「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:勉強のこと( 147 )

結局は基礎力の差

力のある生徒ほど基本を大切にして、
力のない生徒ほど基本を疎かにする。

これは多くの子供たちに共通して言える私の印象です。

逆に言えば、
基本を大切にするからこそ、きとんと力がつき、
基本を疎かにしている限り、いつまでも力がつかないということ。

「こっちのほうが配点が高かったから」

そう言って、出来もしない問題に時間を浪費し、
基本問題のミスに気づかずに点数が伸びない。

点数がなかなか伸びない生徒の特徴のひとつです。

自分に出来る問題と出来ない問題を見極めること。
出来なければならない問題と、出来なくてもいい問題を見極めること。

その「見極める力」こそが、
受験の合否に大きく関係してくるのではないでしょうか。

一部のハイレベルな生徒を除けば、
応用問題にあれこれ手をつけるよりも、
基本問題を10回繰り返したほうが子どもの学力は伸びる。
私はそう思っています。

「基本は出来るけど応用ができない」のではありません。
「『本当の意味で』基本が出来ていないから応用が出来ない」のです。

中学受験まで残り1ヶ月、高校受験まで残り3ヶ月をきりました。

ここでも何度も書いているような気がしますが、
私は受験生だからといって、
難問をたくさん解かせるような指導はしていません。

過去問や難問の解き方をただ暗記するよりも、
基礎をしっかり定着させることが合格への近道だと思うし、
「その先」の勉強をスムーズに進めるためにも必要だと思うからです。

受験が近いこの時期だからこそ、
難問に心を乱されるのではなく、
基本を徹底的に確認したうえで、受験に臨むことが大切だと思います。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-12-06 15:29 | 勉強のこと | Comments(0)

蓄積の差

野球を始めてほんの数ヶ月で、プロ野球選手になれる人はいません。
ピアノを習い始めてほんの数ヶ月で、ピアニストになれる人もいません。

そんなことは誰でも分かることですし、
本気でそれを子どもに要求する親もいないはずです。

でも、勉強の場合はどうでしょう?

受験勉強を始めてほんの数ヶ月で、
難関大学(高校)や医学部に行きたがる生徒。
また、それを要求する親御さんの多さに私は時々驚かされます。

確かに「短期間で一発逆転!」といった例が全くないわけではありません。
多くの塾や予備校は、そういった数少ない例を広告塔に使います。

でも、だからと言って「じゃあ我が子も・・・」と考えてしまうのは、
あまりにも軽率すぎるような気がします。

子どもたちの成績を見ていて思うのは、
「成績の差」は、やはりそれまでの「蓄積の差」であるということ。

それも「数ヶ月単位の差」ではなく、「数年単位の差」であるということです。

小学校からしっかり自学力を身につけてきた生徒と
小学校から塾任せ・人任せの習慣を身につけてきた生徒、
さらに、それまでまともに勉強をしてこなかった生徒の間には、
ほんの数ヶ月では到底埋めることのできない「蓄積の差」があります。

その「蓄積の差」を親も子どもも理解しなければならないと思います。
といっても、「だから諦めろ!」と言いたい訳ではありません。

物事を本当に理解し、出来るようになるには、
それなりの時間がかかります。

今、成績の良い生徒たちも最初から出来たわけではなく、
それなりの時間をかけて、今の状態を築き上げてきたということ。

そして、そういった生徒に追いつくためには、
やはりそれなりの時間と覚悟が必要だということを、
理解して欲しいということです。

千里の道も一歩から。
ローマは1日にしてならず。

宝くじに当たるようなわずかな確率を追い求めるのではなく、
今日から少しずつでも「蓄積」していくことが大事ではないでしょうか。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-11-23 23:38 | 勉強のこと | Comments(0)

慣れること

私の授業は、毎回チェックテストから始まります。

漢字、英単語、英文暗記、理社の一問一答など、
内容と量は生徒によって変えていますが、
特に受験生には、結構な負担を強いることもあります。

「えっ? こんなに覚えられないよ」
「絶対無理!」

最初は文句を垂れる子供たち。

今まで「覚える」という作業に慣れてこなかった生徒にとっては、
かなりしんどいようです。

それでも何とか頑張ってついてきた生徒は、
回数を重ねるごとに覚えるのが速くなり、
必然的にテストでの得点力もついてきます。

「何だか暗記が得意になったかも・・・」
「覚えるコツが何となくわかってきたかも・・・」

半年もすれば、子供たちからそんな言葉が出てくるようになります。
脳が慣れてきた証拠ですね。

「慣れること」によって、
今まで3時間かかっていたことが1時間で出来るようになる。

子供たちには、そういった体験をして欲しいと思っています。

勉強が得意な子と苦手な子。
私からみる限り、その子たちに能力の差はそれほどありません。

要は、問題に「慣れている」か「慣れていない」かの差だと思います。

「慣れること」で、速く覚えるコツがわかります。
「慣れること」で、点数を取るコツがわかります。
「慣れること」で、密度の濃い勉強が可能になります。
「慣れること」で、勉強の景色がそれまでと変わります。

