<   2007年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

リズム

f0015391_1131429.jpg
日ハムとロッテの首位争い。
数年前までは、
考えられなかった状況。
下克上ってやっつ?



毎日何時に起きて、何時に寝る。
みなさん、それぞれに生活の「リズム」というものをお持ちだと思います。

私も若い頃は、1日や2日の徹夜も平気だった時期もありましたが、
最近はちょっと生活の「リズム」が崩れただけで、
その日1日、体調がすぐれなかったりします。

無理をすれば歪みがくる。
それだけ「リズム」って大事なんだなって思います。

子供たちに普段の生活の「リズム」を聞くことがあります。

ある程度、勉強が得意な生徒は、
「何時に学校から帰ってきて、何時から勉強を始めて・・・」
と、勉強の「リズム」がしっかり出来上がっています。

一方、勉強が苦手な生徒は、
「その日によって始める時間が違う」
「やる日はやるけど、やらない日もあるし・・・」
と、何だか曖昧な答えが返ってきます。

やはり、こういった普段の生活の積み重ねで、
どんどん差がついていくんだろうなと思わざるを得ません。

勉強が出来るようになりたければ、
まずは勉強の「リズム」を作ることです。

この時間になったら自然に体が机に向かう。
そういった状態にならなければいけません。

勉強が苦手な生徒にとって、勉強は「特別なこと」ですが、
勉強が得意な生徒にとって、勉強は「当たり前のこと」です。

勉強を「当たり前のこと」と感じられるようになるために、
まずはカタチから。

生活の「リズム」、そして勉強の「リズム」を整えることが大切だと思います。


※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-30 01:05 | 勉強のこと | Comments(0)

次は頑張ります!

f0015391_059151.jpg

100万以上の授業料を納めて、
教室が突然閉鎖

生徒と親御さんはやりきれませんね。
その点、ウチは全て後払いなので安心ですよ~♪
(↑密かに宣伝・・・笑)




テストが終わると、
毎回のように生徒からこんな言葉を聞かされます。

「次は頑張ります!」

今まで何度聞かされてきたかわかりません。(笑)

でもこの言葉、裏を返せば、
「今回は頑張らなかった」と言っているのと同じですね。

本当に頑張った生徒なら、
「次も頑張ります!」になるはずです。

「次は頑張ります!」ということは、
「まだまだ頑張る余力があったのにやらなかった」
ということですからね。

さて、そう言ってくる生徒にテスト問題をもう一度解かせてみます。

案の定、出来ません。
まったく復習をしていないのがよくわかります。

「次は頑張る」の「次」とは一体いつのことを言っているのか、
私にはさっぱりわかりません。(笑)

「次は頑張る」と思っているうちに、
「次」はあっという間にやってきます。
そして、同じことの繰り返しです。

机の上や本棚を見てください。
カバンの中を見てください。

そこに、やるべきものはたくさんあるはずですよね。
「何をやっていいかわからない」なんて言わないでください。

本気で成績を上げたいと思うのなら、
「次は頑張る」のではなく、
「今を頑張る」に意識を変えなければいけません。

ところで、今日は何を覚えましたか?


※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-28 01:03 | 勉強のこと | Comments(6)

こうすれば、こうなる?

f0015391_134497.jpg
何とか生きてはいますが、
不覚にもちょっと風邪気味です。
子供たちに移さないように、
気をつけなくちゃね。



このブログの読者の方なら、
もうお気づきかも知れませんが、
私は、「かも知れない」という言葉をよく使います。

優柔不断な性格なのかも知れませんが、
正直言って、断定したものの言い方が苦手です。

「やれば出来る(かも知れない)」
「努力は報われる(かも知れない)」
「勉強すれば、合格できる(かも知れない)」
「頑張れば、幸せになれる(かも知れない)」

う~ん、こう書くと、何だか頼りない感じがしますけどね。(笑)

