カテゴリ:家庭教師のこと( 89 )

間違える力

教え子の一人に、堂々と間違えてくれる子がいます。

もちろん間違えてくれる子はたくさん、というか全員ですが、

「堂々と」間違えてくれる子はそんなに多くはいません(笑)。


多くの子は自信なさそうに間違えるか、

「わかりません」でごまかすか、

間違うことを恐れて口を閉ざしてしまうかです。


そんな中で、本気で考えて「堂々と」間違えてくれる子は、

教える立場の人間にとっては、実にありがたい存在です。


というのは、「堂々と」間違えてくれることで、

その子との議論が始まります。


その子は、本気で自分が正しいと思い込んでいるので、

その子をどうやって納得させるかと私の頭もフル回転。

結果、私の説明力までも磨いてくれるからです。


その子とはリビングで授業をしているので、

親御さんにも当然聞こえているはずですが、

決して口を挟んでくることなく、

そのやりとりをいつも楽しんでいるようです。


先日、NHKのSONGSという番組で歌手の小沢健二さんが、

日本人は「間違えない力」を付けようとするあまり、

「間違う力」を失っているといったことを話していました。


「間違ってはいけない」という思いが強すぎて、

間違うことを極端に恐れている人が多い。

だから「間違えない力」を備えた高学歴の人ほど、

英語が話せない人も多い、とも。


私にとってはちょっと耳の痛い話でしたが、

確かにその通りだなと思いました。


「間違ったら叱られる」

「間違ったら恥ずかしい」

そんな思いにがんじがらめになって、

貝になってしまっている生徒、たまに見かけます。


私はよく子供たちに、

「今のうちにいっぱい間違っておきなさい!」と言っていますが、

一度貝になってしまった生徒の心を解きほぐすのは本当に大変です。


テストで点数を取るためには、

どうしても「間違えない力」が重視されがちですが、

社会に出て本当に必要とされるのは、

実は「間違える力」を持った人間なのかもしれませんね。


子供たちの「間違える力」を、

大事に育ててあげたいなって思います。





家庭教師ランキング


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
by sawayoshi45 | 2017-10-07 00:21 | 家庭教師のこと | Comments(0)

時間が解決してくれることもある

体験授業のときはずっとそっぽを向かれていました。

中2の女の子、きっと反抗期でもあったのだと思います。


親御さんが言うには、

今までも家庭教師をやった経験はあるそうですが、

ことごとく先生のほうから断られてきたそうです。


私の場合は自分から断るということはありませんが、

体験授業の様子から、きっと断られるだろうと思っていました。

でも予想に反して「お願いします」というお返事を頂きました。


ちょっと重い気持ちを抱えながらも、

これも神様に与えられた試練(チャンス?)かと思い、

お引き受けすることにしました。


でも今だから言えますが、

最初の1か月は私にとって地獄でした(笑)。


「これやってみて」と言って渡したプリントは、

とりあえず仕方なさそうにやってはくれますが、

私の説明に対しては、全く聞く耳を持たず完全無視。


「これではやっても意味がないのではないか」

「こんな授業で月謝を頂くのは申し訳ない」


そんな思いが何度もよぎりましたが、

意味があるかないかは私が判断することではなく、

生徒や親御さんが判断することだと思い直し、

とにかく淡々と授業をやり続けることにしました。


何か特別なことをしたわけではありませんが、

決まった曜日の決まった時間に、

淡々と授業を続けていくうちに、

少しずつ、少しずつ、

私の問いかけに対して反応してくれるようになりました。


いつの間にか明るく挨拶してくれるようにもなり、

帰り際に手を振って見送ってくれるようにもなりました。


初めて会ったときは、

「これは長くは続かないだろう」と思っていたその子とも、

気付いてみれば、4年以上という長い付き合いとなりました。


最初はあまりうまくいきそうにない関係であっても、

逃げずに根気よく付き合っていくことで、

いずれ時間が解決してくれることもあるということを、

この子は教えてくれました。


この子に出会ったおかげで、

一見やる気のなさそうに見える生徒に対する、

私の見方、考え方は大きく変わりました。


これはやはり神様が私に与えてくれた、

試練でもありチャンスでもあったのだと思います。





家庭教師ランキング


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
by sawayoshi45 | 2017-10-04 23:53 | 家庭教師のこと | Comments(0)

