<   2017年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

楽に成績を上げる方法

「もっと楽に成績を上げる方法ってないんですか?」


先日、ある受験生が質問してきました。


そんな方法を知っているなら今頃私は億万長者。

少なくとも今、キミの目の前にいることはないよ。


そう答えたら、

「ああ、それもそうだよね」

と妙に納得してくれました(笑)。


受験が近づいてきているのに、

自分の成績が思うように伸びてこない。

そんな焦りからそう思ってしまう気持ちは、

私にも経験があるのでよくわかります。


受験生の子を持つ親御さんも、

きっと同じ思いを持っているのではないでしょうか。


本屋さんの受験コーナーに行けば、

「わずか1か月で偏差値20アップ」

「これだけやれば合格間違いなし」

といった類の本がたくさん並んでいます。

つい手に取りたくなってしまいますよね。


でも冷静になってよく考えてみてください。


もしそんな方法が本当にあるなら、

なぜこんなにもたくさんの本が、

毎年形を変えて出版されるのでしょうか?


そんな絶対的な方法があるなら、

その本を読みさえすれば、

勉強に悩む生徒はいなくなるはずですよね。


塾や家庭教師も同じです。


そんな方法を知っている塾や先生がいたとしたら、

まさにその塾や先生は独り勝ちになるはずです。


でも現実はそうではありません。


世の中に塾や家庭教師業者が、

これだけたくさん存在して、

お互いしのぎを削っているということは、

絶対的な方法はないという証拠でもあります。


逆説的な言い方になりますが、

結局成績を上げるための一番の近道は、

「楽して成績を上げる方法はない」ということに、

気付いて覚悟を決めることかもしれませんね。


絶対的な方法がないからこそ、

教える側も教わる側も、

日々試行錯誤する必要があるということです。


というわけで、

このタイトルに淡い期待を持って読んでしまった方、

ご期待を裏切る記事で申し訳ありませんでした(笑)。







家庭教師ランキング



[PR]
by sawayoshi45 | 2017-11-29 23:52 | 勉強のこと | Comments(0)

睡眠時間はしっかりと

私が学生だった頃は、
寝る時間を惜しんで勉強することが、
良しとされていました。

私もそれを信じて、
テスト前や受験前などは、
徹夜覚悟で勉強した記憶があります。

でも時代は変わりました。

脳科学の研究が進んだおかげで、
自分が信じてやってきたことが、
実は大きな間違いだったことに、
気付かされることになりました。

自分が良しと思ってやってきたことが、
全否定されるというのは、
あまり気分が良いものではありませんが、
脳科学で証明されてしまった以上、
それを受け入れざるを得ませんね。

スポーツでも同じことが言えるようです。
学校の部活も昔は気合と根性一色でしたが、
今はスポーツ科学に則った指導が普通になったようです。

私も一応陸上部に所属していましたが、
当時していた練習方法と今のそれでは、
全く違うものになっているんでしょうね。

脳のしくみから考えると、
勉強の天敵は睡眠不足。
記憶力を著しく低下させてしまうそうです。

昔の私のように睡眠時間を削って勉強するのは、
自ら効率を悪くするバカげた行為だったということですね。

「寝る子は育つ」というのは、
どうやら本当らしいです。

ただ、私が学生だった時代とは違って、
今の子供たちは忙しいですね。

塾や習い事もあるし、
スマホでの付き合いもあるし、
嵐のコンサートにも行かなければならないし(笑)。

その中でしっかり睡眠時間を確保しながら、
日頃の予習復習や受験勉強を進めていくのは、
本当に大変だなと思います。

いかに無駄な時間をなくして、
効率的に進めていくかが勝負かもしれませんね。

受験生のみなさん、
受験が近づき焦る気持ちはよくわかりますが、
睡眠時間だけはしっかり確保してくださいね。





家庭教師ランキング



[PR]
by sawayoshi45 | 2017-11-27 01:13 | 勉強のこと | Comments(0)

やる気よりも習慣

慣性の法則というのをご存知でしょうか?


