「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:自分のこと( 81 )

そろそろ書こうかな・・・

どうも、ご無沙汰しております。
寒さには多少自信があるんですが、暑さにはとっても弱い私。

そのため、みなさんには忙しい「フリ?」をして、
しばらく更新をサボっておりました。(笑)

おかげでアクセス数もかなり減ってしまいましたので、
そろそろ少しずつ書いていこうかな~なんて思ってます。
というわけで、みなさん、これからもよろしくお願い致します。

いやあ、それにしても暑いですねえ。
先週はとっても蒸し暑い一週間でしたし、
予報によると、今週も真夏日が続きそう。

まあ、この程度で「暑い」なんて言ってたら、
本州の方には笑われそうですけどね。(笑)

この夏休み期間、お蔭様で充実した日々を過ごさせて頂いておりますが、
先にも書いたように私の天敵は蒸し暑さ。

体調的に正直しんどいなと思う日もありましたし、
暑さを理由に、自分の勉強をサボり気味であったことも否定できません。

大人の私ですら、この有り様なわけですから、
この暑さの中、嫌いな勉強をしなければならない子供たちは、
ホント、大変だなって思います。

私たち大人は、子供が勉強しないのを、
「怠惰だ!」「努力不足だ!」と責めがちです。

でも、私たちの中に、四六時中頑張っていられる人って、
果たしてどれだけいるんでしょうか?

この夏の自分の生活を振り返ってみて、
少なくとも自分には無理だということが、よくわかりました。(笑)

人間、やる気はあってもなかなか出来ないときって、
やっぱりありますよね、ふつう・・・。

自分の思いばかりが先行してしまうと、
つい子供たちにイライラを感じてしまうことがあります。

そんな時は、自分自身の生活を振り返ってみるのが一番ですね。
自分も子供たちと同じであることがよくわかるはずです。

「自分は違う!」と思っているのは自分だけですね。

「子供たちにもっと優しくならなくちゃ!」
そんなことを感じた夏休み前半でした。

残り2週間、
とりあえず夏バテしないよう、がんばりま~す!

それでは、今日はこのへんで・・・。
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-08-13 01:57 | 自分のこと | Comments(2)

お知らせ

夏休みまであと一週間。
夏期講習が始まります。。

そんなわけで、本業に専念したいので、
ブログの更新は、しばらくお休みさせて頂こうと思います。

あっ、でも、気まぐれで突然書き始めるかも知れませんので、
まあ、たまには覗きに来てやってくださいね。

それではみなさん、お元気で!!
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-07-19 00:28 | 自分のこと | Comments(1)

ブログのおかげ

f0015391_0545151.jpg
今日6月11日。
実は私と妻の結婚記念日らしいです。
出会ってから14年?、結婚してから5年?、
お蔭さまで、まだ見捨てられておりません。(笑)
来年も何とかこうやって、
御報告できるよう頑張りま~す!




塾に比べて家庭教師って、一般の方にとっては、
何となく敷居の高さを感じるものですよね。

「月謝が高い」というイメージもあるでしょうし、
知らないおっさんが家にやってきて、
子供と2人きりで部屋に閉じこもるわけですから、
親御さんとしては抵抗を感じるのは、当然のことだと思います。

また、一部の「悪徳さん」のおかげで、
業界全体としてのイメージも決して良くはありません。

「電話勧誘がしつこい」
「高額教材を売りつけられた」
「強引に契約を迫られた」

初めての方にしてみれば、頼みたくても不安はつきもの。
誰かの紹介などで、よっぽど信頼できる先生でない限り、
なかなか頼もうという気にはならないものですよね。

その「敷居の高さ」をどう克服していくか、
それが私にとっての最大の課題でもあります。

といっても、私の貧弱な頭では、
なかなか良い宣伝方法というのが見つかりません。

また、私の教え方には、これといった「」がないので、
分かりやすくて、インパクトの強い宣伝文句も言えません。

こうやってブログをせっせと更新して、
自分の存在を少しでも多くの方に知ってもらう。
私に出来ることは、まあ、その程度のことです。

早いもので、このブログも開設してから、今日で1年半が経ちました。

「継続は力なり」となっているのかどうかはわかりませんが、
おかげさまで、読者の方もそこそこ増えましたし、
お問い合わせメールを頂く機会も増えました。

そして、そこから契約させて頂いた生徒も少なくありません。

もしブログを書いていなかったら、
私は今頃失業中の身だったかも知れません。(笑)

