点数だけでは分からないこと

現時点で難しい問題は解けなくても、
基礎をしっかり積み重ねていく勉強をしてきた子は、
学年が上がるにつれて、頭角を表してきます。

一方、現時点でどれだけ難しい問題が解けたとしても、
基礎を疎かにした勉強をしてきた生徒は、
学年が上がるにつれて、成績は落ち込んでいきます。

入試をギリギリで合格した生徒が、
入学後、学年トップクラスの成績をキープする例。

逆に入試を上位の成績で通過した生徒が、
入学後、ビリに近い成績に落ち込んでしまう例。

こういった逆転現象は、
私立中学や高校(特に進学校)では決して珍しいことではありません。

中学校で勉強が出来なくなるのは、小学校までの勉強法に問題があり、
高校で勉強が出来なくなるのは、中学校までの勉強法に問題がある。

私はそのように考えています。

ですから子どもたちを見るときは、今現在の成績ではなく、
彼ら(彼女ら)の勉強への取り組み方を見て指導するようにしています。

たとえ今の成績が良くても、
間違った勉強の仕方をしている生徒には、厳しく叱ることもありますし、
今の成績がそれほどよくなくても、
正しい勉強の仕方をしている生徒には、褒めて励ますようにしています。

そういった生徒は、来るべき時が来れば、
必ず伸びる時期が来るのを経験上知っているからです。

「次のテストで○点以上取ること!」

子どもにそういった条件を押し付ける親御さんの話を時々聞くことがありますが、
正直言って、私はあまり意味を感じません。
というか、むしろマイナスではないかと思っています。

目先の点数だけに捉われた勉強の仕方は、
後々、取り返しのつかない事態に陥る例を今までたくさん見てきたからです。

テストというのは、学校によって、
またその時の内容によって難易度が全く違います。

そういったことを考えもせず、
単に「○○点以上」という基準で子どもを縛りつけるのは、
本当にその子にとって、プラスになることでしょうか?

結果を出すことはもちろん大事なことです。
でも、それ以上に大事なのは結果を出し続ける力をつけていくこと。

私たちはどうしても子どもたちの点数に目が行ってしまいますが、
その時の点数だけでは分からないこともたくさんあります。

目先の点数で子どもを縛り付けることよりも、
勉強への考え方、取り組み方をしっかり教えることのほうが、
大切ではないかと思います。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2010-11-30 16:15 | 教育のこと | Comments(0)

蓄積の差

野球を始めてほんの数ヶ月で、プロ野球選手になれる人はいません。
ピアノを習い始めてほんの数ヶ月で、ピアニストになれる人もいません。

そんなことは誰でも分かることですし、
本気でそれを子どもに要求する親もいないはずです。

でも、勉強の場合はどうでしょう?

受験勉強を始めてほんの数ヶ月で、
難関大学(高校)や医学部に行きたがる生徒。
また、それを要求する親御さんの多さに私は時々驚かされます。

確かに「短期間で一発逆転!」といった例が全くないわけではありません。
多くの塾や予備校は、そういった数少ない例を広告塔に使います。

でも、だからと言って「じゃあ我が子も・・・」と考えてしまうのは、
あまりにも軽率すぎるような気がします。

子どもたちの成績を見ていて思うのは、
「成績の差」は、やはりそれまでの「蓄積の差」であるということ。

それも「数ヶ月単位の差」ではなく、「数年単位の差」であるということです。

小学校からしっかり自学力を身につけてきた生徒と
小学校から塾任せ・人任せの習慣を身につけてきた生徒、
さらに、それまでまともに勉強をしてこなかった生徒の間には、
ほんの数ヶ月では到底埋めることのできない「蓄積の差」があります。

その「蓄積の差」を親も子どもも理解しなければならないと思います。
といっても、「だから諦めろ!」と言いたい訳ではありません。

物事を本当に理解し、出来るようになるには、
それなりの時間がかかります。

今、成績の良い生徒たちも最初から出来たわけではなく、
それなりの時間をかけて、今の状態を築き上げてきたということ。

そして、そういった生徒に追いつくためには、
やはりそれなりの時間と覚悟が必要だということを、
理解して欲しいということです。

千里の道も一歩から。
ローマは1日にしてならず。

宝くじに当たるようなわずかな確率を追い求めるのではなく、
今日から少しずつでも「蓄積」していくことが大事ではないでしょうか。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2010-11-23 23:38 | 勉強のこと | Comments(0)

やり通す

ある教材を使って試験勉強をした。
でも思うように点数が伸びなかった。

友達が使っている教材のほうが何となく良さそうに見える。
次回は教材を変えてやってみよう。

そうやって試験の度に使う教材を変えてみたところで、
満足する結果を得られることはまずありません。
(「教材」を「塾」に置き換えても同じことが言えそうですね)