運動している物体はいつまでも同じ運動を続けようとし、

静止している物体はいつまでも静止し続けようとする。

中3の理科で習う物理の法則です。


これって人間の脳にも同じことが言えますよね。


勉強を習慣にしている人は、

いつまでもその勉強を続けようとし、

普段勉強をしていない人は、

いつまでも勉強しないように脳が働く。


脳は変化を著しく嫌う特徴を持っているので、

やっている人はやらないことを嫌い、

やっていない人はやることを嫌う。

といったところでしょうか。


私たちはよく子供たちに対して、

「やる気がある」とか「やる気がない」

といった言い方をしてしまいます。


「やる気があれば出来る」

「やる気がないから出来ない」

といったように。


でも、脳の専門家の方によると、この考え方は間違いで、

「やるからやる気が出る」

「やらないからやる気が出ない」

というのが本当だそうです。


つまり、やる気のあるなしが先ではなく、

やるかやらないかが先だということですね。


確かに過去の教え子の中にも、

やる気は人一倍あるのに全くやらない子はいました。

逆にやる気はいまいちでも、

習慣(惰性?)でやり続けられる子もいました。


勉強は、やる気よりも習慣が大事ということです。


そしてこの習慣は、

早ければ早いほどつけやすいのは、

言うまでもないことですね。


ただ、結果にこだわり過ぎた勉強は、

早いうちに勉強嫌いにさせてしまう危険もあります。


小学生のうちは、出来るか出来ないかよりも、

あくまで習慣付けることを目的にした勉強で、

よろしいのではないかと思います。






家庭教師ランキング



[PR]
by sawayoshi45 | 2017-11-25 00:10 | 教育のこと | Comments(0)

わからなくても読む

中学から高校にかけて、

夏目漱石、太宰治、武者小路実篤など、

教科書に出てくるような文学作品を、

読み漁った時期があります。


といっても、面白くて読んだわけではありません。

単純に国語が出来るようになりたかったからです。


もちろん文学作品を読んだからといって、

国語が出来るようになるという保障はありませんが、

国語の勉強法を知らなかった当時の私には、

そのくらいしか思いつきませんでした。


でも当時の私には難解な言葉や表現が多く、

読んでもよく意味がわからないものがほとんどでした。

その証拠に、当時読んだ本の内容を聞かれても、

今はほとんど答えることができません(笑)。


ただ不思議なことに、何冊か読んでいくうちに、

国語の成績が少しずつ上昇し始め、

いつの間にか苦手教科から得意教科に変わっていました。


意味がよくわからないまでもとりあえず読み進めていくうちに、

自然に語彙力や言葉の感覚が身につき、

さらには精神的成長までも促してくれたのではないか、

と自分では思っています。


でもこれは国語に限ったことではありませんね。


英語も数学も理科も社会も、

同じ事が言えると思います。


教科書や参考書の内容を読んで、

最初は全く意味がわからないことであっても、

とりあえず読み進めていくうちに、

「ああ、そうか!」といった瞬間に出くわすことがあります。


人から教えられる知識よりも、

そうやって自分でつかんだ知識は、

確実に自分のものになります。


「どうせ読んでもわからないから」と、

最初から諦め気分で取り組むのではなく、

「わからなくても読む」と覚悟を決めることで、

何かヒントをつかめることもあるかもしれませんね。







家庭教師ランキング



[PR]
by sawayoshi45 | 2017-11-23 00:19 | 勉強のこと | Comments(0)