でも私は、「こうすれば、こうなる」といった単純な発想には、
何となく嫌悪感を抱いています。

私の今までの人生経験上、
「こうしても、こうならなかった」といったことを、
多く経験してきたからかも知れません。(笑)

私は「人生は思い通りにいかなくて当然」と思っています。
もちろん努力は大切です。

ただ、「人生を思い通りにするため」に必要なのではなく、
「思い通りにいかないときのため」に必要。
そのように考えています。

努力には忍耐力が必要です。

みんなが遊んでいるとき、
その誘惑に負けない忍耐力が必要です。

みんながゲームを楽しんでいるとき、
勉強するという忍耐力が必要です。

そうやって鍛えた忍耐力は、
「人生が思い通りにいかなかったとき」に、大きな力を発揮する。

だから、報われるとか報われないとかは関係なく、
努力をすることにこそ価値がある。
子供たちには、そのように伝えています。

「どうすれば点数が取れますか?」
「どうすれば成績が上がりますか?」

スイッチひとつで何でも出来る環境で育ってきた子供たちは、
「こうすれば、こうなる」といった方法を簡単に求めてきます。

でも、勉強はスイッチひとつで出来るようになるわけではありません。

生活体験、感覚、心の状態、努力の量・・・、
そういったさまざまな要因が組み合わさって、
それが結果として表れてきます。

ですから子供のこういった質問には、

「キミたちの目から見て、
一見ムダに見えることにも真剣に取り組めるようになれたら、
成績も上がるかも知れないよ」

と答えるようにしていますが、
さて、どれだけの生徒にその真意が伝わっているかは、
定かではございません。(苦笑)


※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-26 01:49 | 人生のこと | Comments(2)

当たり前のこと

f0015391_052717.jpg
体験授業や夏期講習の準備などで、
ちょっと更新が滞りがちですが、
ちゃんと生きてま~す。(笑)




先日、テレビのクイズ番組で、
あるタレントさんがこんなことを言っていました。

「普段はあまり解ることがないんだけど、
たまに自分が解ったときだけは、
なぜ他の人が解らないのか不思議で仕方がない」と。

この感覚、何となくわかるような気がしますよね。
みなさんも同じこと、思ったことないでしょうか?

「子供たちが、なぜ解らないのかが解らない」

私も教えて間もない頃は、
正直こういった感覚を持ったことがよくありました。
それを子供の努力不足のせいにしたこともあります。
これでは、指導者失格ですよね。(苦笑)

自分は解っているから、
自分にとっては、ごく「当たり前のこと」のことでも、
子供にとっては初めての経験。

なかなか定着してくれないのは、
それこそ「当たり前のこと」なんですよね。

でも、自分の思いが先走ってしまうと、
そういった「当たり前のこと」をつい忘れてしまいがち。
気をつけないといけませんよね。

自分にとって、「当たり前のこと」だからといって、
相手にとっても、「当たり前のこと」とは限りません。

自分だって、最初は解らないことだらけだったはずですし、
何度やっても覚えられなかったものもたくさんあったはず。

教えるうえで一番大事なことのひとつは、
「解って当たり前」から、
「解らなくて当たり前」に頭を切り替えることではないかと思います。

「解らなくて当たり前」のことを、
子供たちにどうやって伝えていくか、
そう考えれば、自ずと教える技術は磨かれていきますからね。

教養とは相手の気持ちが分かること。
養老孟司さんの言葉ですが、ホント、その通りだなって思います。

子供に接する仕事をしている以上、
自分が子供だった頃の気持ち、
忘れないようにしたいですね。


※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-24 00:56 | 教育のこと | Comments(0)

普通の基準

f0015391_031398.jpg


あんな爆発が現実にあるなんて・・・
恐いですね。



今まで30点か40点しか取れなかった生徒が、
塾に通ったら、次のテストで70点を取って帰って来た。

親御さんとしては、とても嬉しいことですね。
「そこの塾に通わせて良かった」と、
その塾に感謝の気持ちでいっぱいになります。

でも、その次のテストで、
その子が60点を取ってきたらどうでしょう?

