<   2005年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

仕事納め

今日で今年の仕事納め。
来年の初仕事は5日からの予定なので、明日から5日間のお休みに入ります。
といってもどこかに出かける予定もございません。
せいぜい街に福袋でも買いに行くか、映画でも観に行くのが関の山。
混んでる温泉に入るのはあまり好きじゃないし、
多分毎年恒例の寝正月ということになるでしょう。

あまりに暇すぎて、いろんなブログを徘徊しているかも知れません。
あまりに暇すぎて、いろんなブログに登場してくるかも知れません。
今これを読んでくれているブロガーのみなさん、
もしあなたのブログに私が登場してきたら、どうか快く受け入れてくださいね。
たまに毒を吐くことはありますが、根は悪いヤツではありませんから・・・。

まあ、今年もいろんなことがありましたが、
仕事でも私生活でも特に大きなトラブルがなかったということで、
いい年だったんでしょうね、きっと。

来年は私にとって、多分大きな変化が起きる年になりそうです。
何が変わるかはまだヒミツですが、
まあ、そのときが来たらこのブログ上でもお知らせしていきますので期待していてください。

それではみなさん、良いお年をお迎えください。
[PR]
by sawayoshi45 | 2005-12-30 23:39 | 自分のこと | Comments(0)

真の実力とは

「真の実力」とは継続的なものでなければなりません。
イチロー選手は、毎年同じように好成績を残すから「一流」なんです。
たまたま1年や2年、調子が良くて活躍できただけというのでは、
「一流選手」とは言いません。
調子に左右されない力、
そしてそのための努力を惜しまない気持ちを持続できることが「真の実力」だと思います。

そしてこれは、勉強についても同じことが言えます。
今まで50点しか取れなかった子が、たまたま調子が良くて今回は80点取れた。
喜んで自信を持つのはいいですが、それだけで「実力」がついたと思うのは間違いです。
その80点を何度も持続させてこそはじめて「80点の実力」がついたと言えるんです。
調子によって左右される程度の力は「真の実力」とは言いません。

勉強における「真の実力」とは、忘れようと思っても忘れられない知識。
つまり、頭で覚えているのではなく、体にしみついてしまった知識です。
これは体にしみつくまで練習した人だけが得られる知識です。
受験が終わると同時に抜けてしまうような知識は「真の実力」ではありません。

受験生のみなさん。
「今まで頑張ってきたから、正月ぐらいは遊んでもいいや」って思ってませんか? 
気持ちはよくわかります。
でも、もし落ちたときのことを考えてみてください。
本当に一生懸命やって落ちたのなら、キミたちを責める権利は誰にもありません。

でも、この時期遊んでしまったために落ちたとしたら・・・。
それまでキミたちを応援してくれた人、例えば学校の先生や塾の先生、
そして何よりもキミたちの学費を稼ぐために一生懸命働いてきた両親に対して、
どう言い訳しますか? 

もうそろそろ大人になりましょうよ。
せめて今年ぐらいは正月関係なく机に向かいましょうよ。
そういった気持ちを持てるようになって、
はじめて「真の実力」への第一歩を踏み出せるのではないかと思います。
頑張ってください。

と、今までエラそうなことを書いてきましたが、
実はこれ、私自身への戒めの意味もこめて書きました。
私は1年でも2年でも長く、この業界にしがみついていきたいと思っています。
そのためには、みなさんに認められるような
「真の実力」を身につけるための努力を惜しんではいけないと、
自分自身に気合を入れるために書いてみました。
[PR]
by sawayoshi45 | 2005-12-29 23:56 | 勉強のこと | Comments(0)

教師の守秘義務

お医者さんや弁護士には、
患者や依頼人の権利を守るための「守秘義務」というのがあります。

この「守秘義務」、
私は教師や塾講師、家庭教師にもあってもいいんじゃないかと思っています。

教育関係のブログを見てまわっていると、
授業風景や生徒との会話などを載せたものをよく見かけます。

まあ、楽しい雰囲気のものであれば特に問題はないんですが、
なかには、自分の担当する生徒の成績などをこと細かく書いてあるのがありますよね。

特に塾講師や家庭教師の方に多く見られます。
まあ、自分の授業のうまさを自慢したい気持ちはわからないでもありませんけど・・・。

でも、いくら名前を公表していないと言っても、
これってあまり感心できることではないと思います。

自分の成績が自分の知らないところで、公開されている。
これってプライバシーの侵害ですよね。

もし、これを本人(生徒)が知ったらどう思うでしょう? 

