みんな似たりよったり

家庭教師を始めてまだ間もない頃の私は、
この時期になるとよくイライラしていました。

教え子を不合格にさせるわけにはいかない。
でも子供たちは思うようには動いてくれない。

同じ学校を受験する他の生徒は、
きっともっと頑張っている(はず)なのに、
この子は本当に大丈夫なんだろうか?

他人の私でさえそう思ってしまうわけですから、
受験生の子を持つ親御さんが我が子の様子を見て、
気が気でなくなるのも無理のないことですよね。

でも、これまで20年以上、
毎年受験生を教えてきたことで、
わかったことがひとつあります。

ダメだダメだと思っていた教え子が、
何だかんだ言いながらも何とか合格を果たし、
トップクラスとまではいかないまでも、
進学先の学校でそれなりの成績を収めている。

その事実を見る限り、
本当に頑張れるごく少数の生徒を除けば、
「みんな似たりよったり」であるということ。

つまり、「他の子はみんな頑張っている(はず)」
と思っていたのは自分の思い過ごしでしかなく、
多くの子供たちが、親や先生に文句を言われながら、
ぐだぐだ受験生活を送っているということです。

もちろん「だから安心してください!」
と言いたいわけではありません。

ただ、我が子だけが特別だらしないわけではなく、
どこのご家庭の親御さんも、同じ悩みを抱えている。
そう思えるだけでも、我が子に対するイライラを、
少しは軽減できるのはないでしょうか。

親御さんからすれば、我が子の姿が全て。

「他の子はもっと頑張っている(はず)」
といった妄想にとりつかれると、
どうしても我が子の欠点ばかりが目がつき、
イライラをぶつけてしまうこともあるでしょう。

でも受験において最も恐いのは、
子供が不合格になることではなく、
親のイライラが子供に伝わることで、
子供がさらにやる気を失ってしまうことです。

虐待や言葉の暴力を受けた子供の脳が、
萎縮してしまうことは、
今や科学的も証明されています。

「自分が受験生の頃はあんなんじゃなかった」

そう思っているお父さん、お母さん。
その気持ち、私にもよくわかります。

でも多くの人間にとって、
自分の過去はかなり美化されるらしいので、
その分は差し引いてみてあげてくださいね。

一部の優秀な人を除けば、
人間、みんな似たりよったりですので(笑)



☆お知らせ☆

冬期講習の受け付けを開始しました。

無料体験授業をご希望の方は、

こちらからお問い合わせください。

札幌の家庭教師 学びの森






家庭教師ランキング


[PR]
# by sawayoshi45 | 2018-11-12 23:39 | 教育のこと | Comments(0)

何をやったかよりも何を覚えたか

同じ学校に通う同じ学年の生徒に、
同じ教材を使って同じように教えたのに、
テスト後の感想は全く違ってきます。

1人は「やった所が出た!」と喜び、
もう1人は「やった所が出なかった」と、
落ち込んでいます。

2人とも同じテストを受けているのに、
不思議な現象ですね。

でも教えている私からすれば、
何の不思議もありません。

前者の生徒は、
勉強に前向きに取り組んできた生徒で、
やったことをしっかり覚えていました。

後者の生徒は、
勉強を受け身でやっている生徒なので、
やったことを覚えていませんでした。

たったそれだけの違いです。

どの学校でも公立中学校であれば、
定期テストで出やすい所というのは、
ほぼ決まっています。

そして教える側は、
その出やすい所を重点的に教えているはずです。
ですから「やった所が出なかった」というのは、
まずあり得ないことです。

同じ教材で同じ先生に教わっても、
能動的に取り組む生徒と、
受動的に取り組む生徒では、
ここまで差が出るということです。

11月は定期テストを控えている学校が多いようですね。

自分が真剣に覚えたものは、
必ずテストに出ます。
そしてどこかで手を抜いて、
しっかり覚えなかったものも、
必ずテストに出ます。


「テスト対策って何をすればいいですか?」

と聞いてくる生徒は多いですが、

勉強は「何をやったか」ではなく、

「何を覚えたか」を試されるものであること。

忘れてはいけないと思いますよ。


☆お知らせ☆

冬期講習の受け付けを開始しました。

無料体験授業をご希望の方は、

こちらからお問い合わせください。

札幌の家庭教師 学びの森






家庭教師ランキング


[PR]
# by sawayoshi45 | 2018-11-01 00:10 | 勉強のこと | Comments(0)

