教師なら理想を語れ!!

「教育の目的」は、勉強のよくできる「いい子」をつくることではありません。
5年後、10年後、その子が大人になったときに、
「立派な社会人」として生きていくためのものだと思います。
「立派な社会人」とは何も一流企業に就職するとか、社会的地位を手に入れるとか、
お金持ちになることではありません。
もちろん、結果的にそうなる場合もありますが、それが「教育の目的」ではないはずです。

私が考える「立派な社会人」とは、どんな状況においても、
自分を失うことなくしっかりと地に足をつけて生きていくことができる人間のことです。
勉強を教えることを通じて、ひとりでも多く、
そういった人間を育てることが「教育の目的」であり、「私の理想」でもあります。
「理想」は、人によって多少の違いはあるとは思いますが、
「教える立場」にいる人間であれば、みなさん、
「自分の理想」を抱いて仕事と向き合っているはずだと思うし、
また、そうあるべきだと思います。

私がこんなことを言うと、
「それはただの理想論だ」とか「現実はそんなに甘くない」と反論してくる人たちがいます。
嘲笑する人たちもいます。
「理想論」だということは分かっています。
現実はそんなに甘くないのもわかっています。
でも、だからといって、簡単に「理想」を捨てて現実に甘んじるような人は、
少なくとも「教育者」には向いていないと思います。
子供たちがそんな先生に人間的魅力を感じるとは思えません。
周りに何と言われようと、
「理想」を語り続けることが「教育」には大切なことだと思っています。

よく親御さんから、「うちの子はやる気がなくて・・・」という言葉が出てきます。
そう言われた子の過去を遡って聞いてみると、
だいたい「やる気がなくなるような言葉」を親や教師から、
浴びせられていることが多いです。
最初からやる気のない子供はいません。
成長の過程で、
「やる気のない子にさせられている」というのが真実ではないかと思います。

子供が「夢」や「理想」を語ったとき、あなたはどう接していますか?
「そんなの無理に決まってる」「それで食べていけるわけがない」
といった言葉を浴びせていませんか? 
そうやって子供たちから少しずつ「やる気の芽」を奪っていることに気づいていますか?

「教師なら理想を語れ!!」

昨日のテレビ番組で、
太田光が政治家に対して「政治家なら理想を語れ!」
と訴えたことが妙に印象に残っていたので、
「政治家」を「教師」に変えて今日はこのテーマで書いてみました。

教えることも教師の仕事ですが、子供の前で「理想を語る」ことも、
教師としての立派な仕事だと私は思います。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2006-01-05 01:16 | 教育のこと | Comments(0)

成績が悪いのは先生のせい?

私は風呂に入っていたので詳しい内容はよくわかりませんが、
妻から聞いたところによると、「太田光の私が総理大臣になったら・・・」という番組で、
「学校の教師を格付けすべきかどうか」という議論がなされていたそうです。

そこで今回はあくまで私の主観的な意見ではありますが、
そのことについて少し書いてみようと思います。
反論のある方はどうぞコメントお待ちしております。

私は民間の人間ですので、「評価されること」は当たり前のことだと思っています。
といっても、直接生徒さんや親御さんから「点数」をつけられるわけではありません。
「いい評価」を頂ければ、自然に生徒が増えて収入も増える。
「悪い評価」をもらえば、生徒が減る。
ただ、それだけのことです。

ただ、「学校の先生を生徒や親が格付けするべき」という提案については「反対」ですね。
そもそも評価の基準があいまいです。
「子供や親にとってのいい先生」と
「本当に優秀な先生」が一致するかどうかというのも疑問です。
それに「いい先生に当たればいい子になる」、
「先生が悪いから子供が勉強嫌いになる」という発想は、
あまりに単純すぎるような気がします。

確かに世の中にはとんでもない先生も存在するようです。
でも、それはごく一部の話であると私は信じています。
それがマスコミで「こんなひどい先生がいた」と騒ぎ立てることで、
世の中の人の多くは、「学校の先生って今はこんなにひどいんだ」と誤解する。
それを聞いた親たちが、自分の子供の成績が悪いのを先生のせいにする。
むしろこういったことのほうが、
今の教育を崩壊させている原因のひとつではないかと思います。