もともと30点か40点しか取れなかったことを考えれば、
さほどがっかりする点数ではありません。

というか、むしろ喜ばしい点数です。
ただ、前回の70点と比べてしまうと、
10点落ちたことになってしまいます。

親御さんとしては、ちょっと不満が残ります。
以前はあれほど感謝していた塾にも、
不満のひとつも言いたくなります。

中には、それだけで塾を変えてしまう方もいるかも知れません。

「前回30点が70点になったんだから、今度は90点取れるはずだ!」
という根拠のない期待が、不満を募らせる結果になります。

これは、親御さんの心の中で「普通の基準」が変わったからです。

それまでは30点か40点が、その子に対する「普通の基準」でした。
でも、たった1回70点を取ったがために、
その70点が「普通の基準」になってしまった。

まあ、そんなところでしょうか。

勉強も仕事も、いくら頑張ったからといって、
常に「右肩上がり」というわけにはいきませんよね。

たいていは上がったり下がったりを繰り返しながら、
「1年前に比べれば、少しはマシになったかな?」
といった感じだと思います。

子供が持ってきたテストの点数にイライラを感じたとき、
それは、その子に対する「普通の基準」を、
自分の中で勝手に上げているときだと思います。

そんなときは一度、
「半年前の基準」、「1年前の基準」に戻して、
子供の成長を考えてみてはいかがでしょうか?

半年前、1年前に比べれば、
子供ははるかに成長していることに気づくはずです。

以前、「タテの比較とヨコの比較」という記事を書いたことがありますが、
間違っても、他のお子さんを「普通の基準」にしないよう、
気をつけたいところですね。

※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-21 00:12 | 教育のこと | Comments(0)

サービス業

f0015391_0104870.jpg
何を間違ったのか、
妻が英語の勉強をし始めた。
今までで一番手強い「生徒」?
私の力が試されるときが来たかも・・・(笑)




どうしても生徒を叱る必要があるときは、
必ず授業の前半で終わらせます。

重い雰囲気を後半に引きずりたくないので、
後半は、なるべく明るく授業をするように心がけています。

そして、授業でどんなに厳しい言葉を吐いた後であっても、
帰り際は、いつも笑顔で帰ってくるようにしています。

もちろん私も人間ですので、
その日によって、感情の起伏は多少あるかと思いますが、
これだけは10年間ずっと守ってきたつもりです。

私の仕事は「サービス業」です。
「サービス業」は、お客様を気分良くさせるのが仕事です。

たとえ10点や20点上げられたとしても、
子供や親御さんが、私に対して少しでも苦痛を感じれば、
それは「サービス業」ではありません。

「厳しい指導」もいいですが、
その厳しさを受け入れてもらえる状態を作るのも、
私たちの仕事だと思います。

ただ闇雲に「厳しい指導」を売り物にするのは、
料理人が何の工夫もせずに料理を出して、
「さあ、食え!」と言っているのと同じです。

自分が差し出した料理をお客さんが食べないからといって、
食べないお客さんに責任を押し付けてはいけません。

食べてもらえなかったら、食べてもらえるような工夫をするのが、
料理人の務めであり、「サービス業」の基本だと思います。

勉強には、どうしても苦痛が伴います。
多くの子供たちにとって、「勉強」は苦痛な作業です。

この苦痛な作業、
本当ならひとりで乗り越えるのが理想ではあるんですが、
そこまで強い精神力を持った子供は、ごくマレです。

多くの生徒は、「いっぱいいっぱい」な状態で、
塾や家庭教師に助けを求めてきます。

ひとりでは、その苦痛に耐えられなくても、
みんなと一緒なら、あるいは、先生と一緒なら、
何とか乗り越えられるかも知れない。

そういった希望をもって、
私のようなところにも依頼がやってきます。

その希望に応えるのが、
「サービス業」である私たちの務めだと思います。

自分の授業が価値あるものかどうか、
それを判断するのは「サービスする側」の人間ではありません。
あくまで「サービスを受ける側」の子供と親御さんです。

「先生の来る日が楽しみ」

まだまだ力不足ではありますが、「サービス業」に携わっている以上、
子供や親御さんに、そう思ってもらえる指導を心がけたいなって思います。


※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-19 00:28 | 家庭教師のこと | Comments(2)