理想の授業は夢物語

私が説明をしている間、
ほぼ落書きをしている生徒がいます。

本来なら注意するべきことですが、
その子は発達障害を抱えていて、
無理にやめさせるとストレスになるので、
私は容認することにしています。

ただ、落書きをしているからといっても、
話を全く聞いていないわけではありません。
確認のために問題を解かせてみると、
意外と覚えてくれていることもあります。

説明したことの半分、いや10分の1でも、
聞いてくれていたらいいという気持ちで、
私はその子に接するようにしています。

また過去には、問題を考えている最中、
黙って椅子に座っていることが出来ず、
部屋中をくるくる歩き回る子もいました。

初めてその姿を見たときは正直驚きましたが、
学年が上がるごとに少しずつ症状はおさまり、
今では医学部生として頑張っています。

学校からは「落ち着きがない子」と評され、
塾からは「他の生徒の迷惑になるから」と断られ、
居場所を失いかけてきた子供たち。

彼らに必要なのは、
無理やり行動を正そうとする指導者ではなく、
自分のことを理解して見守ってくれる、
大人の存在ではないかと私は思っています。

出会った瞬間から子供がやる気になり、
こちらの指示通りに動いてくれて、
順調に成績も上げ、そのまま難関校合格。

そういった理想の展開を、
教える側はつい期待しがちですが、
少なくとも私にとって、
そんな理想の授業は夢物語です。

こちらの思い通りに動いてくれない子供たち。
なかなか言うことを聞いてくれない子供たち。

教える立場からすれば、
正直イライラする機会も少なくありません。
でも子供って、本来そういうものですよね。

だからこそ子供は面白いし可愛い。
そう思えるようになったのも、
私が歳をとったせいかもしれませんが(笑)。

大人の都合を押し付けるのではなく、
その子の出来ること、出来ないことを、
冷静に見極めて妥協点を探りながら、
長い目で見守っていくことが、
やはり大事なことではないかと思います。






家庭教師ランキング


[PR]
# by sawayoshi45 | 2018-10-24 23:50 | 勉強のこと | Comments(0)

過去問の使い方

いよいよ受験シーズン到来ですね。
この時期の効果的な受験勉強と言えば、
「過去問対策」というのが一般的ですね。
私もその通りだと思います。

ただ、この「過去問対策」というのを、
間違って捉えている生徒、
あるいは全く活かしきれていない生徒が、
案外多いような気がしてなりません。

過去問が出来たから受かる確率が高い。
過去問が出来なかったから落ちるかも。

そうやって一喜一憂している生徒を、
たまに見かけますが、
全く意味のないことだと思います。

なかには張り切り過ぎて、
「今日から毎日過去問を1年分解く!」
といった無謀な計画を立てる生徒もいます。

その意気込みは買いますが、
仮に毎日過去問を1年分解いたとして、
そのとき解けなかった問題は、
いつ復習して、いつ解き直すのでしょうか?

それとも解き直しすることもなく、
赤ペンで答を写して終わりでしょうか?