そういった意味では、私はブログに助けられたひとりです。

無料で出来る宣伝ツール。
これを利用しない手はありませんよね。

というわけで、これからもコツコツ更新し続けようと思いますので、
みなさん、お付き合いよろしくお願い致します。

あっ、せっかくなので、ついでに宣伝しときます。

夏期講習の募集を始めました。

通常授業のほうは、空きが残りわずかですが、
夏期講習はまだまだ空きがございます。
というか、今のところ、まだスカスカです。(笑)

1学期の復習、2学期の予習、苦手教科の克服、受験準備・・・、
それぞれ生徒の需要に合わせて指導させて頂きますので、
札幌近郊の方でご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいませ!

詳しくはコチラのHPから→札幌の家庭教師 学びの森

何だか最後はただの宣伝になってしまいましたが、
まあ、今日が結婚記念日ということで、(←全く根拠なし)
どうかお許しくださいませ!(笑)


※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-11 01:06 | 自分のこと | Comments(4)

励み

f0015391_1532973.jpg

「萌える英単語」
略して「もえたん」と言うそうですが、
これが7月にアニメ化されるそうな。
これで少しでも単語を覚えてもらえるなら、
それはそれでありがたいんですが・・・




「自分の存在、あるいは自分の行動が誰かの役に立っている(かも知れない)」

これを実感できたとき、
その人にとっては大きな「励み」になるものですよね。

ブログを書き始めて1年半が経ちますが、
こんな私のもとにも同業者の方や親御さんから、
相談メールがくることがたま~にあります。

同業者の方からは、
「こういう生徒がいるんですが、どう指導していいか悩んでいます」
若い先生からの相談が多いですね。

そして親御さんからは、
「ウチの子、こんな感じなんですが大丈夫でしょうか?」
子育てや勉強に対する不安です。

一応私なりに、ない頭を絞って、
返信させて頂いてはおりますが、
いかんせん会ったこともない方に向けて書くわけですから、

「もしかして見当違いのことを書いてしまったんじゃないか?」

送信した後に、いつもそんな不安が頭をよぎります。

でも、ありがたいことに、
今まで相談をくださった方は、みなさん心の広い方ばかり。

「参考になりました」
「聞いて頂いて少し気持ちがラクになりました」

たとえ社交辞令であったとしても、
そう言って頂くのは、こちらとしても大変嬉しいものです。

「またこれからもブログを書き続けよう!」
という大きな「励み」になります。

そして先日は、ある中学校の先生からメールを頂きました。
私が書いたある記事を学年だよりで紹介したいという旨のメールでした。

自分の書いたものが、自分の知らないところで誰かの役に立つ。
ブログを書いていて、これ以上の「励み」はありません。

もともと自分の暇つぶしと、
ちょっとした宣伝のつもりで書いてきたこのブログ。

飽きっぽい私の性格からして、
もし、書いても何の反応もなかったとしたら、
とっくに書くのを止めていたかも知れません。

そういう意味では、
たまにコメントやメールをくださる方が、
このブログを支えてきたといっても過言ではありません。

書く側の人間にとって、
「誰かが読んでくれていること」が、やはり最大の「励み」ですからね。

というわけで、
お調子者の私は、ちょっと気分が良いので今日もせっせと更新です。(笑)

気分が良いうちは、もしかしたら更新頻度が上がるかも・・・


※ 現在ブログランキングに参加中です。
  クリックして頂けたら、さらに「励み」になります!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-05-17 01:58 | 自分のこと | Comments(2)

好き嫌い

f0015391_0151876.jpg
本州では「30度だ!」「夏日だ!」と、
すごいことになっているようですが、
こちらではまだストーブが稼働中。
ホント、日本って広いんですね!



