「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

点数だけでは分からないこと

現時点で難しい問題は解けなくても、
基礎をしっかり積み重ねていく勉強をしてきた子は、
学年が上がるにつれて、頭角を表してきます。

一方、現時点でどれだけ難しい問題が解けたとしても、
基礎を疎かにした勉強をしてきた生徒は、
学年が上がるにつれて、成績は落ち込んでいきます。

入試をギリギリで合格した生徒が、
入学後、学年トップクラスの成績をキープする例。

逆に入試を上位の成績で通過した生徒が、
入学後、ビリに近い成績に落ち込んでしまう例。

こういった逆転現象は、
私立中学や高校(特に進学校)では決して珍しいことではありません。

中学校で勉強が出来なくなるのは、小学校までの勉強法に問題があり、
高校で勉強が出来なくなるのは、中学校までの勉強法に問題がある。

私はそのように考えています。

ですから子どもたちを見るときは、今現在の成績ではなく、
彼ら(彼女ら)の勉強への取り組み方を見て指導するようにしています。

たとえ今の成績が良くても、
間違った勉強の仕方をしている生徒には、厳しく叱ることもありますし、
今の成績がそれほどよくなくても、
正しい勉強の仕方をしている生徒には、褒めて励ますようにしています。

そういった生徒は、来るべき時が来れば、
必ず伸びる時期が来るのを経験上知っているからです。

「次のテストで○点以上取ること!」

子どもにそういった条件を押し付ける親御さんの話を時々聞くことがありますが、
正直言って、私はあまり意味を感じません。
というか、むしろマイナスではないかと思っています。

目先の点数だけに捉われた勉強の仕方は、
後々、取り返しのつかない事態に陥る例を今までたくさん見てきたからです。

テストというのは、学校によって、
またその時の内容によって難易度が全く違います。

そういったことを考えもせず、
単に「○○点以上」という基準で子どもを縛りつけるのは、
本当にその子にとって、プラスになることでしょうか?

結果を出すことはもちろん大事なことです。
でも、それ以上に大事なのは結果を出し続ける力をつけていくこと。

私たちはどうしても子どもたちの点数に目が行ってしまいますが、
その時の点数だけでは分からないこともたくさんあります。

目先の点数で子どもを縛り付けることよりも、
勉強への考え方、取り組み方をしっかり教えることのほうが、
大切ではないかと思います。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-11-30 16:15 | 教育のこと | Comments(0)

蓄積の差

野球を始めてほんの数ヶ月で、プロ野球選手になれる人はいません。
ピアノを習い始めてほんの数ヶ月で、ピアニストになれる人もいません。

そんなことは誰でも分かることですし、
本気でそれを子どもに要求する親もいないはずです。

でも、勉強の場合はどうでしょう?

受験勉強を始めてほんの数ヶ月で、
難関大学(高校)や医学部に行きたがる生徒。
また、それを要求する親御さんの多さに私は時々驚かされます。

確かに「短期間で一発逆転!」といった例が全くないわけではありません。
多くの塾や予備校は、そういった数少ない例を広告塔に使います。

でも、だからと言って「じゃあ我が子も・・・」と考えてしまうのは、
あまりにも軽率すぎるような気がします。

子どもたちの成績を見ていて思うのは、
「成績の差」は、やはりそれまでの「蓄積の差」であるということ。

それも「数ヶ月単位の差」ではなく、「数年単位の差」であるということです。

小学校からしっかり自学力を身につけてきた生徒と
小学校から塾任せ・人任せの習慣を身につけてきた生徒、
さらに、それまでまともに勉強をしてこなかった生徒の間には、
ほんの数ヶ月では到底埋めることのできない「蓄積の差」があります。