過去問を解けば、
合格に近づけるわけではありません。

過去問を解いて問題の傾向と自分の弱点を知り、
それを克服して初めて合格に近づけるということ。
忘れてはいけませんね。

過去問を解いて、割合が苦手だとわかったら、
教科書や他の問題集などを使って、
割合の単元を重点的に勉強すればいい。

英語の不定詞が苦手だとわかったら、
不定詞を理解できるまで勉強すればいい。
当たり前のことですよね。

でもこの当たり前のことをやらずに、
「成績が上がらない」と悩んでいる生徒、
今までたくさん見てきました。

過去問対策に限らず勉強は全て、
「出来ないものを出来るようにする」
のが基本姿勢だと思います。

そのためには、
ただやみくもに問題を解くのではなく、
復習してしっかり覚える時間も、
確保する必要があります。

出来るものが多くなっていけば、
自然に点数も上がり、合格に近づくことは、
言うまでもありませんよね。

せっかくの過去問対策、
「やったつもり勉強」で終わらせるのではなく、
一歩でも合格に近づける勉強にしていくことが、
これからの時期、特に大切なことだと思います。






家庭教師ランキング


[PR]
# by sawayoshi45 | 2018-10-16 00:14 | 勉強のこと | Comments(0)

それぞれのポジション

小さい頃に理科に興味を持ち、
科学関係の本をよく読んできたある生徒は、
テスト前に理科の勉強は全くせず、
範囲すら知らない状態で試験を受けて、
理科で学年トップの点数を取りました。

また小さい頃から本に親しんできたある生徒は、
国語の勉強は今までしたことがないと言いながら、
試験ではいつも高得点を叩き出していました。

その子に「なんで出来るの?」と尋ねてみたら、
「普通に読めばわかるでしょ」だそうです。
何の参考にもなりませんね(笑)。

でもそんな2人も全ての教科が、
得意かというと決してそうではなく、
私が教えている英語や数学に関しては、
それなりに苦労をしているようです。
私にとっては皮肉な話ですが(笑)。

プロ野球解説者の野村克也氏によると、
どれだけ優秀な指導者であっても、
エースと4番だけは育てられないそうです。

エースと4番だけは「育てる」のではなく、
勝手に「育つ」ものだとか。
確かにその通りかもしれませんね。

どんなに努力を重ねても、
誰もがエースか4番になれるわけではありません。

でも野球はエースと4番だけで、
成り立つわけでもありません。

各球団のエースと4番だけを集めても、
必ずしも強くなるわけではないということ、
プロ野球ファンなら誰もがご存知ですよね。

それぞれのポジションには、
それぞれの適正と役割があるということ、
私たちは忘れてはいけないと思います。

塾や予備校の春のチラシは、
エースと4番のオンパレードです。

でもそれに心を惑わされて、
むやみやたらにエースか4番を目指したり、
周りの人間が強引に目指させたりしても、
そこには必ず無理が生じます。

大事なのは自分に合ったポジションを見つけ、
そのポジションの中で自分に出来ることを、
精一杯やることではないかと思います。

そして前述の2人のように、
子供たちが小さい頃に持った興味は、
その子にとって大きな武器であり宝です。

それを大人の都合で潰すことだけは、
したくないものですね。






家庭教師ランキング


[PR]
# by sawayoshi45 | 2018-10-09 23:54 | 教育のこと | Comments(0)

勉強って難しい

授業はいつも真面目に受けてくれるし、
宿題もきちんとやってくれる。
でもなかなか結果につながらない生徒がいます。

一方で、授業態度は決して良くはなく、
宿題もいつもいい加減なのに、
テストでは割と良い結果を出す子もいます。

どちらのタイプの生徒も、
今まで何人も見てきました。

教えている立場からすれば、
どうしても前者の生徒に肩入れしたくなりますが、
実際はこちらの思うようにはいかないのが現実です。

思えば私の高校時代の同級生を考えて見ても、
「成績が良い=真面目」といった図式は、
必ずしも当てはまらなかったように思います。

予習復習はおろか、宿題もろくにやらず、
授業中は居眠りばかりしていた生徒が、
テストでは高得点をとるということは、
決して珍しいことではありませんでした。

世の中には教科書を1回読んだだけで、
全てを記憶できる人もいれば、
10回読んでも覚えられない人もいるそうです。

そう考えると、テストの結果だけで、
子供を褒めたり叱ったりというのが、
いかに間違っているかがよくわかりますよね。

私たちはよく「やれば出来る」という言葉で、
安易に子供たちにやる気を促そうとしますが、
「やれば出来ること」はその子によって、
大きく異なるということを忘れてはいけません。