なぜなら、点数が伸びない原因は、
決して教材の問題ではなく、その使い方にあるからです。

ただ何となくやってみる。
ただ丸付けをして答を写す。
それでやった気になっている。

そういった勉強のやり方で、成績が伸びるわけがありません。

成績は「何の教材を使ったか」ではなく、
やったことを「どれだけ覚えているか」で決まります。

1冊の教材を何度も繰り返して、完璧に覚えたと思えるまで、
「やり通す」ことが何よりも大事なことだと思います。

今まで多くの生徒の部屋を見てきましたが、
持っている教材の量とその生徒の学力は、
「比例」というよりはむしろ「反比例」の関係にあるように私には思えます。

学校の教科書とワーク、
あとは私の渡すプリントだけで毎回9割以上の点数を取る子もいれば、
たくさんの問題集に手をつけていながら、半分も取れない子もいます。

勉強に限ったことではありませんが、
1つのことを「やり通す」こと。
それが上達のための一番の近道だと思います。

中途半端なやり方は、中途半端な結果を招くに過ぎません。

子どものことを心配する気持ちはわかりますが、
だからと言って親が先回りしてまで、
子どもにたくさんの教材を与えるのは、むしろ逆効果。

たくさんの教材を与えることよりも、
1冊を「やり通す」ことの大切さを教えることのほうが、先ではないでしょうか。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2010-11-18 13:56 | 教育のこと | Comments(0)

慣れること

私の授業は、毎回チェックテストから始まります。

漢字、英単語、英文暗記、理社の一問一答など、
内容と量は生徒によって変えていますが、
特に受験生には、結構な負担を強いることもあります。

「えっ? こんなに覚えられないよ」
「絶対無理!」

最初は文句を垂れる子供たち。

今まで「覚える」という作業に慣れてこなかった生徒にとっては、
かなりしんどいようです。

それでも何とか頑張ってついてきた生徒は、
回数を重ねるごとに覚えるのが速くなり、
必然的にテストでの得点力もついてきます。

「何だか暗記が得意になったかも・・・」
「覚えるコツが何となくわかってきたかも・・・」

半年もすれば、子供たちからそんな言葉が出てくるようになります。
脳が慣れてきた証拠ですね。

「慣れること」によって、
今まで3時間かかっていたことが1時間で出来るようになる。

子供たちには、そういった体験をして欲しいと思っています。

勉強が得意な子と苦手な子。
私からみる限り、その子たちに能力の差はそれほどありません。

要は、問題に「慣れている」か「慣れていない」かの差だと思います。

「慣れること」で、速く覚えるコツがわかります。
「慣れること」で、点数を取るコツがわかります。
「慣れること」で、密度の濃い勉強が可能になります。
「慣れること」で、勉強の景色がそれまでと変わります。

中学受験まで残り2ヶ月、高校受験まで残り4ヶ月。

「その先」の勉強でつまづかないためにも、
限られた時間の中で、
彼ら(彼女ら)の脳を精一杯鍛えてやろうと思っています。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2010-11-05 00:44 | 勉強のこと | Comments(0)

ちゃんとやる習慣

やたらと人より先に進む必要はありません。
やたらとたくさんの量をやる必要もありません。

勉強が出来るようになりたかったら、
1問1問を「ちゃんとやる習慣」をつけることです。

1日5時間やれば成績が上がるわけではありません。
1日10ページやれば成績が上がるわけでもありません。

成績を上げたかったら、
1日1ページでも「ちゃんとやる習慣」をつけることです。

では「ちゃんとやる」とはどういうことか。
それは「出来るようになるまでやる」ということです。

塾の授業を3時間受けても、机に5時間向かっても、
今日出来るようになった問題がひとつもなければ、
「勉強した」とは言いません。

それは「勉強したフリ」をしているに過ぎません。

「勉強したフリ」のために大事な時間とお金を使う。
とても勿体ないことだと思います。

毎日のように塾に通いながら結果を出せなかった子を、
週1回の授業で結果を出させるのが私の仕事です。

もちろん一筋縄ではいかないことが多いですが、
「ちゃんとやる習慣」を身につけさせることで、
案外早く結果が出ることも少なくありません。

子供たちの意識さえ変わってくれれば、
教える時間は少なくても、勉強の効果は上がります。

「ちゃんとやる習慣」をつけて面倒な(?)勉強は早めに終わらせ、
残った時間で部活や遊びも楽しめる生活。

「勉強したフリ」のためにたくさんの時間とお金を使い、
テストの度に、親に文句を言われて落ち込む生活。

キミなら、どちらの生活を選びますか?
[PR]
# by sawayoshi45 | 2010-10-15 00:39 | 勉強のこと | Comments(0)