その「蓄積の差」を親も子どもも理解しなければならないと思います。
といっても、「だから諦めろ!」と言いたい訳ではありません。

物事を本当に理解し、出来るようになるには、
それなりの時間がかかります。

今、成績の良い生徒たちも最初から出来たわけではなく、
それなりの時間をかけて、今の状態を築き上げてきたということ。

そして、そういった生徒に追いつくためには、
やはりそれなりの時間と覚悟が必要だということを、
理解して欲しいということです。

千里の道も一歩から。
ローマは1日にしてならず。

宝くじに当たるようなわずかな確率を追い求めるのではなく、
今日から少しずつでも「蓄積」していくことが大事ではないでしょうか。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-11-23 23:38 | 勉強のこと | Comments(0)

やり通す

ある教材を使って試験勉強をした。
でも思うように点数が伸びなかった。

友達が使っている教材のほうが何となく良さそうに見える。
次回は教材を変えてやってみよう。

そうやって試験の度に使う教材を変えてみたところで、
満足する結果を得られることはまずありません。
(「教材」を「塾」に置き換えても同じことが言えそうですね)

なぜなら、点数が伸びない原因は、
決して教材の問題ではなく、その使い方にあるからです。

ただ何となくやってみる。
ただ丸付けをして答を写す。
それでやった気になっている。

そういった勉強のやり方で、成績が伸びるわけがありません。

成績は「何の教材を使ったか」ではなく、
やったことを「どれだけ覚えているか」で決まります。

1冊の教材を何度も繰り返して、完璧に覚えたと思えるまで、
「やり通す」ことが何よりも大事なことだと思います。

今まで多くの生徒の部屋を見てきましたが、
持っている教材の量とその生徒の学力は、
「比例」というよりはむしろ「反比例」の関係にあるように私には思えます。

学校の教科書とワーク、
あとは私の渡すプリントだけで毎回9割以上の点数を取る子もいれば、
たくさんの問題集に手をつけていながら、半分も取れない子もいます。

勉強に限ったことではありませんが、
1つのことを「やり通す」こと。
それが上達のための一番の近道だと思います。

中途半端なやり方は、中途半端な結果を招くに過ぎません。

子どものことを心配する気持ちはわかりますが、
だからと言って親が先回りしてまで、
子どもにたくさんの教材を与えるのは、むしろ逆効果。

たくさんの教材を与えることよりも、
1冊を「やり通す」ことの大切さを教えることのほうが、先ではないでしょうか。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-11-18 13:56 | 教育のこと | Comments(0)

慣れること

私の授業は、毎回チェックテストから始まります。

漢字、英単語、英文暗記、理社の一問一答など、
内容と量は生徒によって変えていますが、
特に受験生には、結構な負担を強いることもあります。

「えっ? こんなに覚えられないよ」
「絶対無理!」

最初は文句を垂れる子供たち。

今まで「覚える」という作業に慣れてこなかった生徒にとっては、
かなりしんどいようです。

それでも何とか頑張ってついてきた生徒は、
回数を重ねるごとに覚えるのが速くなり、
必然的にテストでの得点力もついてきます。

「何だか暗記が得意になったかも・・・」
「覚えるコツが何となくわかってきたかも・・・」

半年もすれば、子供たちからそんな言葉が出てくるようになります。
脳が慣れてきた証拠ですね。

「慣れること」によって、
今まで3時間かかっていたことが1時間で出来るようになる。

子供たちには、そういった体験をして欲しいと思っています。

勉強が得意な子と苦手な子。
私からみる限り、その子たちに能力の差はそれほどありません。

要は、問題に「慣れている」か「慣れていない」かの差だと思います。

「慣れること」で、速く覚えるコツがわかります。
「慣れること」で、点数を取るコツがわかります。
「慣れること」で、密度の濃い勉強が可能になります。
「慣れること」で、勉強の景色がそれまでと変わります。

中学受験まで残り2ヶ月、高校受験まで残り4ヶ月。

「その先」の勉強でつまづかないためにも、
限られた時間の中で、
彼ら(彼女ら)の脳を精一杯鍛えてやろうと思っています。
[PR]
by sawayoshi45 | 2010-11-05 00:44 | 勉強のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強