子供の頃、シイタケが食べられませんでしたが、
それも大人になって克服しました。

「世界の珍味」だとか、
「ゲテモノ料理」と言われるようなものは別として、
一般の人が日常生活の中で食べるようなもので、
「好き嫌い」はほとんどないと思っています。

どこに行っても、出されたものはたいてい残さず食べます。
ただ、その代わりと言っては何ですが、
「これが特に美味しかった!」と思うことも、あまりありません。

「嫌いな食べ物」もない分、特別「好きな食べ物」もない。
もしかしたら、相当な味音痴なのかも知れませんね。(笑)

で、食べ物の「好き嫌い」と人間の「好き嫌い」。

共通点があるかどうかはわかりませんが、
私は人に対する「好き嫌い」の起伏も小さいほうだと思います。

小中高大を通じて、特別思い入れの強い先生はいません。
「あなたの恩師は誰ですか?」と聞かれたら、返答に困ります。
と書くと、何だかクールを気取っているようですが、
その分、特別「嫌いな先生」もいなかったということです。

友達から「あの先生ムカつくよね」なんて言われても、
私にとっては、「えっ? そう?」って感じのときが多かったです。
(もちろん、その場は適当に話を合わせていましたが・・・笑)

そしてそういった感覚は、大人になってからも一緒です。

どんなに世間的にすごい人、感じのいい人に会っても、
「この人に一生ついていきます!」といったように、
特定の人に固執することはありません。

でも、その分、世間的に嫌われているような人とでも、
それなりに付き合っていく自信があります。

良く言えば、「許容範囲が広い」とも言えるし、
悪く言えば、「感情に乏しい」といったところでしょうか。(苦笑)

妻は食べ物にしろ、人にしろ、
「好き嫌い」がわりと激しいほうなので、
妻にはよく不思議がられます。

そう言えば、映画評論家の故淀川長治さんも、
「私は今まで嫌いな人に会ったことがない」とおっしゃっていたそうですが、
私にも何となく分かるような気がします。

といっても、
彼の場合は、「人の長所を見つける天才」だったそうですが、
私の場合は、「人の短所が見えない鈍感」なだけかも知れません。(苦笑)

でもまあ、それはそれで私の長所だと思うようにしています。

過去と他人は変えられません。

他人を変えようとして、心を乱されても何の得にもなりません。
それよりは受け容れてしまったほうがよっぽどラクなような気がします。

どうしても合わない相手なら、自然に離れていく。
ただ、それだけのことですからね。

「来る者拒まず、去る者追わず」

私がこのスタンスを貫けるのも、
人に対する「好き嫌い」があまりないからかも知れません。

まあ、これも最近流行りの「鈍感力」ってやつでしょうか?(笑)


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-05-11 00:25 | 自分のこと | Comments(4)

f0015391_23404359.jpg
寒い一日でした。
しかも雪も降りました。
こんな時期に・・・・・
シンジラレナーイ!(もう死語?)



プロ野球に興味のある方ならご存知かと思いますが、
今年、我が(?)中日ドラゴンズに、
「ノリ」こと中村紀洋選手が入団しました。

彼はかつて全日本の4番を務めたほどの大打者。
その実力は誰もが認めるところでしたが、
正直言って、私は彼のことがあまり好きではありませんでした。

彼のファンの方には大変申し訳ありませんが、
近鉄時代、そしてメジャーに行くだの行かないだのと、
球団ともめていた頃の彼の「顔」には、
何となく、「調子に乗っている」といったイメージを持っていました。