結果の出し方

結果が欲しくてたまらない。

そう思いながらも、目の前の勉強が疎かになっている生徒は、
残念ながら、いつまでも結果を出すことは出来ません。

結果を出せないからイライラが募り、
イライラが募るから落ち着きがなくなり、
ますます目の前の勉強が疎かになっていきます。

「結果の出し方」がわからず困った彼らは、
「何か特別な方法」を求め始めます。

簡単な解き方ばかりを教えてくれる塾や先生を求めます。
試験問題を毎回的中させてくれる塾や先生を求めます。
自分は努力しなくても、ラクに成績を上げてくれる塾や先生を求めます。

でも残念ながら、そういった塾や先生が見つかることはありません。
元々ないものをいくら探したところで、見つからないのは当然のことです。

一方、結果にあまり捉われることなく、
日々のやるべきことにしっかり取り組んでいる生徒は、
自然に結果がついてくるようになります。

やるべきことをやるべきときにやって、
覚えるべきことをしっかり覚えていきさえすれば、
自然に結果が出るという当たり前のことに気づきます。

「結果の出し方」を自らの体験で学んだ彼らは、
当たり前のように、日々の勉強に取り組めるようになります。


覚えて確認、覚えて確認、
忘れたらまた覚え直して確認・・・

手っ取り早く結果が欲しいという生徒や親御さんにとっては、
まったく魅力のない方法かも知れませんが、
私はこれ以外の「結果の出し方」を知りません。

でも、この魅力のない地味な方法は、どんな「特別な方法」にも勝ります。
それは、普段の教え子たちの様子を見ていれば明らかなことです。

ちょっと逆説的な言い方になりますが、
「結果を出す」ための一番の近道、
それは「結果をあまり気にしないこと」だと思います。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2010-09-30 00:02 | 勉強のこと | Comments(0)

急かさない

ゆっくり時間をかけて根気よく教えていけば、
そのうち出来るようになったはずのものも、
周りが「早く早く!」と急かすから、
子供は集中力を失い、いつまでも出来なくなります。

1年かけてじっくり基礎力を養っていけば、
そのうち平均点にたどり着いたはずのものも、
周りがほんの数ヶ月で70点、80点を要求するから、
子供は自信を失い、いつまでも20点、30点をさまようことになります。

以前の記事でも書きましたが、
子供の脳の成長速度には、かなりの個人差があります。
ただ、個人差はあっても、
どの子の脳も成長していることだけは確かです。

「今出来ないこと」は「一生出来ないこと」ではありません。
急かさないで、じっくり取り組んでいけば、
半年後、1年後には出来るようになっているものもあるはずです。

「いつか出来るようになったこと」も、周りが急かすことによって、
「一生出来ないこと」に変わってしまいます。
それは、その子の可能性を私たちが潰しているということになります。

そんな危険を冒してまで、
今すぐその子に高得点を取らせる必要はあるんでしょうか?

子供が勉強できなくなるのは、
何も子供ばかりに問題があるわけではありません。

その周りにいる人たちの影響はかなり大きいはずです。

「早く早く!」と急かすのは簡単です。
でも、それで子供ができるようになるわけではありません。
というか、むしろ逆効果だと思います。

子供が勉強に取り組むには「忍耐力」が必要です。
でもそれは、子供に限ったことではありません。

子供の可能性を信じて、どれだけ我慢強く見守ることができるか、
私たち大人の「忍耐力」も試されているのだと思います。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2010-09-21 01:09 | 教育のこと | Comments(0)

自学力

小学生のうちに「自学力」をしっかり身につけてしまった子は、
中学校に行っても高校に行っても、
勉強でそれほど苦労することはありません。

一時的に気が緩んで、少し成績を落とすことはあるかもしれませんが、
そのうち自分で這い上がってくることが出来ます。

小学生のうちに塾任せの受け身の勉強を身につけてしまった子は、
中学校に行っても高校に行っても、
毎日塾通いをしないと、成績を保てなくなります。

毎日塾通いを強いられ、多大な時間とお金を塾に注ぎ込み、
その割にはたいした結果が得られないという悲劇が待っています。

そういった悲劇を迎えてしまった生徒を、
以前はよく受け持つ機会がありました。

彼らがなぜそうなってしまったのか。

本人からよくよく話を聞くと、
やはり先に書いたような原因が浮かび上がってきます。

以前はほとんど中高生ばかりを教えていましたが、
数年前からは小学生を教える機会が増えました。
今は19人の教え子のうち7人が小学生です。

小学生を教える際に私が最も重視しているのは、
難しい問題を解かせたり高得点を取らせたりすることではありません。

一度やったものを次までにしっかり覚えるという習慣と、
自分で勉強を進めていく「自学力」を鍛えてもらっています。

この「自学力」さえ身につけさせておけば、
塾に通わずとも、ある程度の成績を維持できることは、
今の私の教え子たちが証明してくれています。

「勉強は家でするものではなく塾でするもの」
「塾の自習室ならできるけど、家では勉強できない」

最近はそういった子供たちが増えてきたと聞きます。

彼らは高校に行っても、大学に行っても、社会に出ても、
勉強は塾のお世話になるつもりなんでしょうか。

塾の先生方には申し訳ありませんが、
「勉強は塾でするものではなく自分でするもの」
といった意識付けを早めにしておくことも大事ではないかと思います。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2010-09-16 00:47 | 教育のこと | Comments(0)

