褒めるなら結果ではなく努力を褒めて

今は「叱って育てる」よりも、

「褒めて育てる」という考え方が主流のようです。


私もその考え方には賛成ですが、

何を褒められてきたかによって、

その子の人生も変わってくるような気がします。


「出来た」という結果ばかりを褒められてきた子は、

後々行き詰まることが多いようです。


なぜなら学年が上がっていけば、

自然に「出来ない」ことが多くなるからです。


「出来た」ことだけを褒められてきた子は、

「出来ない」自分を認めることが出来ません。


「今回はたまたまケアレスミスをしただけ」

そんな言い訳をするようになります。


過去の栄光に縛られて、

「努力で乗り越える」ことよりも、

「何もしなくても出来る自分」を演じるようになります。


小学校までは超優等生。

中学校もまあまあ優等生。

でも高校では落ちこぼれ。

といったパターンに陥りがちです。


一方、結果ではなく、

努力を褒められてきた子はそうはなりません。


最初は出来ないことがあっても、

努力で乗り越えようとする姿勢が身についています。


わからないところは素直に人に聞き、

謙虚な姿勢を崩さず、

出来るようになるまで努力を続けます。


そういった子は、最初は目立たなくても、

学年が上がっていくにつれて、

頭角を現してくることが多いようです。


同じ「褒める」という行為であっても、

「結果を褒める」か「努力を褒める」かで、

子供たちの人生が大きく変わります。


気を付けたいものですね。







家庭教師ランキング



[PR]
# by sawayoshi45 | 2017-11-21 00:05 | 教育のこと | Comments(0)

鬼にはなれない

札幌もここ数年で、

中学受験熱が加速してきたように感じます。


私も一応中学受験コースは設けておりますが、

私の場合は「絶対合格させる」というよりは、

「受験勉強を通して勉強習慣をつけてくれればいい」

といった気持ちで指導にあたっています。


ですから私の中学受験の指導は、

他の中学受験塾に比べると、

かなり手ぬるいかもしれません。


親御さんによっては、

私の指導にもの足りなさを感じる方も多いかと思います。


「もっと厳しくしごいてください」

といったことを言われることもありますが、

まだ小学生の子供に対して、

私はどうしても鬼になることはできません。


というのは、「鬼の指導者」に育てられて、

やる気をすっかり失ってしまった生徒を、

これまで何人も見てきたからです。


受験のためとはいえ、まだ小学生の子供が、

毎日夜の12時過ぎまで塾の宿題に追われ、

毎週のようにテストを受けさせられる。


私に所には、そんな生活に疲れ果てて、

「もっとゆっくりじっくり勉強させたい」

と思い直す親御さんからのご依頼がよくきます。


一応、中学受験は考えているものの、

子供に無理な負担をかけさせるのではなく、

内容をきちんと理解したうえで先に進んで欲しい。

そう願う親御さんです。


毎日夜遅くまで宿題に追われなくても、

一歩ずつ前に進むような勉強を続けていけば、

それが必ず大きな力になります。


合格、不合格にこだわるよりも、

子供自身が本当に理解しながら進んでいるかが、

何よりも大事なことではないでしょうか。


子供を伸ばすには、

親や指導者が鬼になる必要はありません。


少なくとも大人の都合だけで、

子供を潰すことだけはして欲しくないなと思います。







家庭教師ランキング



[PR]
# by sawayoshi45 | 2017-11-18 23:24 | 勉強のこと | Comments(0)