本人の承諾を得ているのなら別ですけど、
そうでなければ、やはり教育者としての配慮に欠けると思わざるを得ません。

配慮に欠けると言えば、「成績上昇率90%以上」という塾や家庭教師の宣伝もそう。

これが真実かどうかは別として、「90%以上の子が成績が上がる」ということは、
裏を返せば、「10%近くの子は上がっていない」ということ。

この「10%近くの子」が、この宣伝を見たらどう思うでしょう?

「やっぱりボクはバカなんだろうか」と自信をなくするのは目に見えています。

教育に携わる人間ならば、
この「10%近くの子」に対して「申し訳ない」という気持ちを持つべきではないでしょうか。

まあ、こういった宣伝はきっと、
「成績が上がらない」という親からのクレームが来たときのための「予防線」だと思います。

「成績が上がらないのはあなたのお子さんに原因があります。
他の生徒は上がっているんですから。」と言えば、
塾としては責任逃れが出来ますからね。

最近はこういったCMあまり見なくなったので、きっとクレームでも来たんでしょうが・・・。

生徒のプライバシーを守るためにも、自分を守るためにも、
「守秘義務」を守って、
余計な宣伝をしないのが一番だと私は思っているんですが、いかがでしょう? 
[PR]
by sawayoshi45 | 2005-12-29 01:05 | 家庭教師のこと | Comments(0)

お金の話

自由業で食べている私は、常に将来への不安を抱きながら生活しています。
明日から仕事が無くなるということも十分考えられます。
そのため、無謀な借金やローンというものには絶対に手を出さないようにしています。
だから、私はクレジットカードも1枚も持っていません。
妻にも持たせていません。

人間いざとなったとき、マイナスからは大変ですが、
ゼロからならいくらでもやり直せると思っています。
そのため、背負う荷物は軽くしておくに限ります。
我が家で一番高価なものといえば、今使っているこのパソコンぐらいでしょうか。
車もありません。
もちろん、マイホームなんて今の私には夢物語です。
贅沢は出来ませんが、その分、好きなことをやって食べさせてもらっていると思えば、
別に苦痛に思うこともありません。

小さい頃から母親に、「人様から借金だけはするな!」と言われて育てられました。
大学生のとき、一度だけ資格商法というものに引っかかり、
60万ほどのローンに苦しんだことがあります。
アルバイトで何とか完済しましたが、今思えばこれが良い経験だったのかもしれません。
それ以来、借金というものとは無縁の生活をしてきました。
今までさんざん親の期待を裏切ってきた私ですが、
今でもこの教えだけは守っているのが私の誇りでもあります。

最近、テレビをつけると必ずといっていいほど消費者金融のCMを見ます。
どこのCMもきれいなタレントさんやかわいい犬をキャラクターにして、
イメージアップに努めています。
このCMを見る限り、「お金を借りる」という行為に、
あまりブラックなイメージは感じられません。
きっと今の若者たちは、「お金を借りる」ことに対して
「後ろめたさ」もあまり感じないのかもしれません。

でも、「生活のためにやむを得ず」というならともかく、
「贅沢する」ために気軽にお金を借りられる世の中ってやっぱりおかしいような気がします。

今の子供たちに税金や年金のしくみを教えることは大切なことです。
表面上の程度のものなら、中3の教科書にも載ってるし授業でも扱います。
でも、子供がある程度の年齢に達したなら、もっと血生臭いというかどろどろした部分、
つまり「お金の恐ろしさ」について具体的に教えることも必要なことじゃないかと思います。
表面的な部分だけでなく、そういった教育があってもいいのではないかと思います。

今、日本の自己破産者は年々増加しています。
あまり報道されることはありませんが、
借金を苦に自殺する人は年間2万人とも3万人とも言われています。
正しい金銭感覚を持ち、身の丈に合った生活さえしていたなら、
そこまで追い込まれずに済んだ人も多いのではないでしょうか。
[PR]
by sawayoshi45 | 2005-12-27 00:55 | 世間のこと | Comments(2)