意識の差

例えば本を読んでいて、

よくわからない言葉や表現に出合ったとき、

精神的に成熟している人は、

自分の知識のなさ、読解力のなさを自覚します。


わからない言葉は辞書で調べて覚えようとし、

機会があれば自分も使えるようになりたいと考えます。


でも精神的に未熟な人は、「わからん」のひと言で済ませ、

それ以上わかろうとする努力もせず、挙句の果てには、

「こんなわかりにくい文章を書くほうが悪い」

と他者に責任を転嫁します。


大人でもこんな人、たくさんいますよね。


勉強でも同じことが言えると思います。


先生の説明がよくわからなかったとき、

精神的に成熟した生徒は、

自分の理解力のなさを自覚して、

自分がその説明を理解できる人間になろうと努力します。


でも精神的に未熟な生徒は、

「先生の説明が悪い」と文句を言うだけで、

それ以上自分からは何もしようとしません。


そうやって学年が進んで行くうちに、

それが大きな学力の差となって、

表れてくるのではないかと思います。


「もう一度小学校の勉強からちゃんとやり直したい」


過去の高校生の教え子が、こんなことを言っていました。

これだけ聞くと、

きっと勉強が苦手な生徒の発言だと思いますよね。


でも実際のところ、

その子は学年でもトップクラスの成績で、

さらに部活でも国体の選手に選ばれるほどの、

私から見れば、まさに「スーパーガール」でした。


そんな優等生の彼女が、なぜこんな発言をしたのか。


その真意は、

点数は取れていても自分の知識はまだまだ穴だらけ。

だからその穴をしっかり埋めたうえで大人になりたい。

そんな思いが常に心の中にあったそうです。


まさに「無知の知」の領域といったところでしょうか。


彼女は東京の某有名大学を卒業し、

今はキャビンアテンダントとして活躍しています。


自分の無知を自覚できる謙虚な心。


学力の差は、能力の差というよりは、

やはり意識の差が大きいような気がします。


ただ私自身も、自分の指導力のなさを、

生徒の未熟さのせいにする未熟な指導者にならないよう、

気をつけなければいけませんね。




にほんブログ村



家庭教師ランキング


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
by sawayoshi45 | 2017-09-28 23:33 | 家庭教師のこと | Comments(0)

不登校という選択

不登校の生徒さんを指導させて頂く機会もあります。

病気が原因の場合もあれば、いじめが原因の場合もあります。

また、本人もよくわからない原因不明の場合もあるようです。


病気が原因で学校に行けなくなった子は、

中1まではとても活発で成績優秀な子でした。

中2で病気が発覚してから学校に行けなくなり、

中3の春から私との勉強が始まりました。


学校には行っていませんでしたが、

もともと学力も高く、学習意欲も高かったので、

教えるにはほとんど苦労することはありませんでした。


定期テストだけは他の教室で受けていたそうですが、

1学期の期末テストでは5教科で460点を超え、

学校の先生も驚いていたようです。


ただ、学校に行っていないという理由で、

内申点はかなり厳しくつけられていたので、

公立の進学校は受けることが出来ず、

私立の高校に進むことになりました。


高校合格を機に彼女とはお別れになりましたが、

たまにくれたメールによると、

病気もすっかり治り、部活にも入り、

高校ではとても充実した生活を送ったようです。


いじめが原因で不登校になってしまった子もいました。

あまりの辛さに耐えられず、

死に場所を探して夜中に近所を徘徊したことがあると、

泣きながら話してくれたこともありました。


でもその子にとって唯一の救いはギターでした。

ギターを弾いている時だけは、

嫌なことを忘れられるということでした。


私との授業時間を使って、

ミニコンサートを開いてくれたこともありました.