Never too late

先日、高校受験を控えたある教え子が言ってくれました。


「今さら遅いかもしれないけど、

先生が言っていたこと、ようやくわかった」と。


その子は正直言って、

勉強があまり得意な生徒ではありません。


私との授業はいつも楽しくやってくれますが、

今までは宿題を出してもほとんど手をつけず、

「忘れちゃったからもう一回教えてください」

その繰り返しでした。


「勉強のやり方がわからない」が、

その子の口癖でもありました。


もちろん勉強のやり方については、

私もさんざん教えてきたつもりでしたが、

私の伝え方が悪かったのか、

本人のやる気がいまいちだったのか、

今まではなかなかうまく機能していませんでした。


ただ、さすがにこの時期になって本人も、

「このままではまずい」と思ったようです。


期末テスト直前の週末、

初めて本気で試験勉強に向かってみて、

「こうすれば覚えられる」という感覚を、

つかむことができたということでした。


本人は、

「今さら遅いかもしれないけど」

と言っていましたが、

私の中では、決して遅すぎるとは思いません。


というのは、

勉強は高校受験で終わりではないからです。


確かに受験までの残り数か月で考えれば、

スタートはかなり遅れたと言わざるを得ませんが、

高校に行ってからも勉強が続くことを考えれば、

これは大きな財産を手に入れたと言えます。


さらに言えば、

「自分で試して自分で気づいた」ことが、

何よりも価値のあることだと思います。


現時点でその子より成績が上の生徒でも、

ただ言われるままに受け身の勉強をしている生徒は、

たくさんいますから。


Never too late


受験勉強は一時期のものですが、

学び自体は一生をかけてやるべきもの。

何事も遅すぎるということはありませんね。






家庭教師ランキング



[PR]
# by sawayoshi45 | 2017-11-17 00:08 | 勉強のこと | Comments(0)

本気で結果を出したいなら

子供たちの勉強の取り組み方を見ていると、

大きく分けて3つのタイプに分かれます。


①言われたこと以上のことをする子

②言われたことだけをする子

③言われたことすらしない子


①のタイプの子が、

最も成績が良く受験にも強いのは、

言うまでもないことですね。


では②と③ではどうでしょうか?


きっと②よりは③のほうがマシだと、

思われる方が多いかと思います。


確かに内申点を稼ぐという意味では、

②のタイプが有利であることは間違いありません。


ただ、実際のテストの結果はどうかというと、

②と③のタイプの生徒には、

あまり大差がありません。


私の教え子の中にも、皮肉なことに、

③のタイプの子が②のタイプの子よりも、

高得点を取ってしまうことも珍しくありません。


「馬を水辺まで連れて行くことはできても馬に水を飲ませることはできない」

という言葉もあるように、

受け身の勉強だけでは、

なかなか結果につながらないということですね。


塾に行ってから成績が大きく上がったという子の割合が、

実際は1割程度しかいないという残念なデータがあるのも、

②と③の生徒が圧倒的に多いからだと思います。


ある有名進学校の先生がおっしゃっていました。


大学に行くために塾や予備校に通い出す生徒よりも、

大学に行くために塾を辞めて自分でやり始める生徒のほうが、

第一志望の大学への合格率が高いそうです。


私たち教える立場の人間にとっては、

ちょっと耳の痛い話ではありますが、

私自身の経験から考えてみても、

確かにその通りかもと思わざるを得ません。


自分で考えて、自分で動く。


結果を出すためには、

いかに自発的な勉強が必要かということですね。







家庭教師ランキング



[PR]
# by sawayoshi45 | 2017-11-14 00:32 | 勉強のこと | Comments(0)

ひと手間を加える

「問題解きました」

   ↓

「丸付けしました」

   ↓

「間違い直しました」

   ↓

「はい、終わりました」


このような勉強のやり方を、

私は「やりっぱなし勉強」と呼んでいますが、

こんな意味のない勉強を続けて、

「頑張ったのに成績が上がらない」と嘆いている生徒、

たくさんいるのではないでしょうか?


中には答えを確認することもなく、

「問題を解きました」

   ↓

「はい、終わりました」

となっている生徒も見かけます。


自分の答えが合っているのかいないのかさえ気にならない。

ある意味、大物だなと思います(笑)。


「間違い直しました」と「はい、終わりました」の間に、

「解き直しました」という「ひと手間を加える」だけで、

効果が全く違ってくるのに、

ほとんどの生徒は、その「ひと手間」を惜しんで、

せっかくの勉強時間を無駄にしています。


勉強の目的を見失っていませんか?

その勉強法で本当に出来るようになると思いますか?