中学受験まで残り2ヶ月、高校受験まで残り4ヶ月。

「その先」の勉強でつまづかないためにも、
限られた時間の中で、
彼ら(彼女ら)の脳を精一杯鍛えてやろうと思っています。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-11-05 00:44 | 勉強のこと | Comments(0)

ちゃんとやる習慣

やたらと人より先に進む必要はありません。
やたらとたくさんの量をやる必要もありません。

勉強が出来るようになりたかったら、
1問1問を「ちゃんとやる習慣」をつけることです。

1日5時間やれば成績が上がるわけではありません。
1日10ページやれば成績が上がるわけでもありません。

成績を上げたかったら、
1日1ページでも「ちゃんとやる習慣」をつけることです。

では「ちゃんとやる」とはどういうことか。
それは「出来るようになるまでやる」ということです。

塾の授業を3時間受けても、机に5時間向かっても、
今日出来るようになった問題がひとつもなければ、
「勉強した」とは言いません。

それは「勉強したフリ」をしているに過ぎません。

「勉強したフリ」のために大事な時間とお金を使う。
とても勿体ないことだと思います。

毎日のように塾に通いながら結果を出せなかった子を、
週1回の授業で結果を出させるのが私の仕事です。

もちろん一筋縄ではいかないことが多いですが、
「ちゃんとやる習慣」を身につけさせることで、
案外早く結果が出ることも少なくありません。

子供たちの意識さえ変わってくれれば、
教える時間は少なくても、勉強の効果は上がります。

「ちゃんとやる習慣」をつけて面倒な(?)勉強は早めに終わらせ、
残った時間で部活や遊びも楽しめる生活。

「勉強したフリ」のためにたくさんの時間とお金を使い、
テストの度に、親に文句を言われて落ち込む生活。

キミなら、どちらの生活を選びますか?
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-10-15 00:39 | 勉強のこと | Comments(0)

結果の出し方

結果が欲しくてたまらない。

そう思いながらも、目の前の勉強が疎かになっている生徒は、
残念ながら、いつまでも結果を出すことは出来ません。

結果を出せないからイライラが募り、
イライラが募るから落ち着きがなくなり、
ますます目の前の勉強が疎かになっていきます。

「結果の出し方」がわからず困った彼らは、
「何か特別な方法」を求め始めます。

簡単な解き方ばかりを教えてくれる塾や先生を求めます。
試験問題を毎回的中させてくれる塾や先生を求めます。
自分は努力しなくても、ラクに成績を上げてくれる塾や先生を求めます。

でも残念ながら、そういった塾や先生が見つかることはありません。
元々ないものをいくら探したところで、見つからないのは当然のことです。

一方、結果にあまり捉われることなく、
日々のやるべきことにしっかり取り組んでいる生徒は、
自然に結果がついてくるようになります。

やるべきことをやるべきときにやって、
覚えるべきことをしっかり覚えていきさえすれば、
自然に結果が出るという当たり前のことに気づきます。

「結果の出し方」を自らの体験で学んだ彼らは、
当たり前のように、日々の勉強に取り組めるようになります。


覚えて確認、覚えて確認、
忘れたらまた覚え直して確認・・・

手っ取り早く結果が欲しいという生徒や親御さんにとっては、
まったく魅力のない方法かも知れませんが、
私はこれ以外の「結果の出し方」を知りません。

でも、この魅力のない地味な方法は、どんな「特別な方法」にも勝ります。
それは、普段の教え子たちの様子を見ていれば明らかなことです。

ちょっと逆説的な言い方になりますが、
「結果を出す」ための一番の近道、
それは「結果をあまり気にしないこと」だと思います。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-09-30 00:02 | 勉強のこと | Comments(0)

教えてもらうだけでは子どもは伸びない

「たくさん教えてもらえば成績が伸びる」と勘違いして、
塾をかけもちしたり、やたらと授業回数を増やそうとする子がいます。

何もしないよりは多少効果があるかもしれません。
でも、果たしてそれで、高い月謝に見合うだけの効果は得られるんでしょうか?