まあ、そのイメージの中には、成功者に対する嫉妬も、
多分に含まれていたとことは否定できませんが・・・(苦笑)

そんなわけで、彼がドラゴンズに入団したというニュースを知ったとき、
私は正直複雑な気持ちでした。

でも、私のその複雑な思いは開幕戦で完全に払拭されました。

彼は実力どおり、6番サードでスタメン出場。
勝負を決める大事な場面でヒットを打ち、早速お立ち台へ。
そのときの彼の「顔」は、今までの「顔」とはまったく違って見えました。

私がそれまで抱いていた調子に乗ったところは微塵も感じられず、
むしろ高校球児のような初々しさをにじませていました。

「人間って、ここまで変われるものなんだなあ」と驚くと同時に、
これからは素直に彼を応援したいという気持ちになった単純な私です。(笑)

「見た目だけで人を判断してはいけない」とも申しますが、
「内面は『顔』に表れる」というのも一理あるかも知れませんね。

普段ピリピリした生活をしていれば、「ピリピリした顔」になるでしょうし、
普段穏やかな生活をしていれば、「穏やかな顔」になる。
そんな気がしないでもありません。

まあ、そんなことを考えていたら、
肝心の自分の「顔」が生徒や親御さんにどう映っているのか、
ちょっと気になってきました。

自分では気づかないだけで、もしかしたら、
「調子に乗っている顔」とか、「人を見下したような顔」とか、
思われているかもしれません。

気になることは気になりますが、
だからといって、「私の『顔』はどうですか?」なんて、
恐ろしくて聞く勇気もございません。

まあ、仮に聞いたとしても、
相手に気を遣わせるだけですからね。

せめて「ムカつく顔」と思われないよう、
普段の言動には気をつけたいところでございます。

やっぱ「貧乏臭い顔」にでもなってんのかな?(笑)


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-04-26 23:48 | 自分のこと | Comments(2)

親心

f0015391_037398.jpg

このブログの検索ワード。
1位が「サクラサケ」はいいとして、
2位が「オールバック」って・・・。
「オールバック」に興味を持っている方、
世の中、意外と多いんでしょうか?(笑)




実家の近所の親戚が農家ということもあり、数ヶ月に一度、
実家の母から、食べきれないほどの米や野菜が届きます。

私としては、「いい歳をして親の世話になって・・・」
というちょっと複雑な気持ちがないわけではありません。

でも、そうやって送ってくるのも母の楽しみのひとつ。
きっと母も、私と妻の喜ぶ姿を想像して、
送ってきてくれているはずだと良いほうに捉えて、
素直に甘えることにしています。

幸か不幸か、私も妻も共に末っ子。
どちらかというと親に甘やかされて育ったくちでございます。
そのためか、人に甘えることにあまり抵抗はありません。

感謝の気持ちさえ忘れなければ、
甘えることは特に悪いことではないと思っています。

一方、私の姉はそんな甘ったれの私とは正反対。
良く言えば「しっかり者」、悪く言えば「甘え下手」です。
「どうせ残すからいらない」といつも母の「仕送り」を断ってくるそうです。

そんな「しっかり者」で「甘え嫌い」の姉について、
「捨ててもいいから受け取って欲しい」と、
母が愚痴をこぼしているのを何度か聞いたことがあります。

世話好きの母からすれば、
せっかく子供のためにしてあげようと思ったのに、
それを断られるのは面白くないということなんでしょうね。

「子供がいくつになっても、親として子供の役に立っていたい」。
それが「親心」というものなのかも知れませんね。

私は3年ほど前から、妻の母と一緒に住んでいますが、
その義母もよく言っています。

「自分は食べなくても、子供には美味しいものを食べさせてあげたい。
それが親というものなんだよ」と。

まさに「無償の愛」というやつですね。

私のような第三者の立場にいる人間が、いくら教師面をこいて、
「私は生徒のために日々頑張っています!」と吠えたところで、
親の愛情に比べれば、ちっぽけなものでしかないんだなって思います。

