認められること

人間は誰かに「認められること」を欲している生き物ではないでしょうか。
自分を「認めてくれる」人がひとりでもいて、それを感じることさえ出来れば、
人間は生きていけるのではないかと思います。

ただ、私たちが世間で「認められる」場合のほとんどは、
「条件付き」ということになるのではないでしょうか。

「成績がいいから認められる」。
「マジメに働くから認められる」。
「人に親切にするから認められる」・・・などなど。

私自身、「子供のため」と思って仕事をしている部分もありますが、
正直なところ、「自分の生活のため」にやっていることも否定しません。
すべての子を「認めている」つもりであっても、
私も人間ですから、やはり腹が立つこともあります。
それに、子供たちの将来に私が責任を負うことも、不可能です。

つまり、他人を「無条件」で「認める」ということは、
それだけ難しいことではないかと思います。

ただ、この「無条件」で「認める」ことが出来る人、世の中にいないことはありません。
それは言うまでもないことですが、「親御さん」です。

親に「無条件」で「認められている」という安心感があるからこそ、
子供は、ちょっとした悪さをしたり、反抗期になることもできるんです。
子供のイタズラや反抗期は、
「そのくらいで親が自分を見捨てるわけがない!」という安心感からくるものだと思います。

どうでしょう?
そう考えると、子供の反抗もなんだか気が楽になってきませんか?

子供の反抗のほとんどは、時間が解決してくれます。
でも、大人になってからの反抗は、ときに取り返しがつかないことになることもあります。
小さい頃からの「しつけ」も、もちろん大事ですが、
子供のうちに、少しずつ「ガス抜き」させることも大事なことだと思いますよ。

親にすら認めてもらえなくなってしまった子の多くは、
「夜の世界」に飛び出すか、部屋に引きこもるかのどちらかだそうです。
そこから、最悪の事態を招くこともあり得ます。
「無条件」で「認められる」ということは、
人間にとってそれだけ大切だということですね。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-02-10 00:41 | 教育のこと | Comments(3)
Commented by よしおか at 2006-02-10 04:55 x
素晴らしいブログですね。近日書かれたブログをしっかり読んでしまいました。
中学校の教師をしていますが、生徒の反抗はちょっと違うようにおもいますが、確かに自分の子供は認められているから反抗しているようなきがします(でも我が家では悩みの種で困っているのですが・・・)。
この「無条件で認められるという愛」については、先日読んだ梅原猛さんの「道徳」という本に書いてあったような気がします。
Commented by サワダ at 2006-02-10 13:00 x
よしおかさん
はじめまして。学校の先生であり親御さんの立場でもある方からのコメント、とても嬉しいです。ありがとうございます。
これからもご意見、ご批判などがあれば、いつでもコメントお寄せいただけたら幸いです。
それでは、今後ともよろしくお願い致します。
よしおかさんのブログにも、今度オジャマさせていただきますね。
Commented at 2006-02-11 00:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強