私自身の子供の頃の経験で言わせてもらえば、
「成績の良し悪し」と「先生の良し悪し」には、全くとは言いませんが、
あまり関係がなかったような気がします。

こんなことを言ったら学校の先生には失礼かも知れませんが、
先生の「授業技術」についてそこまで期待はしていませんでした。
成績を上げたかったら、教科書や参考書をみながら自分でやる。
これが当たり前のことだと思っていました。

そもそも教わる先生によって、上がったり下がったりするような成績なら、
それは本物の学力ではありません。
学力とは「教えてもらう」ものではなく、
「自分で身につける」ものだと私は思っていますし、子供たちにもそう教えています。

仕事にしている以上、常に「教える技術」を磨くのは当然のことだとは思います。
でも、それと同時に、最後は先生に頼らず「自分の責任のもと」で努力をする。
それを教えるのも教師や親の仕事だと思います。
自分のことを棚にあげて、
「先生のせいだ」、「社会のせいだ」
と誰かに責任を押し付けては大きな顔をしている人間が幅をきかせる世の中、
やっぱりちょっとおかしいですよ、これは。

まだまだ書きたいことはありますが、長くなったので今日はこのへんで。
また機会があったら、書いてみようと思っています。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2006-01-04 02:13 | 教育のこと | Comments(3)

ブルマンNO.1

私はいわゆる「コーヒー党」でして、
食事の後の「1杯のコーヒー」は欠かすことが出来ません。
むしろこの「1杯のコーヒー」のために、
わざわざ食事を摂っているうちに太ってしまったといってもいいくらいです。
(これはちょっと大げさ?)。

いつもは、行きつけのお店からいろんな種類の豆を少しずつ買って
楽しんでいる私ですが、こんな私にも、なかなか手が出せない豆があります。
まさにコーヒーの王様、「ブルーマウンテンNO.1」でございます。
何といっても値段が高い! 
普通の豆の約3倍でございます。
毎日コーヒーを飲んでいる私でも、年に数回しか口に出来ない代物でございます。

きょう街をブラブラしていたら、行きつけのお店ではなかったんですが、
この「ブルマンNO.1」がお正月ということで、特価で売られていました。
それでも、普段飲んでいる豆の2倍はするんですが、
まあ、今日はお正月ということで、すぐに飛びついてしまいました。

家に帰って早速飲んでみました。
う~ん、やっぱり香りが違う。味も違う・・・・・・・ような気がしましたね。
いや、「コーヒー党」なんて気取ってはみましたが、
お恥ずかしながら、味の違いはよく分からなかったりするわけで・・・。
でも、豆の香りと後味のすっきり感は普段のものとは全然違うような気がしました。
それともこれも、「高級豆」という先入観からくるものなんでしょうかね。

まあ、それでもいいんですよ。
食事の後のほんのひと時の「ぜいたく」を感じられるだけで私は満足でございます。
今度いつ買えるかわからないので、美味しいうちに大事に飲ませていただくことにします。


さて、お正月も2日が過ぎました。
そろそろお正月気分にも「ケジメ」をつけて、
明日からは通常モードで、また教育についてマジメに語っていこうと思っています。
みなさん、これからもよろしくお願い致します。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2006-01-03 00:44 | どうでもいいこと | Comments(0)

福袋がなかったそうな

朝も早から義母とともに、福袋争奪戦に向けて張り切って出かけて行った妻。
確か昨日は夜中に初詣に行って遅くなり、あまり寝ていないはずなのですが・・・。
こういうときの女性の執念、いや、行動力はたいしたものでございます。
さぞ大荷物を抱えて帰って来るのかと思いきや、
午後になって何やら文句を言いながら戻ってまいりました。

彼女が目当てにしていたお店の初売りは10時開店のはず。
チラシにも案内状にもそう書いてあったそうな。
当然、その10時を目がけて家を出て準備万端だったはずの彼女に、
店に着いたと同時に悪夢が・・・。
お店はすでにお客さんでいっぱい。
当然、目当てにしていた福袋はすでに売り切れ状態だったとか。