年に1度のお楽しみ

f0015391_437184.jpg
札幌ドームが出来て間もない頃は、
ヒマさえあれば球場に足を運んでいた私ですが、
ここ数年は、ドラゴンズが札幌に来るときのみ。
今となっては、年に1度のお楽しみ行事となっております。

というわけで、行ってまいりました。
日本ハムファイターズ対中日ドラゴンズの交流戦。

日本ハムファン9割、ドラゴンズファン1割、
札幌市民なのに、私にとっては「アウェイ」での応援でした。(笑)

でも、十分満喫してまいりました。
これでまた、明日からの仕事、頑張れそうです!(笑)

それにしても、日本ハムファン、増えましたねえ~。
1年ぶりに来たドームですが、
日本ハムファンの多さには正直ビックリしました。

数年前までは、巨人ファンしかいなかったこの地で、
ホント、よくここまで根付いたなって思います。

これも新庄様様ですね。

まあ、いずれにしろ北海道が盛り上がるのはいいこと。
少しでも、それにあやかりたいものでございます。(笑)

あっ、結果ですか?
3対2でドラゴンズの勝ち!
9割の日本ハムファンの方、どうもすいません!


※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-17 01:58 | どうでもいいこと | Comments(0)

目くそ鼻くそを笑う

f0015391_0592088.jpg
一応メンテナンスは終えたようですが、
まだ重いですよね。
表示されないこともしばしば。
いったいどうしたんでしょう?



営業の仕事をしていた頃、
「同業他社の悪口は絶対に言うな!」と教えられました。

他社の悪口を言って、自社の製品を売り込もうとする。
他人の悪口を言って、自分の評価を高めようとする。

はっきり言って、「卑怯な手」ではあるんですが、
感情が先行してしまうと、
誰でもついやってしまいがちですよね。

でも、うまくやったと思っているのは実は本人だけ。
そういったときは、たいてい傍から見れば、
「目くそ鼻くそを笑っている」ようにしか見えないものです。

子供がクラスメイトの悪口を言います。

「アイツはワガママでどうしようもない」
「クラスにこんなひどいヤツがいる」
「ウチのクラス、かわいい子いないんだよね」

これも子供には申し訳ありませんが、
私からすれば、「目くそ鼻くそを笑っている」ようにしか見えません。

まあ、何かと悪態をつきたい年頃と言えばそれまでなんですが、
このまま暴走させておくわけにもいきませんので、

「キミだって相手からそう思われているかも知れないんだよ」
「他人のことより、まずは自分じゃないの?」
と諭すようにしています。

といっても、そういう私自身も「目くそ鼻くそ」なんですけどね(苦笑)

ただ、これも子供であれば、まだ可愛いものですが、
いい歳をしたおっさんやおばさんということになれば、
見苦しいとしか言いようがありません。

普段はさんざん威張り散らして、他人の悪口を言っているのに、
いざ自分が矢面に立たされると、
「名誉毀損だ!」「訴えてやる!」と被害者面をします。

周りの人が気を遣ってくれたり、相手が妥協してくれたりして、
その場は何とか収まったとしても、
時間が経てば、また同じことを繰り返します。

まさに「お山の大将」ですね。

そういう人は、
「トラブルに巻き込まれやすい」のではなく、
「自分でトラブルを引き起こしている」だけ。

ある程度の社会的地位を得ている方や教育関係者の方の中にも、
意外とこういう方が多いのは、何とも悲しい現実ですが・・・(苦笑)

