下に立つ

f0015391_0524236.jpg
今日は春の陽気でした。
受験前の忙しさで、
伸び放題になっていた髪をようやく切り、
サッパリ気分のサワダです。



「人の上に立つ」ことは大変なことだと思います。
「人の上に立つ」ためには、多くの人の信頼を得なければなりません。
そしてその信頼を得るためには、それ相応の努力が必要です。

つまり、「人の上に立つ人」は、
言い換えれば、「努力の人」とも言えるのではないかと思います。

でも、私たちにとってもっと大切な努力は、
「上に立つ」ことよりも「下に立つ」ことではないかと私は思っています。

「上に立つ」ことや「上を目指す」ことばかりが努力とは限りません。
「下に立つ」こともまた努力が必要なことだと思います。

高い場所から相手を見下ろしてばかりでは、
本当に相手を理解することは出来ませんよね。

本当に相手を理解しようと思ったら、
相手よりも「下に立つ」努力が必要です。

だからこそ、「理解する」は、
英語で「understand」というのだと私は解釈しています。

生徒や親御さんから「先生」と呼ばれることで、
つい上からものを見ている自分に気づくことが時々あります。

私たちの仕事は、生徒に指示を出すことはあっても、
生徒から指示を出されることはあまりありません。

生徒に宿題を出すことはあっても、
生徒から宿題を出されることはほとんどありません。

生徒を叱ることはあっても、
生徒から叱られることもめったにありません。

きっと、こういった日常を繰り返すことで、
いつの間にか、上からものを見るクセが付いてしまっているのかも知れません。
とても危険なことだなって思います。

教養とは相手の気持ちがわかること。

養老孟司氏の本によく出てくる言葉ですが、
今までの自分がどれだけ生徒の気持ちを理解して接していたか、
そう考えると、とても恥ずかしくなります。

私も人並みの教養を身につけるためにも、
「下に立つ」努力を忘れないようにしたいと思います。
[PR]
by sawayoshi45 | 2008-03-10 01:03 | 人生のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強