思えば、子供の頃から、親に不満ばかり言っていました。
わざわざ親が望むのと反対の道を歩んできたような気がします。
そして、さんざん親の期待も裏切ってきました。

それについて、今でもたまに愚痴をこぼされることがあります。
以前はその度に、屁理屈をこねて口答えをしてきましたが、
最近ようやく「右から左?」に受け流せるようになった気がします。(笑)

こんな私でも、
「親心」が少しは分かる歳になったのかも知れません。

いまだに自分たちの生活だけで、いっぱいいっぱい。

ろくに「親孝行」らしいことも出来ないでいる私ですが、
せいぜい母にはあまり心配をかけないよう、
体に気をつけて頑張ることにいたしましょ!


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-04-14 00:52 | 自分のこと | Comments(4)

やっぱ悪いことは出来ないね!

f0015391_0294766.jpg

さすが阪神。
簡単には勝たせてくれまへんな。




交番の前に、指名手配犯の写真が貼られています。
それを見て、ふと考えました。

「この犯人と瓜二つの顔の人がいたら、どうしているんだろう?」と。

世の中には、同じ顔の人が何人かいるそうなので、
そういう人が、同じ日本国内にいないとも限りませんよね。

その人は何も悪いことはしていないのに、世間から白い眼で見られ、
肩身の狭い思いをしているかも知れません。

周囲の目が気になって、外に出ることも出来なくなり、
引きこもりになっているかも知れません。

有名人に顔が似ている人は、それだけで商売道具に出来ますが、
犯罪者に顔が似ている人は、それだけでコンプレックスになります。

その人は、自分と似た顔を持つ犯人が憎くて仕方なくなるはずです。
「あいつさえいなかったら・・・」と殺意を抱くかも知れません。

人の恨みを買うときって、
案外こういったことからかも知れませんね。

とまあ、そんなことを考えていたら、
昔、営業の仕事をしていた頃を思い出しました。

私自身は会社に誇りを持っていたし、商品にも自信を持っていました。
不正をしたり、強引に商品を売りつけたりしていたわけでもありません。

ただ、営業マンに対する世間の目はけっこう冷たいものでございます。

「セールス」と聞いただけで、
「どこかの悪徳業者じゃないの?」
と疑われることも少なくありませんでした。

自分では悪いことをしているわけではないのに、
一部の悪徳業者のせいで、肩身の狭い思いをさせられる。

さすがに殺意とまではいきませんが、
すごく腹立たしく感じたことがあります。

教育産業にも、悪徳業者がはびこっているようです。

高額な教材を売りつけられた。
不当な授業料を請求された。
強引に契約を迫られた。

そんな話をたまに聞くことがあります。

一度でもこういった経験をされた方は、
教育産業に対して、悪いイメージを抱くことになります。

塾や家庭教師という言葉を聞いただけで、
嫌悪感を持つ方もいらっしゃるかと思います。

悪いことをして、自分がその報いを受けるのは自業自得ですが、
良心的にやっている同業者にとっても、いい迷惑というものです。

悪いことをすれば、
自分とは直接関係のない人にまで迷惑を及ぼすことになります。

悪いことをすれば、
自分とは直接関係のない人からまで恨みを買うことになります。

まあ、そう考えてみると、
私自身、同業者の方から恨みを買わないためにも、
「いいかげんな指導」は出来ないなと思った次第でございます。

やっぱ悪いことは出来ないもんですな!


