ハードルを下げる

f0015391_23322041.jpg
札幌もサクラ咲く。
年々早くなる開花。
温暖化、気になりますね。




「子供は親の言うことを聞いて当たり前」
「子供は親の思う通りに動いて当たり前」

そう思って子育てを始めたら、
子供がそのプレッシャーに押し潰されてやる気を失うか、
あるいはその前に自分が精神的におかしくなるか、
いずれにしろ子供に良い影響を及ぼすことはないと思います。

子供はロボットではありませんので、
こちらの思いを100%理解するはずもありません。

勉強を教えるときもまた同じだなって思います。

「宿題は完璧にやって当たり前」
「このくらいは出来て当たり前」

そういった感覚で子供に接していたら、毎日がイライラの連続。
子供たちと良い関係を築くことは出来ません。

「人間なんだから完璧に出来るわけがない」(それは自分だって同じ)
「子供なんだから出来なくて当たり前」(自分だって昔は出来なかった)

そう思って接していれば、
子供がたまに出来たときに、素直に褒めてあげる気にもなるものです。

「出来たときに褒めてあげる」
これは、子供たちの「やる気」の一番の栄養分です。
この栄養分を与えずして、ただ「やる気になれ!」と説教されても、
それでやる気になった子供を私は知りません。

私たちは子供たちに対して、
あまりに高いハードルを設定していることって多くないでしょうか?

「これだけお金をかけたんだから受かって当たり前」
「これだけ教えてやったんだから出来て当たり前」

でも、こんな思いばかりが強くなると、
子供へのイライラは募るばかり。
そして、そのイライラは当然子供にも伝染。
勉強に悪影響が生じることは言うまでもないことです。

泣いても笑っても子供の人生は、
私たち大人が与えてやるものではなく、
子供自身が自ら歩んでいくもの。

子供と良い関係を築くためには、
子供へのハードルを少しだけ下げてみるのも1つの手かも知れませんね。
もっとも、子供が自ら高いハードルを掲げている場合は話は別ですけど・・・。
[PR]
by sawayoshi45 | 2008-04-25 22:46 | 教育のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2015年 04月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強