褒めるなら結果ではなく努力を褒めて

今は「叱って育てる」よりも、

「褒めて育てる」という考え方が主流のようです。


私もその考え方には賛成ですが、

何を褒められてきたかによって、

その子の人生も変わってくるような気がします。


「出来た」という結果ばかりを褒められてきた子は、

後々行き詰まることが多いようです。


なぜなら学年が上がっていけば、

自然に「出来ない」ことが多くなるからです。


「出来た」ことだけを褒められてきた子は、

「出来ない」自分を認めることが出来ません。


「今回はたまたまケアレスミスをしただけ」

そんな言い訳をするようになります。


過去の栄光に縛られて、

「努力で乗り越える」ことよりも、

「何もしなくても出来る自分」を演じるようになります。


小学校までは超優等生。

中学校もまあまあ優等生。

でも高校では落ちこぼれ。

といったパターンに陥りがちです。


一方、結果ではなく、

努力を褒められてきた子はそうはなりません。


最初は出来ないことがあっても、

努力で乗り越えようとする姿勢が身についています。


わからないところは素直に人に聞き、

謙虚な姿勢を崩さず、

出来るようになるまで努力を続けます。


そういった子は、最初は目立たなくても、

学年が上がっていくにつれて、

頭角を現してくることが多いようです。


同じ「褒める」という行為であっても、

「結果を褒める」か「努力を褒める」かで、

子供たちの人生が大きく変わります。


気を付けたいものですね。







家庭教師ランキング



[PR]
by sawayoshi45 | 2017-11-21 00:05 | 教育のこと | Comments(0)

鬼にはなれない

札幌もここ数年で、

中学受験熱が加速してきたように感じます。


私も一応中学受験コースは設けておりますが、

私の場合は「絶対合格させる」というよりは、

「受験勉強を通して勉強習慣をつけてくれればいい」

といった気持ちで指導にあたっています。


ですから私の中学受験の指導は、

他の中学受験塾に比べると、

かなり手ぬるいかもしれません。


親御さんによっては、

私の指導にもの足りなさを感じる方も多いかと思います。


「もっと厳しくしごいてください」

といったことを言われることもありますが、

まだ小学生の子供に対して、

私はどうしても鬼になることはできません。


というのは、「鬼の指導者」に育てられて、

やる気をすっかり失ってしまった生徒を、

これまで何人も見てきたからです。


受験のためとはいえ、まだ小学生の子供が、

毎日夜の12時過ぎまで塾の宿題に追われ、

毎週のようにテストを受けさせられる。


私の所には、そんな生活に疲れ果てて、

「もっとゆっくりじっくり勉強させたい」

と思い直す親御さんからのご依頼がよくきます。


一応、中学受験は考えているものの、

子供に無理な負担をかけさせるのではなく、

内容をきちんと理解したうえで先に進んで欲しい。

そう願う親御さんです。


毎日夜遅くまで宿題に追われなくても、

一歩ずつ前に進むような勉強を続けていけば、

それが必ず大きな力になります。


合格、不合格にこだわるよりも、

子供自身が本当に理解しながら進んでいるかが、

何よりも大事なことではないでしょうか。


子供を伸ばすには、

親や指導者が鬼になる必要はありません。


少なくとも大人の都合だけで、

子供を潰すことだけはして欲しくないなと思います。







家庭教師ランキング



[PR]
by sawayoshi45 | 2017-11-18 23:24 | 勉強のこと | Comments(0)

Never too late

先日、高校受験を控えたある教え子が言ってくれました。


「今さら遅いかもしれないけど、

先生が言っていたこと、ようやくわかった」と。


その子は正直言って、

勉強があまり得意な生徒ではありません。


私との授業はいつも楽しくやってくれますが、

今までは宿題を出してもほとんど手をつけず、

「忘れちゃったからもう一回教えてください」

その繰り返しでした。


「勉強のやり方がわからない」が、

その子の口癖でもありました。


もちろん勉強のやり方については、

私もさんざん教えてきたつもりでしたが、

私の伝え方が悪かったのか、

本人のやる気がいまいちだったのか、

今まではなかなかうまく機能していませんでした。


ただ、さすがにこの時期になって本人も、

「このままではまずい」と思ったようです。


期末テスト直前の週末、

初めて本気で試験勉強に向かってみて、

「こうすれば覚えられる」という感覚を、

つかむことができたということでした。


本人は、

「今さら遅いかもしれないけど」

と言っていましたが、

私の中では、決して遅すぎるとは思いません。


というのは、

勉強は高校受験で終わりではないからです。


確かに受験までの残り数か月で考えれば、

スタートはかなり遅れたと言わざるを得ませんが、

高校に行ってからも勉強が続くことを考えれば、

これは大きな財産を手に入れたと言えます。


さらに言えば、

「自分で試して自分で気づいた」ことが、

何よりも価値のあることだと思います。


現時点でその子より成績が上の生徒でも、

ただ言われるままに受け身の勉強をしている生徒は、

たくさんいますから。


Never too late


受験勉強は一時期のものですが、

学び自体は一生をかけてやるべきもの。

何事も遅すぎるということはありませんね。






家庭教師ランキング



[PR]
by sawayoshi45 | 2017-11-17 00:08 | 勉強のこと | Comments(0)