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-04-12 00:33 | 自分のこと | Comments(2)

世間知らず

f0015391_041522.jpg

世界で最もブログを書いているのが、
日本人だそうな
自己顕示欲が強いから?
それともヒマだから?
私の場合は・・・・・
もちろん両方でございます。(笑)



私は「世間知らず」です。
きっと50になっても60になっても、
「世間知らず」のままだと思います。

ただ、屁理屈をこねるようですが、
どんな人であっても、
多かれ少なかれ「世間知らず」だと思います。

そりゃそうです。
人ひとりの知識や経験なんて、高が知れています。

ちょっと勉強したり成功したりしたくらいで、
「自分は世間を十分知っている」と思うこと自体、
大きな勘違いであり、思い上がりではないかと思います。

勉強で成功した人は、勉強では成功者ですが、
それ以外の世界で生きている人にしてみれば、
「世間知らず」です。

スポーツで成功した人も、スポーツでは成功者ですが、
それ以外の世界で生きている人にしてみれば、
「世間知らず」です。

自分では当たり前のことだと思っていたことが、
「世間の常識」とずれているかも知れないと感じたこと、
みなさんは、ないでしょうか?

私はしょっちゅうでございます。(笑)
その度に、
「ああ、自分って世間知らずなんだなあ」と思います。

その「世間とのずれ」を少なくするために、
私たちは他者と交流したり、本を読んだりする必要があります。

中でも自分とは違う立場の人の話を聴くのが、
一番だと私は思っています。

教育の世界で生きている人は、
教育以外の世界で生きている人の話を聴くことが大事です。

教育の世界で生きている人が、
教育の世界で生きている人だけと交流したり、
教育や勉強関係の本ばかりを読んだところで、
世間とのずれは大きくなるばかり。

そんな気がしないでもありません。

「何も知らないくせに口出しをするな!」
「素人ごときにいったい何がわかる!」

自分の考え、やり方を他人に批判されると、
私もついこんなことを思ってしまいがち。

でも、そんなときこそ自分を客観的に見つめる
チャンスなのかも知れません。

それをチャンスにするためにも、
そして、自分自身の「暴走」を抑えるためにも、
自分が「世間知らず」であることを
自覚していることが大事なのかも知れませんね。


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-04-07 00:07 | 自分のこと | Comments(8)

変わらない指導

f0015391_2311584.jpg
静岡で31.8度
真夏日だったそうな。
一瞬、「エイプリルフール?」
かと思いました。



いよいよ新年度のスタートでございます。

塾から独立して10年目、
私もとうとう大台に乗ってしまいました。(笑)

独立以来、私の生活は10年前とほとんど変わっておりませんが、

ろくに宣伝もしない、
サービスもしない、
知名度なし、
肩書きなし
お金なし・・・、

そんな状態で10年も生き残ってこられただけで、
ある意味、奇跡と言えるのかも知れませんね。

今はその「奇跡」に感謝したいと思っています。

以前、お世話になったある親御さんから、
「ずっと変わらない指導、感謝しております」
と書かれたお手紙を頂いたことがあります。

自分では、それなりに変えてきたつもりではありますが、
その親御さんから見て、私の指導は「変わらない指導」だったようです。

それが良いか悪いかはよくわかりませんが、
5年以上もお付き合いさせて頂いた親御さんがそう感じたということは、
それが私の指導の特徴と言えるのかも知れません。

きっと、
テスト前、受験前だからといっても、特別なことはしない。
当たり前のことを、当たり前にやることを善しとする。
あまり人の言うことを聞かず、自分の方針を押し通す。(苦笑)

そんな私の指導スタイル、そして頑固な生き方も含めて、
その親御さんは「変わらない指導」と表現してくれたのだと思います。

考えてみれば、このブログもそうですよね。

過去の記事を読み返してみても、
1年前も今も、書いていることはほとんど同じ。

そんな気がしないでもありません。
まったく進歩していないんでしょうね。(笑)

まあ、それはともかく今年度も私は私のやり方で、
この「変わらない指導」を武器にやっていこうと思っています。

というわけで、保護者の皆様、そしてこのブログの読者の皆様、
今年度も「変わらない指導」と「変わらないブログ」
よろしくお願い致します。


※ 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
  現在ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-04-01 23:13 | 自分のこと | Comments(2)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強