「昔神童、今ただの人」

学校時代のエリート君も、落ちこぼれ君も、
大人になってしまえば、
みな似たり寄ったり「目くそ鼻くそ」です。(笑)

他人の悪口を言ったり、他人を批判しているヒマがあったら、
自分の姿を見つめ直す作業に使ったほうがよっぽど賢明ですよね。

そう言えば以前、
美輪明宏さんが「オーラの泉」でおっしゃっておりました。

「悪口を言う人は、悪口を言われる人」だそうです。

自分が誰かの悪口を言ったとき、
その何倍も人に悪口を言われていると思ったほうがよさそうですね。

現実でもネットでも、他人の悪口は言わないよう、
自分自身気をつけたいなって思います。

あっ、でもこの日記自体、
「悪口を言う人の悪口」を書いてしまったことになるんでしょうか?
う~ん、「悪口を言わない」って意外と難しいですね。(苦笑)


※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-16 01:11 | 人生のこと | Comments(0)

一滴一滴

f0015391_0474586.jpg
札幌まつりが始まりました。
近くの中島公園は大賑わいです。
土日はドームでドラゴンズ。
お祭りウィークです!!



大きなコップに水を一滴ずつ落としていく。
気の遠くなる作業ですよね。

最初は本当に増えているのかどうか、ほとんど実感できません。
多くの人は、そのもどかしさに我慢できず、途中で投げ出します。

途中で投げ出せば、そこで水の増加はストップ。
いずれ水は蒸発して、コップは再び空っぽになってしまいます。
今度やるときは、また0からスタートしなければなりません。

でも、途中で投げ出さずにその作業をコツコツ続けていけば、
気づいたときには、コップは満杯になっています。

1年後、2年後、3年後・・・・・、
その差が歴然となっていることは、言うまでもありません。

さて、何を例えているか、もうおわかりですよね。

学力のつき方も、これと似ています。

今日やったからといって、明日結果が出るとは限りません。
一週間やったからといって、次のテストで大飛躍するとは限りません。

でも、それで投げ出したら元の木阿弥です。
投げ出さずに、コツコツやり続けていれば、
1年後、2年後には大きな変化となって表れてきます。

たしかに人によっては、
短期間で信じられない上がり方をする人もいます。
でも、それが「普通」だと思ってはいけません。

そういった子が広告塔に使われるということは、
それが「特別な例」であることを意味しています。
そういった誇大広告を鵜呑みにしてはいけません。

「たった1週間で10キロ減!」

こういったダイエット広告もよく目にしますが、
1週間で10キロも落とすようなダイエットが、
体に良いわけがありません。

無理をして一時的に結果を出したとしても、
たいてい後で「リバウンド」がやってきます。

「一滴一滴」コップに水を落としていく。

学力もダイエットも、
長い時間をかけてコツコツやるからこそ、意味のあるものです。

学力は「一滴一滴」つけていく。
贅肉は「一滴一滴」落としていく。
まあ、そんなところでしょうか。

う~ん、それにしても、
学力は付きにくくて、落ちやすい。
贅肉は付きやすくて、落ちにくい。

人生、うまくはいかないものですね。(笑)


※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-15 00:50 | 勉強のこと | Comments(0)

何だか調子が悪い

といっても私のことではありません。

エキサイトブログに不具合が生じているらしく、
このブログを開くのに、やたらと時間がかかります。
写真も表示されないことも多いですね。
今もやっとログイン出来ました。

今日の夜中、メンテナンスがあるようなので、
明日からは大丈夫だと思いますが・・・。

というわけで、
今日はとりあえず更新ということで、ご勘弁くださいませ。
単なるアクセス稼ぎです。(笑)


※ ブログランキングに参加中です。
  応援してくださる方、クリックして頂けたらとても嬉しいです!
  (1日1クリック有効)
    ↓
  にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by sawayoshi45 | 2007-06-13 23:18 | どうでもいいこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強