中学校も高校も期末テストが近づいてきましたね。


「ひと手間を加える」ことを惜しまずに、

効率よくテスト勉強に励んで欲しいと思います。



※現在、冬期講習のご予約を受け付けております。
 詳しくはホームページにてご確認ください。







家庭教師ランキング



[PR]
# by sawayoshi45 | 2017-11-09 23:55 | 勉強のこと | Comments(0)

冬期講習のお知らせ

冬期講習のご予約受付を開始致しました。

1時間当たり、
小学生1800円、中学生2000円、高校生2300円と、
通常よりもかなり割安の料金で受講可能です。

2学期の復習や苦手科目の克服、
また受験対策などにご利用ください。

初めての方は無料体験授業もございますので、
この機会にぜひお試しください。

詳しくはホームページにてご確認ください。







家庭教師ランキング



[PR]
# by sawayoshi45 | 2017-11-01 23:13 | 家庭教師 学びの森 | Comments(0)

解らなければ声を出せ!

学生の頃から、

図書館や自習室のような場所で勉強するのが苦手でした。

その理由は、声を出せないからです。


今でも勉強をしていて、

解りにくい問題や難しい問題に出合ったときは、

必ず声を出して何度も読み返すようにしています。


声を出して何度も読み、

声を出しながら自分の頭を整理します。


さすがにテストのときは出来ませんが、

普段の勉強においては、

沈黙の中でやるよりも、

声を出しながらやったほうが、

効率が良いような気がします。


最初はさっぱり解らない問題も、

何度も声を出して読んでいるうちに、

「あ、そういうことか」という瞬間に出合います。


その瞬間、またひとつ賢くなった気がして、

次への意欲が生まれます。


私との授業の中でも、

ぶつぶつ独り言を言いながら問題に向かう子がいますが、

そういう子は、割と成績も伸びやすい傾向にあります。


「英語の基本は音読」とよく言われますが、

英語に限ったことではなく、

「勉強の基本は音読」と言っても過言ではありません。


生徒のみなさん、

意味が解らない問題に出合ったら、

とにかく声を出して何度も読み返してみてください。


もしそれでも解らなかった場合は、

とりあえずその日は諦めて寝てしまいましょう(笑)。


必死に考えたものは、

寝ている間に脳が頭を整理してくれますので、

次の日にひらめくこともあるかもしれませんよ。





家庭教師ランキング


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
# by sawayoshi45 | 2017-10-31 00:29 | 勉強のこと | Comments(0)

環境が変われば立ち位置が変わる

中学校までは90点以下を取ったことがない。


そんな優等生が地域のトップ校に進みます。

合格した直後は本人も親御さんも夢いっぱいです。


でも、高校に通い始めて最初の実力テストで、

多くの生徒たちは、30点、40点という、

今まで取ったことのない点数を見ることになります。


私にとっては、まあ、いつもの光景なので、

さほど驚きはしませんが(笑)、

進学校の内情をよく知らない親御さんにとっては、

なかなか受け入れられない現実かもしれません。


トップ校は文字通り、

各中学校のトップクラスが集まる高校です。

その高校のテストで普通の問題を出したら、

ほとんどの生徒が満点を取って差がつきません。


必然的にトップ校の試験問題は、

難しい問題の割合がかなり多くなります。


ですから生徒がこれまでのように、

簡単に点数が取れなくなるのは当たり前のことであって、

その中で3年間、もまれていくうちに、

大学受験に対応する力をつけていくのが普通です。


以前、トップ校に通うある教え子が言っていました。

「うちの親、〇〇高校しか出ていないくせにうるさい」と。


「親に向かってそんなことは言うもんじゃないよ」

と、一応たしなめておきましたが、

私にも同じような経験があるので、

その子の気持ち、わからないわけではありません。


表面上はのん気にしているように見えても、

点数が取れないことに一番悩んでいるのは本人です。


点数や偏差値が下がったことで、

簡単に努力不足と判断するのは、

早計ではないかと思います。


環境が変われば自分の立ち位置も変わります。


点数が取れなくなったのも、偏差値が下がったのも、

その子がサボっているということではなく、

周りの生徒のレベルが上がったということ。


そのことを考慮してあげることも、

必要ではないかと思います。





家庭教師ランキング


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
# by sawayoshi45 | 2017-10-28 00:10 | 教育のこと | Comments(0)