クリスマスイヴ

今日はクリスマスイヴ。
せっかくのクリスマスイヴに堅苦しい話を書くのもどうかと思うので、
今日は簡単な日記にしときます。

今日は仕事が休みだったので、妻と街でお買い物。
さすが3連休とあって街はすごい人でした。
正月のしめ飾りを買ってケーキを買って・・・。

実は私、猫背で姿勢が悪いせいか、慢性の肩こりでございます。
それでこの前のように、寝違えを起こしやすいんじゃないかと思い、
高いとは思いつつ思い切ってテンピュール枕なるものを買ってみました。
これで少しでも肩こりが良くなればいいんですが。
今日からはちょっと寝るのが楽しみでございます。
いいクリスマスプレゼントになりました。

あ、それからケーキを買っている間、
隣の立ち食いそば屋さんで若いカップルが2人で仲良くそばを食べていました。
普段なら何でもない光景ですが、
こういった日だけに、何だかとても微笑ましい気分になりました。
まさか近くにいた「オヤジ」が自分たちを見て、
おせっかいにも「きっとこの2人は、これからも仲良くやっていくんだろうなあ」
と思っていたなんて、この2人には思いもよらなかったでしょうね。

それでは、私はこれからチキンを食べてケーキを食べて、DVDでも見て、
テンピュール枕で寝ることにします。
では、みなさんも楽しいクリスマスを!
[PR]
by sawayoshi45 | 2005-12-24 21:20 | どうでもいいこと | Comments(0)

株にはまる主婦

深夜のニュース番組を見ていたら、「株にはまる主婦」の特集をしていた。何日か前のジェイコム株の騒動で、1日に何億も儲けちゃった人もいたそうで。その影響もあってか最近、「株にはまる主婦」が激増しているらしい。パソコンの前に座って売ったり買ったりするだけで、うまくいけば1日数十万の利益が得られる。確かに魅力的だし、気持ちはよくわかる。私も軍資金さえあれば、興味がないわけでもない。その肝心の軍資金がないので、今はその心配はないけど。

株をやること自体、別に悪いことでも何でもない。多少ギャンブル的な要素は強いけど、やるやらないは個人の自由であり、私がとやかく言える立場でもない。誰が儲けようが損しようが、私にはまったく関係ない。だけど・・・。

子育てを放棄してまで株に夢中になるのは、ちょっと違うと思う。テレビで取材を受けていた主婦には、2人の小さな子供がいた。母親がパソコンに夢中になっているすぐそばで、子供たちはケンカをしている。でもその母親は、子供が騒ごうが暴れようがおかまいなし。5円上がった、10円下がったと言ってはパソコンに向かっている。これはもう家庭崩壊の状態といっても言い過ぎではないだろう。

この母親、たとえ株で月に数十万儲けられたとしても、あとでそれ以上の損失を受けることになるだろう。教育に携わる人間のひとりとして、この番組を見ていて何だかいや~な気分になってしまった。せっかくのクリスマスイヴだというのに・・・。
[PR]
by sawayoshi45 | 2005-12-24 01:23 | 世間のこと | Comments(1)

一陽来復

今日は冬至で、昼の長さが一番短い日。
この冬至のことを「一陽来復」ともいうそうで、「陰が極まって陽がくる」、
つまり、「悪いことが続いた後に、良いことがやってくる」という意味。

良いことがいつまでも続かないのと同様、悪いこともいつまでも続かない。
そこを耐えて、いっそどん底まで落ちてしまえば、あとは上がるしかないということで、
苦しい時の教訓にするには、なかなかいい言葉ですよね。
まあ、私ごときの人生で「どん底」を語るにはまだ数十年早いですが・・・。

ともかく明日からは太陽の高度が少しずつ高くなり、昼の時間も長くなります。
私の首も良くなって来ています。
明日からはまたまともに書くことが出来そうです。
太陽の高度のように、せめて、
6月の夏至までは上昇できるよう頑張っていきたいところですので、みなさん、よろしく。
[PR]
by sawayoshi45 | 2005-12-23 01:07 | 世間のこと | Comments(0)

味噌煮込みうどん

今日からローソンで新発売の味噌煮込みうどん。
昨日の深夜、大泉洋の番組で紹介していて、見るからに美味しそうだったので、
早速買って食べてみた。
予想通り美味しかった。
これはおすすめ!! 
期間限定発売らしいので、興味のある方はローソンへ走れ!