授業回数と成績は必ずしも比例するわけではないようです。

週1回の授業だけでも、十分効果を出す子もいれば、
どれだけ授業回数を増やしても、ほとんど効果がない子もいます。

では、その違いはいったいどこにあるんでしょうか?

それは「自学力」の違いだと思います。

今まで塾通いを当たり前にしてきた生徒の特徴として、
受け身の姿勢が身についてしまっている子が多いようです。

「試験対策は何をしたらいいんですか?」
「過去問とかはやってくれないんですか?」
「道コン対策は? 裁量問題対策は?」

何かテストが近づく度に、そのための「対策」を求めてきます。

まあ、それを売り物にしている塾も多いので仕方がないことかも知れませんが、
少しは自分の頭で考えて動くことを学んで欲しいなと思うことがよくあります。

残念ながら、多くの子供たちや親御さんが思っているように、
たくさん教えてもらうことで、成績が伸びるわけではありません。

子どもたちが伸びる瞬間とは、教えてもらっているときではなく、
自分の頭をフルに使って、真剣に問題と格闘しているとき。
それ以外にないと私は思っています。

ですから、私の授業は極力説明の時間は省いて、
小テストと問題演習に多くの時間をとるようにしています。

授業時間のほとんどを「教えない時間」にとっているため、
傍から見ると、私が何もしていないように思われるかもしれませんね(笑)。

でも、私の授業時間は「私が教えるための時間」ではなく、
「生徒が伸びるための時間」でなくてはなりません。

実際、「教える時間」を多くとっていた過去に比べて、
「教えない時間」が多い今のほうが、
その効果は格段に上がっていると自負しています。
(過去の教え子たちには申し訳ありませんが・・・)

教えてもらっている間、多くの子供たちの脳はほとんど働いていません。
それは勉強したのではなく、勉強した気になっているだけ。
そんな時間をいくら積み重ねたところで、成績が上がるわけがありません。

自分の頭を働かせる時間をいかに多く積み重ねていくか、
それが賢くなるための唯一の方法ではないかと思います。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-08-24 13:39 | 勉強のこと | Comments(0)

マルつけの意味

マルつけは○をつけるための作業ではありません。
×を見つけるためのものです。

問題集をやってマルつけをする。
○と×をつけて、×のところに赤ペンで答を書く。

その後、解説を読むわけでもなく、
もう一度解きなおすわけでもなく勉強終了。

こういった勉強方法を身につけてしまうと、
後で修正していくことが困難になります。

学年が上がっていけば、当然のように成績は下降していきますので、
なるべく早いうちに、正しい勉強法を身につけることが大事だと思います。

勉強は積み重ねが大切と言いますが、
それはあくまで意味のある勉強を積み重ねた場合。

意味のない勉強方法をどれだけ積み重ねたところで、
効果が表れることはありません。

「勉強はしているのに上がらない」

よくこんな相談を生徒や親御さんから受けることがあります。

でも私からすれば、上がらない方法を続けているから上がらない。
ただ、それだけのような気がします。

勉強の目的は、出来なかったものを出来るようにすること。
今日の勉強で自信を持って出来るようになったものがひとつもなければ、
それは「勉強した」とは言えません。

「今日は何時間勉強した」
「今日は何ページ進んだ」

そんなことよりも、

「今日は何を覚えたか」
「今日は何が出来るようになったか」のほうが大切。

マルつけの目的は、
○をつけることではなく、
×を見つけること。

そして、×をひとつひとつ克服していくこと。

間違った勉強法は何時間やっても時間の無駄。
勉強のやり方、間違っていませんか?
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-07-19 16:32 | 勉強のこと | Comments(0)

何のための目標?

