「ほっ」と。キャンペーン

現実を見ろ!

f0015391_0235533.jpg

今頃、夏?





いろいろ理想論を述べることはあっても、
最終的には、生徒を志望校に導くのが私の仕事です。

ですから、なるべく客観的な目で子供の実力を判断し、
志望校合格のために必要な練習メニューを与えているつもりです。

難関高校(大学)を目指している生徒は、一切の妥協は許されません。
どんなに面倒な問題であっても、
出来るようになるまで、練習してもらいます。

「上を目指す」とは、そういうことです。

また、それ以外の生徒に対しても、
志望校合格に最低限必要と思われる練習メニューを与えます。

それすら出来ないというのであれば、
志望校を諦めてもらうか、
他に「魔法使い」の先生を探してもらうしかありません。

残念ながら今の私には、
宿題すらやらない生徒を志望校に導くだけの力はありません。

上を目指すならやるしかないし、
やりたくないなら諦めるしかない。

ごく当たり前の理屈なのに、どうも最近は、
「上を目指したいけど、やりたくはない」
そんな寝言(?)を言う生徒が増えてきたような気がするのは、
私だけでしょうか?

何だかんだ言っても、受験は競争です。

「合格する」ということは、「競争に勝つ」ということであり、
「成績を上げる」ということは、「相手を追い越す」ということです。

止まっている相手を追い越すことは簡単ですが、
実際は、相手だって同じように走っています。

時速20キロで走っている相手を、
時速20キロで追いかけたところで、
その差は一向に縮まりません。

その差を縮めて、さらに追い越していくには、
少なくとも相手より速いスピードで走り続けなければいけません。

まずはその現実をしっかり受け入れてください。

「頑張ったけど、上がらなかった」
テストが終わると、よく子供たちはこんな言い方をします。

でも、私は知っています。
キミたちより上にいる生徒たちが、キミたちの何倍も頑張っていることを。

テスト前だけ頑張る生徒と、
普段から頑張り続けてきた生徒。
その差は、自分で思っているよりもはるかに大きいものです。

「頑張ったのに上がらなかった」のではなく、
「上がるまで頑張れなかった」ということです。

「成績の差」は「練習量の差」でしかありません。

自分だけは、やらなくても何とかなる。
自分だけは、本番で神様が降りてきてミラクルが起きる。

そんな妄想は今すぐ捨てて、
相手より1問でも多く問題を解いて覚える努力こそが、
今のキミ達に一番必要なことだと思うのですが・・・

もっと現実を見ましょうよ!
[PR]
by sawayoshi45 | 2008-09-04 00:36 | 勉強のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強