本気で結果を出したいなら

子供たちの勉強の取り組み方を見ていると、

大きく分けて3つのタイプに分かれます。


①言われたこと以上のことをする子

②言われたことだけをする子

③言われたことすらしない子


①のタイプの子が、

最も成績が良く受験にも強いのは、

言うまでもないことですね。


では②と③ではどうでしょうか?


きっと②よりは③のほうがマシだと、

思われる方が多いかと思います。


確かに内申点を稼ぐという意味では、

②のタイプが有利であることは間違いありません。


ただ、実際のテストの結果はどうかというと、

②と③のタイプの生徒には、

あまり大差がありません。


私の教え子の中にも、皮肉なことに、

③のタイプの子が②のタイプの子よりも、

高得点を取ってしまうことも珍しくありません。


「馬を水辺まで連れて行くことはできても馬に水を飲ませることはできない」

という言葉もあるように、

受け身の勉強だけでは、

なかなか結果につながらないということですね。


塾に行ってから成績が大きく上がったという子の割合が、

実際は1割程度しかいないという残念なデータがあるのも、

②と③の生徒が圧倒的に多いからだと思います。


ある有名進学校の先生がおっしゃっていました。


大学に行くために塾や予備校に通い出す生徒よりも、

大学に行くために塾を辞めて自分でやり始める生徒のほうが、

第一志望の大学への合格率が高いそうです。


私たち教える立場の人間にとっては、

ちょっと耳の痛い話ではありますが、

私自身の経験から考えてみても、

確かにその通りかもと思わざるを得ません。


自分で考えて、自分で動く。


結果を出すためには、

いかに自発的な勉強が必要かということですね。







家庭教師ランキング



[PR]
by sawayoshi45 | 2017-11-14 00:32 | 勉強のこと | Comments(0)

ひと手間を加える

「問題解きました」

   ↓

「丸付けしました」

   ↓

「間違い直しました」

   ↓

「はい、終わりました」


このような勉強のやり方を、

私は「やりっぱなし勉強」と呼んでいますが、

こんな意味のない勉強を続けて、

「頑張ったのに成績が上がらない」と嘆いている生徒、

たくさんいるのではないでしょうか?


中には答えを確認することもなく、

「問題を解きました」

   ↓

「はい、終わりました」

となっている生徒も見かけます。


自分の答えが合っているのかいないのかさえ気にならない。

ある意味、大物だなと思います(笑)。


「間違い直しました」と「はい、終わりました」の間に、

「解き直しました」という「ひと手間を加える」だけで、

効果が全く違ってくるのに、

ほとんどの生徒は、その「ひと手間」を惜しんで、

せっかくの勉強時間を無駄にしています。


勉強の目的を見失っていませんか?

その勉強法で本当に出来るようになると思いますか?


中学校も高校も期末テストが近づいてきましたね。


「ひと手間を加える」ことを惜しまずに、

効率よくテスト勉強に励んで欲しいと思います。



※現在、冬期講習のご予約を受け付けております。
 詳しくはホームページにてご確認ください。







家庭教師ランキング



[PR]
by sawayoshi45 | 2017-11-09 23:55 | 勉強のこと | Comments(0)

冬期講習のお知らせ

冬期講習のご予約受付を開始致しました。

1時間当たり、
小学生1800円、中学生2000円、高校生2300円と、
通常よりもかなり割安の料金で受講可能です。

2学期の復習や苦手科目の克服、
また受験対策などにご利用ください。

初めての方は無料体験授業もございますので、
この機会にぜひお試しください。

詳しくはホームページにてご確認ください。







家庭教師ランキング



[PR]
by sawayoshi45 | 2017-11-01 23:13 | 家庭教師 学びの森 | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強