寝違えの件、だんだん良くはなっているんだろうけど、やはりまだ首が痛い。
本調子になるまでまだ時間がかかりそうだ。
パソコンをやるのもあまりよくないそうなので、今日もここまで。
[PR]
by sawayoshi45 | 2005-12-21 23:28 | どうでもいいこと | Comments(0)

首が回らない!

といっても借金じゃないよ。
朝(世間的には昼とも言う)起きたら、大変なことになっていた。
首が回らない! 

どうやら寝違えたらしい。
頭がボーッとする。
何とか仕事は終えて来たけど、正直これを書いてるのもつらい。
というわけで、今日はここまで。また明日・・・。
[PR]
by sawayoshi45 | 2005-12-19 23:24 | 自分のこと | Comments(0)

「相性」という壁

およそ「先生」と呼ばれる職業の人は、プライドが高く自信家が多いですね。
塾講師や家庭教師も同じです(もちろん私にもそういう所があります)。
みんな自分の教え方が一番だと思っています。

それは同業者の方のホームページやブログを読めば一目瞭然です。
おまけに、たまにご父兄の方からお礼の手紙なんかもらえば気分は有頂天。
「自分はいい先生だ」と改めて確認(勘違い?)することが出来ます。
私にも経験があるので、気持ちはよ~くわかります。

といっても、この商売ある程度の自信がなければ続きません。
教わるほうも、自信のない先生に教わるのはイヤですよね。
ですから、自分に自信を持つことは悪いことではないと私も思います。
ただ、いくら「いい先生」と言われている方でも、いくら教え方のうまい先生でも、
どうしても乗り越えられない壁があります。
それは生徒との「相性」です。

会社も学校も塾も、もともと違った場所で生まれ、
違った環境で育った人たちが集まった場所です。
そこで、全ての人たちに自分を認めさせるのは不可能に近いことです。
どうしても「相性」のいい人と悪い人というのが存在します。
その「相性」の悪さを認める勇気を持つことも、
塾講師や家庭教師には必要な資質だと思います。

いったん嫌われた生徒との関係の修復は、ほとんど不可能と思ったほうがいいでしょう。
私の場合、もしそういったことがあれば、親御さんと相談し、自分から辞退させて頂きます。
そのほうがお互いのためだと思っているからです。

京都で女の子を刺殺した萩野容疑者。
聞くところによると、他の生徒や同僚からの評判は、多少変わったところはあったものの、
授業に関しては教え方もうまく、とても良かったようです。
自他共に認める「いい先生」だったのでしょう。
きっと教え方に関しては、かなりの自信があったのではないかと思います。

でもそこに、自分の思い通りにいかない生徒が現れました。
エリート街道を突っ走ってきた彼には、その子の存在を許すことが出来ません。
「この子さえいなくなれば、自分がラクになる」といった自分勝手な感情で、
犯行に及んだそうです。
「相性」の悪さを認めることが出来ていたら、
こんなことにはならなかったのではないでしょうか。

それにしてもこの講師、過去にもいろいろ問題を起こしていたそうで。
それを塾も他の講師も見抜けなかった。
ある意味、殺された女の子だけがこの講師の「不自然さ」に気づいていたのかも知れません。
人を見る目が鋭かったために殺されたとすれば・・・、
何とも皮肉な事件としか言いようがありません。



・明日、いよいよ新しい生徒との面談だというのに、鼻にニキビが出来てしまった。まさに赤鼻のトナカイ?(体型的にはブタ?) クリスマスも近いことだし・・・、ま、いいか。それにしても、なんてタイミングが悪いんでしょう。日ごろの行いが悪いのかな~。まあ、何とか気に入られるように頑張ってきます。
[PR]
by sawayoshi45 | 2005-12-18 00:29 | 家庭教師のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強