自分の限界を知る

高校入学当初の私の成績は450人中420番台でした。
中学時代、田舎の学校だったとはいえ一応トップをとってきた私にとって、
それはかなりショックな出来事でした。

でもそのおかげで、「上には上がいる」ことを知り、
同時に自分が「井の中の蛙」だったことも知りました。

その後何とか奮起し、
次の試験では350番まで上がり、1年終了時は250番。
それでも、校内ではまだまだ平均以下の成績です。

2年生になってからは、
160番、さらに60番台まで上がることができました。

このままトップクラスの仲間入りかと調子に乗っていましたが、
さすがにそこからは頭打ちになり、
その後100番前後をキープした状態で卒業を迎えることになりました。

「本当にそれが限界だったのか?」
「まだまだ頑張る余地はあったんじゃないか?」

今となっては、そういった思いが全くないわけではありませんが、
当時の私にとっては、多分それが「自分の限界」だったように思います。

いくら頑張っても、自分には乗り越えられない壁の存在を初めて知りました。

でも、
「自分の限界を知る」ことによって、
相手のすごさを素直に認められるようになりました。

「自分の限界を知る」ことによって、
結果よりも過程が大切だということを知りました。

「自分の限界を知る」ことによって、
身の程知らずの自分にもならずにすみました。

「自分の限界まで頑張った」という経験を持っている人だけが、
「自分の限界を知る」ことが出来ます。

どんな結果に終わったとしても、
そういった経験は、その人にとって大きな自信になるし、
後には充実感・満足感が残ります。

「自分の限界を知らない」人たちが、
他人をけなし、出来もしない目標を掲げ、結果ばかりを求める。
そして、世の中に不満を持ちながら生きている。

私にはそんな気がしてなりません。

世の中に自分より「すごい人」はたくさんいます。
若い頃は、自分もその「すごい人」の仲間入りをしようと誰もが思います。
でも、いくら望んでも誰もが「すごい人」になれるわけではありません。

「すごい人」にはなれなくても、
自分に出来ること、自分が好きなことを精一杯やって、
それが結果的に誰かの役に立てばいい。

今までそう思って、この仕事を続けてきましたし、
これからもそういう思いで、続けていけたらと思っています。
[PR]
# by sawayoshi45 | 2010-09-13 14:27 | 自分のこと | Comments(0)

大人の脳、子供の脳

ほぼ出来上がってしまった「大人の脳」とは違って、
「子供の脳」はまだまだ成長過程にあります。

「大人の脳」にとっては、ごく当たり前のことであっても、
「子供の脳」にとっては、理解できないことはたくさんあります。
それは自分の子供時代のことを考えれば、誰でもわかることですよね。

我が子が取ってくる点数で激怒する親御さんがいる。
そういった話をたまに聞くことがありますが、
それは「大人の脳」と「子供の脳」の違いを理解していないから。

私からすれば、そういった親御さんのほうが、
子供以上に「不勉強」と言わざるを得ません。

良い点数を取り続けることがどれだけ大変なことか、
自らの体験からよく知っている親御さんなら、
決してそうはならないはずですから。

勉強のやり方、取り組み方で子供に注意するのはいいですが、
テストの結果だけで子供を叱るのは、絶対にやってはいけないこと。

「どうしてこんなのも出来なかったの?」

その言葉で、劣等感を募らせる子供は多いですが、
その言葉で、やる気になる子は皆無だと思います。

それは、「自分が言う立場ではなく言われる立場だったら・・・」
と考えれば明らかですよね。

私自身もよく経験してきましたが、
その時はどうしてもわからなかったものが、
後になって、自然にわかるようになることってよくあることです。

それは努力とかやる気とかの問題だけではなく、
脳の成長が、ようやくそのレベルに追いついてきた。
そんな感じではないかと思います。

特に子供の間は、脳の成長速度にものすごく個人差があります。

百メートルを最初から13秒で走れる子と、
どうしても20秒かかってしまう子。

どうしても20秒かかってしまうのは、
その子にやる気がないからでしょうか?
その子の努力が足りないからでしょうか?

「今わかるかわからないか」「今出来るか出来ないか」、
そういったことばかりを気にするあまり、
子供から勉強に対する興味を奪っていないでしょうか?
[PR]
# by sawayoshi45 | 2010-09-08 15:14 | 教育のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 12月
2015年 04月
2015年 01月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強