ギターを弾いている時の彼は、とてもカッコ良く見えました。


彼は通信制の高校を卒業して、

今はミュージシャンの卵として活動しているようです。

きっと中学時代の辛い経験も彼の音楽の糧になっている。

そんな気がします。


どんなに真面目に生きていても、

本人の意思とは関係なく、

辛い目に遭わされる子供たちがいます。


でもどんなに辛い思いをしても、

今の自分に出来ることを一生懸命やっていれば、

いつか道が開けることを、この子たちは教えてくれました。


不登校は決して「逃げ」とか「負け」なんかではなく、

次のステップへのひとつの「選択」なのかもしれません。



にほんブログ村



家庭教師ランキング


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
by sawayoshi45 | 2017-09-27 00:00 | 家庭教師のこと | Comments(0)

人生いろいろ

昨年の2月、過去の教え子からメールが届きました。

「医学部を受験したいから数学を教えて欲しい」と。


彼は高校を卒業後、アメリカの大学に入りました。

その大学の卒業を機に、再び大学受験をする決心をしたそうです。

帰国して間もなく、私に連絡をくれました。


中高生の頃は、ちょっと生意気な所もあった彼ですが、

帰国後の彼は、とても謙虚な好青年に変わっていました。

きっと異国の地での生活を経て、精神的に成長したんだなと思います。


医学部を受験するなら、私より予備校のほうがいいのではと言いましたが、

ブランク期間が長いため、今の状態で予備校に行ってもお金の無駄。

まずは独学で基本をしっかり整えてから予備校を考える、ということでした。

ただ、数学だけは独学では難しいからということで、私に連絡をくれたそうです。


なるほど、受験の厳しさもよく心得ているようです。


さっそく私との勉強をスタートして、今年の3月まで約1年間勉強しました。

さすがに医学部への道は厳しく、1年での合格とはいきませんでしたが、

あとは予備校の先生の力を借りながら、

来年は必ずや合格を手にしてもらうことを願っています。


24歳での大学受験。

もし自分だったらと考えると、精神的にも経済的にも到底無理な話ですが、

彼は親御さんに何度も頭を下げて、もう1年だけという約束で、

この挑戦を許してもらったそうです。


人よりちょっとだけ回り道をした分、

周りへの感謝の気持ちと、

いつか恩返ししなければという強い気持ちを持って今は頑張っているそうです。

親に反抗ばかりして迷惑をかけてきた私とは大違いです(笑)。


来年彼が合格したとしても、お医者さんになれるのはさらに6年後。

まだまだ道は長いですが、自分が苦労してきた分、

きっと将来は、人の気持ちがわかる、

心優しいお医者さんになってくれるのではないかと信じています。


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
by sawayoshi45 | 2017-08-16 23:39 | 家庭教師のこと | Comments(0)

うらやましい

インターナショナルスクールに通っている生徒と、

なぜか不思議と縁があります。

今も教え子に1人います。


当然のことですが、彼女たちは英語がとても堪能。

受験のための英語しか勉強してこなかった私からすると、

ネイティブな発音が自然に出来る彼女たちの能力は、

本当にうらやましい限りです。


過去に受け持った生徒は、その英語を武器にして、

私には到底入れそうにない、とある有名大学に合格しました。

やっぱりうらやましい限りです。


そんな彼女たちに私が教えられるのは、

もちろん英語以外の教科ということになるわけですが、

そんな彼女たちも英文法となるとあまり得意ではないようで、

be動詞だの一般動詞だのと言われても、いまいちピンとこないようです。

おもしろいものですね。


そんな彼女たちから英語の発音を教えてもらいながら、

彼女たちに英文法を教えている私。

何とも不思議な授業風景です(笑)。


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
by sawayoshi45 | 2017-08-13 23:24 | 家庭教師のこと | Comments(0)

新学期スタート

今週から小中高ともに新学期がスタートですね。
きっと子供たちも新しい環境のもとで、
「新たな気持ちで頑張ろう!」と意気込んでいることと思います。

私のほうは昨日で春期講習の全日程を終え、
久し振りにのんびりとした朝を迎えることができました。

また、この1か月の間に良いご縁にも恵まれ、
今年度も何とか生き残っていけそうなメドが付きました(笑)。
数ある塾や家庭教師の中から、
あえて私を選んでくれたことに本当に感謝です。

今年度は、高校生9人、中学生5人、小学生6人。
男の子9人、女の子11人といった布陣です。

ここ数年、高齢化(?)が進んでいるのが気になっていましたが、
今年は小学生が4人加わってくれましたので、ほっとひと安心です。

ただ、今年は大学受験生が4人います。
1年でこれだけの大学受験生を抱えた年は今までにないので、
私のとってはかなりハードな1年になりそうな予感ですが、
そこはまあ、いつも通り気合で乗り切っていこうと思っております。