「目標に向かって頑張ることが大事!」
「目標は高ければ高いほうがいい!」

私自身もそう教えられて育った気がしますし、
おそらく今の子どもたちも、
多くの親や先生にそう言われているのではないかと思います。

でも、そのせいでしょうか。

「○○大学(高校)に入りたい」
「医学部にいきたい」
「次のテストでは○点取らなきゃ!」

今の実力からはかけ離れた目標を平気で掲げる生徒が多いような気がします。
もちろんその目標に向かって今現在、必死に努力しているというのなら、
それはとてもすばらしいことですし、私もとことん応援します。

でも、そういった高い目標を掲げている生徒ほど、
目の前の課題や小テストの準備が疎かになっている場合が多いのも事実。

ちょっと意地悪な見方をすると、
今の現実にしっかり向き合えないからこそ、
遠くの目標にばかり固執し、現実逃避を続けている。
そんな感じではないでしょうか。

目標を持つことを否定したいわけではありません。

ただ、実際成績の良い子たちは、遠くの目標を見るよりも、
目の前にある課題をごまかさずにしっかり取り組める子たちです。

私は一応プロの家庭教師。
目標のために努力を惜しまないという生徒であれば、
それなりの手助けをすることはできます。

でも、私は魔法使いではありません。
いくら高い目標を掲げられても、
目の前のものから逃げてばかりいる生徒の手助けはできません。

夏休みが近づいてきました。
「夏で一気に挽回!」
そんな塾の広告が目につきます。

でも1ヶ月やそこらで一気に挽回できるほど、
勉強って簡単なものでしょうか?

そんな簡単に取り返せる程度のものなら、
どうして今まで取り返すことが出来なかったのでしょうか?

遠くの目標よりも目の前の課題。

成績の良い子たちは、単に「頭が良い」ということではなく、
そのことをよく理解している子たちではないか。
そんな気がします。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-07-15 23:58 | 勉強のこと | Comments(0)

基礎を築く

小学生のうちは、難しい問題を解けるようになることよりも、
しっかりした「基礎を築く」ことのほうが大事だと思います。

「中学受験の問題は難しい」

そういった先入観にとらわれ、基礎がまだ築けていない子に対しても、
難しい問題ばかりをやらせようとする塾や親御さんも多いようです。

でもそういった状態で仮に合格を手に入れたとしても、
果たして中学校以降の勉強についていけるのかどうか、
私にははなはだ疑問です。

「入るための1年間と入ってからの6年間、どっちが大事なの?」

中学受験生に対して、私はよくこういった話をします。
受かることが最大の目的ではないということを、
子どもたちに強く意識して欲しいからです。

中学受験は上位で受かる必要はありません。
トップで受かってもビリで受かっても合格は合格。
大事なのは、その後の6年間の過ごし方ではないでしょうか。

中学受験の問題は、確かに難しい問題がたくさん含まれています。
特に算数は、教えている私でさえ苦戦する問題もたくさんあります。

でも受験は、全部解けなければ合格できないわけではありません。
捨てるべきところは捨て、拾うべきところをしっかり拾っていく。
札幌の私立中学のほとんどは、それだけで十分合格ラインに達します。

難しい問題をたくさん解かせることよりも、
中学以降の勉強をスムーズに進めるために必要な、
漢字力、計算力、そして何よりも大事な自学力。

受験をするしないにかかわらず、
小学生に必要なのは、こういった「基礎を築く」こと。

大事なのはトップで合格することではなく、
「その先」の勉強をスムーズに進めるための準備をすることではないでしょうか。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-07-13 11:24 | 勉強のこと | Comments(0)

それなりの結果

一部の私立を除いて、多くの学校で期末試験が終了しました。

直前になって、試験対策だ過去問だと大騒ぎせずとも、
普段の勉強をしっかりやってきた生徒は、
「それなりの結果」を出してきてくれました。

逆に直前になって、試験対策だ過去問と大騒ぎしても、
普段の勉強で手を抜いてきた生徒は、
「それなりの結果」で終わったようです。

子どもたちは、それぞれの結果に対して一喜一憂しているようですが、
彼ら(彼女ら)の普段の勉強への取り組み方をずっと見てきた私からすれば、
それは、ひとつの例外もなく「それなりの結果」だったように思います。

やるべきことをやり続けてきた子は「それなりの結果」を出すし、
やるべきことをサボってきた子は「それなりの結果」で終わる。
まあ、そんな感じでしょうか。

さらに言えば、
今回「それなりの良い結果」を出してきた生徒は、
試験終了後もサボることなく、やるべきことをやっているようです。

逆に「それなりの悪い結果」で終わった生徒は、
試験直後は落ち込んで多少反省していたものの、
もうすでに「喉元過ぎれば・・・」の状態に入っているように感じます。

試験の結果は、
「試験直前の頑張り」で決まるのではなく、
「トータルの頑張り」で決まるということ。

そして、次への試験対策はすでに始まっているということ。
しっかり意識して、夏休みも頑張って欲しいと思います。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-07-02 12:40 | 勉強のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強