しかもいまだに「何でなんだろう?」と諦めきれない様子で、
私の横でぶつぶつ文句をたれております。
きっと開店前に並んだお客さんがあまりに多くなり過ぎて、
お店が予定より早く開店してしまったんじゃないかと思いますが。
でも、この日だけ(?)を楽しみに今まで頑張って生きてきた彼女にとっては、
相当ショックな出来事だったんでしょう、きっと。

元旦早々、ツイテナイ妻でございます。

一方、私のほうはと言えば、昼過ぎまで惰眠を貪り、
あとはテレビを見たりブログを徘徊したりと予告通りのぐうたら生活。
せっかくの休み、映画でも観に行こうかとも思ったんですが、今日は「映画の日」。
きっとこんな日は混んでるだろうな、いや、絶対混んでるに違いないと勝手に決めつけ、
1日中家に引きこもっておりました。
まあ、こんな日もたまにはいいもんです。
でも、またちょっと太った気がしないでもありません。

そんなこんなで、今年の我が家の元旦も過ぎていきました。
たしか今日見る夢が初夢でしたっけ? 
妻の今年はどうも先行き不安な予感がするので、
せめて私だけでも「いい夢」が見れたらと思いつつ、床に就くことに致します。
それではみなさん、おやすみなさい。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2006-01-02 00:52 | どうでもいいこと | Comments(0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

とうとう明けました。
私は「大殺界」から明けました。
何とかのり切りました。
しかも今年は年男でございます。
気分的には、「新しいスタート」という感じがしています。
昨日も書きましたが、今年は「変化」を起こす予定です。
今年の受験生を見送ったあと、
春から動き出すつもりですので、楽しみにしていてくださいね。

妻は、福袋を買うために今日は朝早くから初売りに出かけると張り切っております。
私にはよくわかりませんが、何やらバッグの福袋がどうのこうのと騒いでおります。
私はこれから受験生の合格祈願の御守りを買いに初詣に行ってまいります。

それではみなさん、今年もたくさんお世話になるかとは思いますが、よろしくお願い致します。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2006-01-01 00:09 | どうでもいいこと | Comments(0)

仕事納め

今日で今年の仕事納め。
来年の初仕事は5日からの予定なので、明日から5日間のお休みに入ります。
といってもどこかに出かける予定もございません。
せいぜい街に福袋でも買いに行くか、映画でも観に行くのが関の山。
混んでる温泉に入るのはあまり好きじゃないし、
多分毎年恒例の寝正月ということになるでしょう。

あまりに暇すぎて、いろんなブログを徘徊しているかも知れません。
あまりに暇すぎて、いろんなブログに登場してくるかも知れません。
今これを読んでくれているブロガーのみなさん、
もしあなたのブログに私が登場してきたら、どうか快く受け入れてくださいね。
たまに毒を吐くことはありますが、根は悪いヤツではありませんから・・・。

まあ、今年もいろんなことがありましたが、
仕事でも私生活でも特に大きなトラブルがなかったということで、
いい年だったんでしょうね、きっと。

来年は私にとって、多分大きな変化が起きる年になりそうです。
何が変わるかはまだヒミツですが、
まあ、そのときが来たらこのブログ上でもお知らせしていきますので期待していてください。

それではみなさん、良いお年をお迎えください。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2005-12-30 23:39 | 自分のこと | Comments(0)

真の実力とは

「真の実力」とは継続的なものでなければなりません。
イチロー選手は、毎年同じように好成績を残すから「一流」なんです。
たまたま1年や2年、調子が良くて活躍できただけというのでは、
「一流選手」とは言いません。
調子に左右されない力、
そしてそのための努力を惜しまない気持ちを持続できることが「真の実力」だと思います。