まあ、そんなわけで今年もかわいい教え子たちと一緒に頑張っていきますので、
みなさん、今年度もよろしくお願い致します。
[PR]
by sawayoshi45 | 2015-04-06 14:13 | 家庭教師のこと | Comments(0)

合格発表

昨日は公立高校の合格発表。

前回の記事で、
「高校受験はさほど重要視していない」なんて強がってはみたものの(笑)、
やはりみんなの結果を聞くまでは、ハラハラドキドキの1日でした。

そして結果は・・・

すでに学校推薦で内定を決めていた生徒を含め、
全員が第一志望校への合格を決めてくれました。
ほっとひと安心です。

出会った頃は、勉強のやり方もよく分からず、
「出来ません」「わかりません」「忘れました」を繰り返していた彼ら(彼女ら)が、
1年、2年をかけて少しずつ成長を続け、自分の目標を達成する姿を見られるのは、
本当に嬉しいものですね。

みんな本当によく頑張ってくれたと思います。

ただ、何度も言うようですが、「本当の勝負はこれから!」です。

受験とともにお別れになってしまった生徒もいますが、
高校に行っても継続してくれる生徒もいます。

私の次なる使命は、その生徒たちを、
3年かけて国公立大学レベルまで引っ張って行くこと。

高校受験はいわば「札幌大会」ですが、大学受験は「全国大会」。
その「全国大会」で勝つためには、
これまでの何倍もの努力が必要であるのは言うまでもないことですね。

「全国大会」に向けてのスタートはすでに切られています。
今まで以上に「自学力」が求められる大会です。
燃え尽きている暇なんてありません。

まだまだ険しい道は続きますが、
しっかりと「自学力」を磨いて、
3年後には、次なる目標を達成して欲しいと思います。
[PR]
by sawayoshi45 | 2014-03-18 11:20 | 家庭教師のこと | Comments(0)

冬期講習スタート

他の生徒よりひと足早く、
ある高3受験生との冬期講習が今日から始まります。

彼女とは中1の頃からの6年間のお付き合い。
1度もぶれることなく、たんたんと頑張ってきてくれました。
それだけに私としても「受かって欲しい」という思い入れの強い生徒です。

目標が高いだけに、本人は「浪人覚悟」なんて言っていますが、
今はまだ「現役合格」にこだわって頑張って欲しいと思っています。

センター試験まで残り1か月。
私も少しでも彼女の力になれれるよう頑張ります!

それでは行ってきます!
[PR]
by sawayoshi45 | 2013-12-10 12:34 | 家庭教師のこと | Comments(0)

今年度の布陣

2月~3月にかけては受験生との寂しいお別れがあり、
3月からは新しい生徒さんとの出会いがあり、
その間に国公立大学と公立高校の合格発表がありと、
この1か月はなかなかエキサイティングな日々を送ってきました。

残念ながら、私の指導力不足のせいで、
「第一志望校全員合格」というわけにはいきませんでしたが、
不合格だった生徒もすでに気持ちを切り替えて、
次に向かって走り出しているのが嬉しい限りです。

頑張ったうえでの失敗は決して恥ずかしいことではありません。
本当に大事なのは、むしろこれからの生活。
この経験を活かして、次は必ずリベンジして欲しいなって思います。

そんな中、今年度の「サワダファミリー(?)」のメンバーもほぼ固まりました。

男の子8人、女の子16人の計24人での出陣。
人数的には、おそらく過去最高のスタートになりました。

内訳は高校生6人、中学生15人、小学生3人。
中でも新中3が9名(うち7名が受験生)ということもあり、
今までで最もハードな1年になりそうな予感です。

といっても、仕事が趣味(?)の私にとってはむしろ嬉しい悲鳴。
気持ち的には今からわくわくして仕方がないのですが(笑)、
まあ、年も年なので体調を崩さないよう、
あまり無理をしない程度に頑張っていければと思っています。

というわけでみなさん、
今年度もよろしくお願い致します。
[PR]
by sawayoshi45 | 2013-03-26 11:18 | 家庭教師のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強