20年以上、勉強を教え続けてきた私でさえ、
いまだに全ての問題が解けるわけではありませんし、
自分にとって苦手な教科の勉強は、
正直とても面倒です(苦笑)。

やはり多くの子供たちにとって、
勉強って難しいし苦しいものですよね。

でもだからこそ、結果だけにこだわるのではなく、
やり続けることにこそ価値があるということ、
そしてそこから得られるものも大きいということを、
子供たちに伝えていけたらなと思います。






家庭教師ランキング


[PR]
# by sawayoshi45 | 2018-10-04 00:38 | 勉強のこと | Comments(0)

ドッジボールではなくキャッチボールを

ドッジボールとキャッチボール、
お互い球を投げ合うという点では同じですが、
その目的は大きく違いますね。

ドッジボールは相手にぶつけるのが目的。
一方、キャッチボールは相手の球を受け取り、
そして相手に球を受け取ってもらうのが目的です。

親子の会話で大事なのは、
もちろんドッジボールではなく、
キャッチボールであることは、
言うまでもないことですね。

でも実際のところはどうでしょう?

「早くしなさい!」
「なんで出来ないの?」
「何度言ったらわかるの?」

お子さんとの会話、
キャッチボールではなく、
お子さんにイライラをぶつけるだけの、
ドッジボールになっている方、
案外多いのではないでしょうか?

私は教える立場として、
「怒ったら負け!」と自分に言い聞かせて、
授業にあたるようにしています。

まずは子供の言い分を聞き、
今の子供の立場や気持ちを理解しようとすること。

そしてその子にとって、
今何が大切なのか、今何が必要なのか、
しっかり伝えていくことが大切だと思います。

特に思春期の子供たちは、
私たちが投げたボールを、
なかなか受け取ってはくれません。

でもそれは受け取らない子供が悪いのではなく、
私たちが子供からのボールを受け取らず、
また子供たちが受け取れるところに、
私たちがうまく投げられていないのが、
原因なのかもしれませんね。

子供からのボールをしっかり受け取り、
こちらからのボールも受け取ってもらう。

もちろん簡単なことではありませんが、
しっかりキャッチボールをする努力だけは、
怠らないようにしたいものですね。





家庭教師ランキング


[PR]
# by sawayoshi45 | 2018-09-28 00:31 | 教育のこと | Comments(0)

教わる側から教える側へ

教える側は、自分が教えたことは、
たいてい覚えているものです。

でも教わる側は、自分が教わったことは、
たいてい忘れているものです。

ここに、教える側と教わる側の、
「温度差」が生じます。

「この前教えたばかりなのになんで出来ないの?」
と、教える側がつい腹を立ててしまうのは、
この「温度差」が原因なんでしょうね。

だとすれば、効率の良い勉強方法は、
自ずとわかってきますよね。

自分が教わる側から教える側にまわること。
あるいは誰かに教えることを想定して勉強すること。
これが最も効果的な勉強法だと思います。

私が勉強に目覚めたのは中学生の頃。

たまたま友人に勉強を教えた際に、
「先生よりもわかりやすい」
と言われたことがきっかけでした。

お調子者の私は、それ以来、
「自分は教えるのがうまい」という暗示にかかり、
「自分が先生だったらどう教えようか」
と考えながら勉強に取り組むようになりました。

その暗示が正しかったかどうかはわかりませんが(笑)、
そのおかげで成績も上がり、
それまで曖昧だった自分の知識が、
どんどんクリアになっていく感覚も味わいました。

子供が勉強をやる気にならない理由。

それは子供たちが常に、
「自分は教わる側」という受け身の意識を、
強く持っているからではないかと思います。

一所懸命教えようとする親御さんは多いですが、
一所懸命教わろうとする親御さんがいたとしたら、
とても素敵な教育法だと思います。

子供は教わる側から教える側へ。
親は教える側から教わる側へ。

たまには「配置転換」して、
子供に暗示をかけてみるのも、
効果があるかもしれませんね。





家庭教師ランキング


[PR]
# by sawayoshi45 | 2018-09-22 22:58 | 教育のこと | Comments(0)

