国語は小学生のうちに

読みやすい文章、読みにくい文章、
といった違いはもちろんありますが、
国語(現代文)の解き方は、
小中高を通じて基本的には一緒です。

他の教科と違って、
学年が上がるごとに新しい単元が増え、
新たに解き方を覚えなければならない、
といったことはあまりありませんよね。

それにも関わらず、国語が苦手な生徒が、
これだけ多いのはなぜなんでしょう?

原因はいろいろあるかと思いますが、
最大の原因は、多くの生徒が、
国語の勉強に時間をかけていないこと、
ではないかと私は思っています。

国語は日本語。
日本語だから、勉強しなくても何とかなる。
そう思っている生徒が多いように感じます。

さらに中学生、高校生ともなると、
英語や数学の勉強だけで手一杯。
国語の勉強に時間をかけている余裕なんてない、
というのが正直なところではないかと思います。

私も中高生の指導は、
どうしても数学と英語が主体となってしまい、
国語は後回しになってしまうことが多いです。

とすれば、比較的時間に余裕のある小学生のうちに、
国語の解き方を覚えてしまうのが最も効率的ですね。

国語の解き方を意識しないまま、
ただ何となく、自分の感覚だけで何問解いても、
国語の力はつきません。

でも、一度解き方をマスターしてしまえば、
少なくとも現代文の関しては、
その後も国語で苦労することはありません。

あとは語彙力を身につけていくだけで、
十分に対応していけるはずです。

国語は論理力を鍛える教科。
論理力を鍛えれば、国語のみならず、
他の教科にも良い影響を及ぼします。

計算はいいけど文章題が苦手。
子供たちからよく聞く言葉ですが、
これは国語力のなさが主な原因です。

相手が何を言いたいのか理解できること。
そして自分の言いたいことを言葉で表現できること。

これは学校の勉強に限らず、
これからの長い人生を生きていくうえで、
とても大事なことですよね。

国語力は一朝一夕で身につくものではありません。

だからこそ、まだ時間に余裕のある小学生のうちに、
たくさんの文書に触れて感覚を養って欲しい。
そう思います。






家庭教師ランキング


[PR]
by sawayoshi45 | 2018-04-30 23:04 | 勉強のこと | Comments(0)


【札幌の家庭教師 学びの森】   サワダと申します。


by sawayoshi45

プロフィールを見る

札幌の家庭教師 学びの森

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

カテゴリ

家庭教師 学びの森
自己紹介
自分のこと
教育のこと
勉強のこと
人生のこと
世間のこと
家庭教師のこと
どうでもいいこと

最新のコメント

おおっ、それはおめでとう..
by sawayoshi45 at 11:16
またまたお久しぶり。 ..
by gaku at 22:42
アドバイス、ありがとう。..
by gaku at 14:15
知らん! というか、あの..
by sawayoshi45 at 14:33
お久しぶり。うちの息子が..
by gaku at 17:34
MAPさん ありが..
by sawayoshi45 at 10:48
お誕生日おめでとうござい..
by MAP at 07:39
とても魅力的な記事でした..
by 株のやり方 at 17:27
>missKaytieさ..
by sawayoshi45 at 01:16
お誕生日おめでとうござい..
by missKaytie at 17:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
受験・勉強