就職?それとも就社?

「就職」とは、文字どおり、「職に就く」ことです。
そして「職に就く」ということは、「その道のプロになる」ことだと思います。
「プロ」の定義は難しいところですが、
私は、「報酬をもらって仕事をしている」人なら、
誰もが「その道のプロ」であると思うし、また、そうあるべきだと思っています。


たとえ会社での扱いが、非常勤やアルバイトであっったとしても、
パン屋さんの店員は、「パンのプロ」であるべきだし、
本屋さんに勤めるなら、「本のプロ」であるべきだと思います。
さらに「接客のプロ」であることも必要ですね。

教育の世界に身を置く人は、「教育のプロ」です。
でも「教育のプロ」といっても、
24時間、教育のことだけを考えていればいいということではありません。

人間を相手にする仕事である以上、
「人間学」を学ぶ必要もあるでしょうし、
ニュース、本、映画、音楽、スポーツ、芸術、・・・・・などなど、
さまざまな話題にも通じていなければならないと思います。

学校の勉強には、「答え」もあるし、ある程度の「ゴール」も定められていますが、
仕事の勉強には、「答え」もなければ、もちろん「ゴール」もありません。
言ってみれば、「一生勉強」ということです。
「職に就く」ということは、そういった「覚悟」をすることだと思います。

今、就職活動で悩んでいるみなさん、
あなたの「就職活動」、単なる「就社活動」になっていませんか?

「数うちゃ、当たる!」と思って、面接に行っていませんか?
ただやみくもに面接を受けたところで、相手は、人事の「プロ」。
すぐに見破られるのがオチだと思います。

その会社の「知名度」や「給料」ばかりをあてにして、
「やりたいこと」もなく、「信念」も持たない人が面接にきたところで、
あなたなら、採用しようと思いますか?
逆の立場で考えてみれば、
自分が何をするべきなのか、わかってくるのではないでしょうか。


なんだか説教じみてきたので、ここでちょっと話題転換。

今日(ホントは昨日)は、バレンタインデー。
といっても、私のような人間にチョコレートをくれる「奇特な人」は、
妻ぐらいなものですが、今日は訪問先のお母さんからもいただいたので、
私としては「大豊作(?)」でございました。

妻はバレンタインデーにこじつけて、
自分が食べたいチョコレートを買ってきては、
結局、自分でほとんど食べてしまうという「はなれわざ(?)」を毎年やっております。

まあ、そういった意味では、
我が家は今日に限らず、毎日がバレンタインデーのようなもの。
もちろん、そんな我が家にホワイトデーはありませんが・・・。
[PR]
by sawayoshi45 | 2006-02-15 00:31 | 人生のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2015年 04月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強