そしてこれは、勉強についても同じことが言えます。
今まで50点しか取れなかった子が、たまたま調子が良くて今回は80点取れた。
喜んで自信を持つのはいいですが、それだけで「実力」がついたと思うのは間違いです。
その80点を何度も持続させてこそはじめて「80点の実力」がついたと言えるんです。
調子によって左右される程度の力は「真の実力」とは言いません。

勉強における「真の実力」とは、忘れようと思っても忘れられない知識。
つまり、頭で覚えているのではなく、体にしみついてしまった知識です。
これは体にしみつくまで練習した人だけが得られる知識です。
受験が終わると同時に抜けてしまうような知識は「真の実力」ではありません。

受験生のみなさん。
「今まで頑張ってきたから、正月ぐらいは遊んでもいいや」って思ってませんか? 
気持ちはよくわかります。
でも、もし落ちたときのことを考えてみてください。
本当に一生懸命やって落ちたのなら、キミたちを責める権利は誰にもありません。

でも、この時期遊んでしまったために落ちたとしたら・・・。
それまでキミたちを応援してくれた人、例えば学校の先生や塾の先生、
そして何よりもキミたちの学費を稼ぐために一生懸命働いてきた両親に対して、
どう言い訳しますか? 

もうそろそろ大人になりましょうよ。
せめて今年ぐらいは正月関係なく机に向かいましょうよ。
そういった気持ちを持てるようになって、
はじめて「真の実力」への第一歩を踏み出せるのではないかと思います。
頑張ってください。

と、今までエラそうなことを書いてきましたが、
実はこれ、私自身への戒めの意味もこめて書きました。
私は1年でも2年でも長く、この業界にしがみついていきたいと思っています。
そのためには、みなさんに認められるような
「真の実力」を身につけるための努力を惜しんではいけないと、
自分自身に気合を入れるために書いてみました。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2005-12-29 23:56 | 勉強のこと | Comments(0)

教師の守秘義務

お医者さんや弁護士には、
患者や依頼人の権利を守るための「守秘義務」というのがあります。

この「守秘義務」、
私は教師や塾講師、家庭教師にもあってもいいんじゃないかと思っています。

教育関係のブログを見てまわっていると、
授業風景や生徒との会話などを載せたものをよく見かけます。

まあ、楽しい雰囲気のものであれば特に問題はないんですが、
なかには、自分の担当する生徒の成績などをこと細かく書いてあるのがありますよね。

特に塾講師や家庭教師の方に多く見られます。
まあ、自分の授業のうまさを自慢したい気持ちはわからないでもありませんけど・・・。

でも、いくら名前を公表していないと言っても、
これってあまり感心できることではないと思います。

自分の成績が自分の知らないところで、公開されている。
これってプライバシーの侵害ですよね。

もし、これを本人(生徒)が知ったらどう思うでしょう? 

本人の承諾を得ているのなら別ですけど、
そうでなければ、やはり教育者としての配慮に欠けると思わざるを得ません。

配慮に欠けると言えば、「成績上昇率90%以上」という塾や家庭教師の宣伝もそう。

これが真実かどうかは別として、「90%以上の子が成績が上がる」ということは、
裏を返せば、「10%近くの子は上がっていない」ということ。

この「10%近くの子」が、この宣伝を見たらどう思うでしょう?

「やっぱりボクはバカなんだろうか」と自信をなくするのは目に見えています。

教育に携わる人間ならば、
この「10%近くの子」に対して「申し訳ない」という気持ちを持つべきではないでしょうか。

まあ、こういった宣伝はきっと、
「成績が上がらない」という親からのクレームが来たときのための「予防線」だと思います。

「成績が上がらないのはあなたのお子さんに原因があります。
他の生徒は上がっているんですから。」と言えば、
塾としては責任逃れが出来ますからね。

最近はこういったCMあまり見なくなったので、きっとクレームでも来たんでしょうが・・・。

生徒のプライバシーを守るためにも、自分を守るためにも、
「守秘義務」を守って、
余計な宣伝をしないのが一番だと私は思っているんですが、いかがでしょう? 
[PR]
# by sawayoshi45 | 2005-12-29 01:05 | 家庭教師のこと | Comments(0)

