親離れ、先生離れ

f0015391_0352574.jpg

夏ですね~。
「タワシ頭」が鬱陶しく感じる季節が、
とうとうやってきてしまいました。



子育てに正解も不正解もないので、
その線引きはとても難しいところですが、
まあ、大きく間違ってさえいなければ、
子供にはいつか、「親離れ」する時期がやってきます。

親との会話が減り、ひとりになりたがる時間が増え、
自然に親の保護下から離れていく行動を取りたがります。

親御さんにとっては、少し寂しい現実かも知れませんが、
それは子供が精神的に自立し、大人に近づいている確かな証拠。
そう考えれば、むしろ喜ばしいことでもありますよね。

そういう時期が来たら、
もちろん親御さんのほうにも、「子離れ」する覚悟が必要です。

「まだ子供だから・・・」と、いつまでも口出しするのは、
子供の成長、自立を妨げる行為でしかありません。

高校生にもなって、
「親の言いなり」、「親にベッタリ」のような親子関係は、
本人らはそれでいいかも知れませんが、
傍から見れば、気持ち悪いだけですからね。(笑)

先生と生徒との関係も、同じことが言えると思います。

きちんとした指導をしていれば、
生徒にはいつか、「先生離れ」する時期がやってきます。

それまでは先生の言う通りにしか勉強できなかった子が、
「自分のやり方」というものを徐々に確立するようになります。

「自分のやり方」を確立してしまえば、
正直、先生の存在はあまり必要なくなります。

とりあえず先生の言うことは聞いている「フリ(?)」をしながらも、
それとは別に、自分の勉強を進められるようになります。
それが本当の「自立勉強」というものです。

その「自立勉強」にまで、あれこれと口を出してくる先生は、
一見親切そうに見えますが、
生徒の成長、自立を妨げる存在でしかありません。

いつまでも先生の指示通り。

先生にとっては、ある意味、都合のいい生徒かも知れませんが、
それは決して良い指導の結果とは言えないと思います。

ある時期が来れば、
生徒は自然に「先生離れ」、先生も自然に「生徒離れ」、
これが教育の理想的な形ではないかと私は思っています。

以前にも書いたことがありますが、
私が一番の理想としている指導形態は、
生徒が自分で勉強する方法をしっかり身に付けたうえで、
私のもとを離れていってくれることです。

といっても、現実はなかなか理想どおりとはいきませんし、
実際そんな生徒さんばかりだったら、私も経営危機に陥ってしまうので、
あまり大きな声では言えないんですけどね・・・(苦笑)

ただ、遅かれ早かれ、先生と生徒には必ず離れる時期がやってきます。

少なくともその時期までには、
生徒が自然に「先生離れ」が出来るような状態を作っておきたいし、
私自身も、上手に「生徒離れ」が出来る人間でありたいなって思います。
[PR]
by sawayoshi45 | 2008-06-26 00:45 | 教育のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 08月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強