
トップ校にもバンバン合格して行ってくれることでしょう。

でも残念ながら、そういった生徒は現実にはごく稀ですよね。

というか、そこまでしっかりした生徒であれば、
塾や家庭教師に頼る必要もないでしょうから、
私たちがそういった生徒を期待するのは大間違いかも知れません。

万が一、そういった生徒に出会うことが出来たら、
それは単なる「幸運」。
それを自分の指導力のお陰だなんて思った時点で、
指導者として、間違った方向に進んでしまう気がします。

隙あらば、サボろうとする。
ほとんどの子供はそうだと思います。

いや、子供ばかりではありません。
私も含めて、ほとんどの大人だって同じではないでしょうか?

ただ、大人の場合は、
「サボったら食べていけない」という恐怖感。
「家族を養わなければならない」という責任感。
「頑張ったら儲けられる(かも知れない)」という期待感。

そういった思いがどこかにあるからこそ、
多少イヤなことであっても、多少面倒くさいことであっても、
割り切ってガマンすることが出来ます。

でも、多くの子供にはそういった感覚がありません。

今、勉強しなくても、明日のご飯はいつも通り出てきます。
今、勉強しても、お小遣いが増えるわけではありません。

今の自分の努力が、明日の生活に具体的にどう影響するか、
それがなかなか見えてこない子供にとって、
いくら周りから「やる気を出せ!」と言われても、
いまいち実感できないのは当然のことかも知れませんね。

まあ、一番手っ取り早い方法と言えば、
子供が勉強をするごとに、永遠にご褒美を与え続けるか、
子供が勉強しなかったら、罰としてご飯を抜きにするか、
そのどちらかしかなさそうですが、
さすがにそれは教育的には、かなり問題ありですよね。(笑)

そう考えると教育や子育てって、ホント、
子供との「根くらべ」だなあとつくづく思います。

「やる気のないやつは知らん!」と見捨てることは簡単です。
でもプロとして仕事を請け負う以上、
それはこちらの「負け」でもあります。

子供に「学ぶ」ことを要求する以上、
自分も子供から「学ぶ」姿勢を崩さないことが、
子供に対する礼儀だと思います。

「裏切られる」という表現が適切かどうか分かりませんが、
裏切られても、裏切られても、諦めずに向き合っていく。

私にも一応、教育者としてのプライドがあります。
「学ぶ」という点において、
そう簡単に子供たちに負けるわけにはいきませんからね。

そう言えば以前、職場の先輩(2人の子持ち)が言っていました。
「子供は親を裏切って成長するんだよな」と。

何気ない会話の中で出てきたひと言ですが、
私には、この上ない「名言」に聞こえました。

子供は親を裏切って成長し、親は子供に裏切られて成長する。

「親」の部分を「先生」に、「子供」を「生徒」に置き換えても、
同じことが言えそうな気がします。

私にとって、授業は生徒との「根くらべ」。

生徒の可能性を信じられなくなったら私の「負け」。

生徒がついに観念(?)して、
「先生がそこまで言うんだったら、少しくらいやってもいいかな?」
と思ってくれたら私の「勝ち」。

まあ、そんなところでしょうか?(笑)

まだまだ子供たちには、負けられまへん!


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-05-14 00:23 | 家庭教師のこと | Comments(2)
Commented by オバまま at 2007-05-14 16:08 x
根くらべ、そのとおり!!
私も日々そう感じています。
生徒さんの中にも何も言わなくてもきちんとして来てくれる子もいましたがそんな子は稀中の稀。
ほとんどの子は隙あらばサボろうと、てぐすねひいてる奴らばかりです。
今も中学生の男の子がその状態です。
クラブがのびた、授業で残された、色々な言い訳を考えて休もうとしたり、遅れてきて時間切れを狙ったり・・・
そんなこと許すわけもなくきっちり別の日にいつもの倍以上の時間のレッスンします。
時には根負けしそうな事もあるし、よる年波には勝てずしんどくなる事もしばしば・・・
でも彼の将来を考えたら、負けてられない!!そう思って・・・
又そういう時期を通り越して「辞めずにきてよかった」と言ってくれる子供たちの笑顔を一人でも増やしたいと思いながら・・頑張る事にします。
損得抜きで子供と向き合ってくれる大人がそばにいることは子供にとってもその家庭にとっても素晴らしい財産だと思いますから
サワダ先生も負けずに頑張ってくださいね!!

「子供は親を裏切って成長するんだよな」   
日々我が子からの反抗に疲れ果ててる私へのエールだと思ってこの言葉頂戴します。
Commented by sawayoshi45 at 2007-05-14 23:34
>オバままさん

こんばんは。

「隙あらばサボろうとする」のは、
自分が子供の頃だったときのことを考えれば、明らかですよね。
私も子供の頃は、いつもサボる口実ばかり考えていたような気がします。
(今でもあまり変わっていないような気もしないでもありまぜんが・・・苦笑)

特に今の子供たちには魅力的な誘惑がいっぱい。
そんな環境のもとで「ガマンしろ!」と言うほうが所詮無理なことかも知れませんね。

そういった意味では、私たちのような第三者からの働きかけが、
とても重要な意味を持ってくるんじゃないか、そんな気がします。
(↑自分の存在意義をさりげなくアピール・・・笑)

オバままさんもお子さんとのバトル、じゃなくて、「根くらべ」、
負けないでくださいね!


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強