神様にはなれないけれど仏様にはなれる

私たち医者は神様にはなれないけれど、

仏様のように患者に寄り添うことは出来る。


先日、NHKの「プロフェッショナル」という番組で、

整形外科医の杉本和隆先生が話していました。


人の命を預かるお医者さんの仕事と、

自分の仕事を比べるのは畏れ多いですが、

教育の仕事もまた同じかなという気がしました。


教え子全員の成績を上げてあげたい。

指導者なら誰もが、同じ思いを持っているはずです。


でも、現実はそう簡単にはいきません。


私の指導力不足と言われればそれまでですが、

上がる子もいれば、なかなか上がらない子もいる。

それが現実です。


ただ、表面上は上がっていないように見えても、

全く力がついていないわけではありません。


以前「100分の1」という記事で書いたように、

成績が上がるか上がらないかの違いは、

歩みの大きさの違いです。


「100歩」進めるようになった子は、

誰から見ても、その成長は分かりやすいですが、

まだ「1歩」しか進めない生徒は、

その歩みが小さすぎる分、

私たちには見えていないだけなんですよね。


1歩は前に進んでいるはずなのに、

誰も気付いてあげようとせず、

テストの度に「何で出来ないの?」と責められる。


これで、子供がやる気になるわけありませんよね。


私たち指導者にとって大事なことは、

誰も気付かないような小さな1歩に気づいてあげて、

仏様のように生徒に寄り添うことなのかもしれません。


あ、でも「仏の顔も三度まで」ですので、

生徒のみなさんは注意してくださいね(笑)。





家庭教師ランキング


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
# by sawayoshi45 | 2017-10-25 23:51 | 教育のこと | Comments(0)

努力は必ず救われる

努力は必ず報われる。

もし報われない努力があるのなら、

それはまだ努力とは呼べない。


世界のホームラン王、王貞治さんの名言です。

私たち凡人にはちょっと耳の痛い言葉ですね(笑)。


私自身の人生を振り返って見て、

この言葉をそのまま子供たちに投げかけるのは、

さすがに気が引けるので、私の場合は、

「報われる」の部分を「救われる」に変えて、

子供たち(特に受験生)に贈りたいと思います。


努力は必ず救われる。

もし救われない努力があるのなら、

それはまだ努力とは呼べない。


ちょっとだけハードルを下げてみました(笑)。


だいぶ前ですが、ある教え子がテスト前に、

「自分はめっちゃ頑張ったから結果なんてどうでもいい」

と話してくれたことがありました。


確かに私から見ても、その子は頑張っていました。

本気で頑張ってきたからこそ、

「これでダメなら仕方ない!」と、

良い意味で開き直れたのだと思います。


この子は、テストの結果以前に、

それまで頑張ってきた自分に満足し、

「救われた」のだと思います。


考えてみれば、私自身も、

似たような経験をしたことがあります。


それは高校受験を前にした時期。

自分で言うのも何ですが、

その頃の私は本当に頑張っていました。


もちろん合格を目標に頑張ってきたわけですが、

受験当日は不思議と緊張感は全くありませんでした。


「落ちたらどうしよう」といった気持ちはなく、

「これで落ちたら仕方ない」という心境でした。


「自分はやれるだけのことをやった」

そんな思いに「救われた」のだと思います。


ほとんどの生徒は結果を気にします。

良い結果が欲しいから努力もします。

でも結果が気になっているうちは、

それはまだ本当の努力とは言えないのかもしれません。


努力が必ず報われるとまでは言い切れませんが、

自分がやれるだけのことをやれば、

結果の良し悪しに関わらず、

自分自身の心が「救われる」のは確かだと思います。


受験生のみなさん、

合格不合格という結果が気になる時期ではありますが、

「落ちたらどうしよう」ではなく、

「これで落ちたら仕方ない」と思えるまで、

とにかく精一杯やてみることが大切ですね。


努力は必ず救われます。





家庭教師ランキング


札幌の家庭教師 学びの森


[PR]
# by sawayoshi45 | 2017-10-24 00:24 | 勉強のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強