お金の話

自由業で食べている私は、常に将来への不安を抱きながら生活しています。
明日から仕事が無くなるということも十分考えられます。
そのため、無謀な借金やローンというものには絶対に手を出さないようにしています。
だから、私はクレジットカードも1枚も持っていません。
妻にも持たせていません。

人間いざとなったとき、マイナスからは大変ですが、
ゼロからならいくらでもやり直せると思っています。
そのため、背負う荷物は軽くしておくに限ります。
我が家で一番高価なものといえば、今使っているこのパソコンぐらいでしょうか。
車もありません。
もちろん、マイホームなんて今の私には夢物語です。
贅沢は出来ませんが、その分、好きなことをやって食べさせてもらっていると思えば、
別に苦痛に思うこともありません。

小さい頃から母親に、「人様から借金だけはするな!」と言われて育てられました。
大学生のとき、一度だけ資格商法というものに引っかかり、
60万ほどのローンに苦しんだことがあります。
アルバイトで何とか完済しましたが、今思えばこれが良い経験だったのかもしれません。
それ以来、借金というものとは無縁の生活をしてきました。
今までさんざん親の期待を裏切ってきた私ですが、
今でもこの教えだけは守っているのが私の誇りでもあります。

最近、テレビをつけると必ずといっていいほど消費者金融のCMを見ます。
どこのCMもきれいなタレントさんやかわいい犬をキャラクターにして、
イメージアップに努めています。
このCMを見る限り、「お金を借りる」という行為に、
あまりブラックなイメージは感じられません。
きっと今の若者たちは、「お金を借りる」ことに対して
「後ろめたさ」もあまり感じないのかもしれません。

でも、「生活のためにやむを得ず」というならともかく、
「贅沢する」ために気軽にお金を借りられる世の中ってやっぱりおかしいような気がします。

今の子供たちに税金や年金のしくみを教えることは大切なことです。
表面上の程度のものなら、中3の教科書にも載ってるし授業でも扱います。
でも、子供がある程度の年齢に達したなら、もっと血生臭いというかどろどろした部分、
つまり「お金の恐ろしさ」について具体的に教えることも必要なことじゃないかと思います。
表面的な部分だけでなく、そういった教育があってもいいのではないかと思います。

今、日本の自己破産者は年々増加しています。
あまり報道されることはありませんが、
借金を苦に自殺する人は年間2万人とも3万人とも言われています。
正しい金銭感覚を持ち、身の丈に合った生活さえしていたなら、
そこまで追い込まれずに済んだ人も多いのではないでしょうか。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2005-12-27 00:55 | 世間のこと | Comments(2)

クリスマスイヴ

今日はクリスマスイヴ。
せっかくのクリスマスイヴに堅苦しい話を書くのもどうかと思うので、
今日は簡単な日記にしときます。

今日は仕事が休みだったので、妻と街でお買い物。
さすが3連休とあって街はすごい人でした。
正月のしめ飾りを買ってケーキを買って・・・。

実は私、猫背で姿勢が悪いせいか、慢性の肩こりでございます。
それでこの前のように、寝違えを起こしやすいんじゃないかと思い、
高いとは思いつつ思い切ってテンピュール枕なるものを買ってみました。
これで少しでも肩こりが良くなればいいんですが。
今日からはちょっと寝るのが楽しみでございます。
いいクリスマスプレゼントになりました。

あ、それからケーキを買っている間、
隣の立ち食いそば屋さんで若いカップルが2人で仲良くそばを食べていました。
普段なら何でもない光景ですが、
こういった日だけに、何だかとても微笑ましい気分になりました。
まさか近くにいた「オヤジ」が自分たちを見て、
おせっかいにも「きっとこの2人は、これからも仲良くやっていくんだろうなあ」
と思っていたなんて、この2人には思いもよらなかったでしょうね。

それでは、私はこれからチキンを食べてケーキを食べて、DVDでも見て、
テンピュール枕で寝ることにします。
では、みなさんも楽しいクリスマスを!
[PR]
# by sawayoshi45 | 2005-12-24 21:20 | どうでもいいこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2015年 04月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強