あれから2週間

あの地震と停電から約2週間が過ぎました。

これほど電気と水のありがたさを感じたのは、
おそらく生まれて初めてかも知れません。

今まで当たり前だと思っていた日常生活が、
突然壊されてしまう。
改めて自然災害の怖さを痛感した1日でした。

といっても私のほうは2日間お休みを頂いただけで、
今では当たり前のように日常を取り戻していますが、
同じ札幌市内に住む方の中にも、
いまだ避難所生活を余儀なくされている方や、
不便な生活を強いられている方もいらっしゃるようです。

私に出来ることはせいぜい節電ぐらいですが、
そういった方々が1日でも早く、
いつも通りの日常生活を取り戻せることを、
祈るばかりですね。

私の住む中央区では停電も1日で復旧しましたが、
近くのスーパーやコンビニでは、
いまだスカスカになっている棚が目立ちます。

1度空っぽになった在庫を元に戻すのって、
本当に大変なことなんだなと感じました。

そういえば学生時代、部活の顧問からよく、
「1日休んだら体力が元に戻るまで3日はかかるぞ!」
と脅されていた(?)ことを思い出します。

科学的な根拠は私にはよくわかりませんが、
何となくこれにも通じる話かなという気がします。

とくれば、勉強もまた同じですね。

「今日1日ぐらい休んでも・・・」
そういった気持ちをいかに抑えられるかが勝負です。

特に受験生は、今日1日勉強を休むことが、
自分にとってどれだけの損失になるか、
よく考えて生活をして欲しいなと思います。

といっても、地震や停電に便乗して、
ブログの更新をサボってきた私が言うのも、
あまり説得力がないかもしれませんが(笑)






家庭教師ランキング


[PR]
# by sawayoshi45 | 2018-09-19 23:20 | 世間のこと | Comments(0)

勉強の基本、教育の基本

1回やって解らなければ2回やればいい。
2回やっても解らなければ3回やればいい。
これが勉強における基本的な姿勢だと思います。

1回やってみたけどよくわからない。
→自分には勉強の才能がない。
→どうせ出来ないからやっても無駄。

そう思い込んで可能性を潰している生徒、
案外、多いのではないでしょうか。

少しわからないだけですぐに諦めるか、
出来るようになるまでやり続けるか、
勉強が出来るか出来ないかの違いは、
たったそれだけの違いなのかもしれません。

教える側にも同じことが言えますよね。

1回教えて解ってもらえなければ2回教えればいい。
2回教えても解ってもらえなければ3回教えればいい。
これが教育における基本的な姿勢だと思います。

でも1回か2回教えただけで、
子供が理解できないことに腹を立てて、
「何回教えたら解るの!」と、
声を荒げている親御さんや指導者の方、
案外、多いのではないでしょうか。

その気持ち、
もちろん私にも痛いほどよくわかります。

でも、そこを我慢できるかどうかが、
子供を勉強嫌いにさせるかさせないかの、
大きな分岐点と言えるかもしれません。

子供の成長には個人差があります。
今出来ないことであっても脳の成長に伴い、
後で出来るようになることはたくさんあります。

これはきっと皆さんも経験済みだと思います。
でも自分が大人になると、
ついこのことを忘れてしまう方が多いようです。

教育の基本は「待つこと」とよく言われます。

子供が出来るまで待ってくれる親や指導者のもとでは、
出来るまで頑張ろうとする子供もが育ちます。
逆に出来るまで待ってくれない親や指導者のもとでは、
勉強嫌いで、すぐに諦める子供が育つと言われます。

勉強でも教育でも大事なのは、
「今」出来るかどうかよりも、
「今後」出来るようになるかどうかということ。

「今後」の可能性を潰す危険を冒してまで、
「今」だけにこだわる必要性、
本当にあるんでしょうか?






家庭教師ランキング


[PR]
# by sawayoshi45 | 2018-09-05 00:13 | 教育のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強